電気機器、照明、照明

DIYガス発生器

現代人の生活における電気の役割を過大評価することは不可能です。工業生産、現代産業、医療機器、街路および建物の照明、暖房および暖房はすべて、電流のおかげで動作します。軽微な停電は事故につながる可能性があります.

ガス発生器を使用すると、電力不足に関連する多くの問題を解決できます。発電機の工場モデルを購入するか、ユニットを自分で作ることができます.

ガス発生器は、日常生活や職場でかけがえのない助手です

予備の電力源は、カントリーハウスの住人、夏の別荘、アウトドアレクリエーション愛好家にとってかけがえのないものです。ガス発生器は、中央の停電が発生した場合に家全体に電力を供給し、ウォーターポンプ、電動工具、その他のデバイスの移動可能な電源です。.

ガス発生器は多くの点でディーゼル発電機より劣っていますが、それにもかかわらず、国内、経済、産業のニーズに大きな需要があります。ガス発生器の利点は次のとおりです。

それらの利点により、ガス発生器には幅広い用途があります。

  • 修理および建設工事;
  • 労働者のワークショップと生産店。
  • 非常用照明および信号システムのソース。
  • コンピュータ用の無停電電源装置-停電時のデータの安全性について心配する必要はありません。
  • 電源がない場合(ポンプの始動、グラインダー、ハンマードリルなどでの作業)、郊外ではかけがえのないものです。
  • より快適なアウトドアレクリエーションの手配。
  • 病院の非常用電源;
  • 停電時の民家保険.

もちろん、すべてのガス発生器が家庭の電力需要を満たすことができるわけではありません。一部のモデルはモバイルであり、通常、休日に行くときに使用されます。より強力なタイプのガス発生器は、最大1500時間連続で動作することができます.

ガソリン発電機の範囲には、エネルギーの蓄え、電力、サイズ、悪天候に対する耐性が異なる数十のモデルが含まれています。選択するときは、ガソリンスタンドの必要な電力をメーカーが宣言した特性と比較することが重要です。.

ガス発生器に必要な電力は、主要な電力消費者の総電力に1.5の係数を掛けたものです。

工場ユニットの購入が計画に含まれておらず、今日別の電源が必要な場合は、自分の手でガス発生器を実験して作ることができます。まず、デバイスを理解し、このタイプの発電機の動作原理を理解する必要があります。.

ガス発生器の装置と動作原理

ポータブル発電ユニットの動作は、ガソリンエンジンの動作に基づいています。発電機の設計は非常に単純で、3つの主要な要素が含まれています。

要素は相互接続され、単一のサポートにインストールされます。さらに、ガス発生器には追加のアクセサリが装備されています。

  • 燃料タンク;
  • バッテリー;
  • 手動スターター;
  • エア・フィルター;
  • マフラー.

自律的な電力源は、次の原則に従って機能します。エネルギーは破壊または生成することはできず、変換することしかできません。.

ガス発生器の段階:

自家製ガス発生器:賛否両論

嫌悪感とお金を節約したいという願望は、「職人」にガス発生器の独自のコピーを組み立てさせる。経済的な観点からそれはどれほど実現可能であり、そのようなデバイスは耐久性がありますか?この問題については意見が分かれています。.

自家製ガス発生器:写真

一部のマスターは、適切に組み立てられたガソリン発電機が信頼性が高く、工場で組み立てられたアナログと同じくらい長持ちすることを保証します。追加の利点として、彼らは強調します:

  • ガス発生器のパラメータをニーズに合わせて「調整」する機能。
  • お金の節約-新しい低電力ユニット(0.75-1 kW)を購入すると、9000〜12000ルーブルの費用がかかります。
  • あなた自身のプロジェクトを実行する喜び.

工場の支持者は、自家製のガス発生器に懐疑的であり、その欠点に焦点を当てています。

自分の手でガス発生器を作る

創造的な融合が消えず、自家製の助手を獲得したいという願望がまだ強いのであれば、私たちは行動し、大胆な実験を続けなければなりません。自分の手でガス発生器を作るには?それを理解してみましょう.

ガス発生器のコンポーネントの選択

したがって、ガス発生器を作成するには、ガソリンエンジン、オルタネーター、および電圧を変換するインバーターを入手する必要があります。.

ほとんどの場合、芝刈り機、チェーンソー、オートバイ、車のエンジンを使用して自家製のデバイスを作成します。.

発電機の選択は事実上無制限ですが、おそらく、最良の選択肢は、24Vと12Vを生成する自動車の発電機です。電圧レギュレーターはすでに自動車の発電機に組み込まれています。.

重要!低出力のエンジンは、車の強力なエンジンで動作するように設計された車の発電機と一致しない場合があります。電磁励起された発電機は、小さなモーターで動作すると、低rpmで全電流を生成します。このような速度のエンジンは、十分なパワーを「獲得」せず、ストールします。この問題は解決できます-励起コイルのバランスをとることによって反動電流を減らす必要があります.

一部のマスターは、オフィス機器にある電圧変換器として無停電電源装置を使用しています。コンピュータからのシステムユニットが行います.

リストされた要素に加えて、次のものが必要になります。

ガス発生器の組み立て

ガス発生器のコンポーネントは、タイヤのいくつかの場所に取り付ける必要があります。エンジンと発電機は運転中に大きく振動する可能性があるため、マウントは非常に強力である必要があります。排気ガスの拡散を抑えるマフラーを設置することで、ガス発生器の騒音レベルを下げることができます。.

ガソリンカッターのエンジンを使用する場合は、設置全体をデバイスの前面カバーに組み立てることができます。デバイスとして、合板のケースを作成し、ガス発生器の保守と修理のための取り外し可能な壁を提供することができます.

ガス発生器の操作のヒント

デバイスを適切に操作することで、ガス発生器のライフサイクルを延ばし、故障の可能性を最小限に抑えることができます。単純なルールに従うだけで十分です。

  • ガス発生器をオンにする前に、機械的損傷と気密性をチェックする必要があります。
  • デバイスの部品はしっかりと固定する必要があります。ナットを最後まで締めないと、操作中に緊急事態が発生する可能性があります。
  • ガス発生器のオイルレベルを制御する必要があります。
  • ユニットに低品質の燃料を補給しないでください。エンジンは非常に敏感で、オクタン価の低いガソリンに悪影響を与える可能性があります。
  • エンジンエアフィルターをタイムリーに清掃します。
  • ガス発生器に80%以下の電力を負荷することをお勧めします。
  • 起動後2〜3分でデバイスやホームネットワークを電源に接続する必要があります.

ガソリン発電機は、信頼性の高いバックアップまたは主電源になることができ、幅広い範囲で、自分のニーズに基づいてモデルを選択できます。日本とヨーロッパのメーカー(ヤマハ、ホンダ、SDMO、フバッグ、ヒューター)の製品は、国内市場で高い評価を得ています。ただし、このようなガス発生器のコストは、他社の同様のパラメータを持つモデルよりも桁違いに高くなります。.

家庭用の小型発電機を自分で作ることができます。これは、すべてのコンポーネントが利用可能な場合に推奨されます。そうでない場合、独立したユニットは、工場のガス発生器よりもコストがかかります。.