家の建設

寄棟屋根:設置手順

寄棟屋根を配置することは、材料の量が少なく、性能が良いという明らかな利点がありますが、同時に、寄棟屋根の設置はかなり複雑なプロセスであり、自分で対処することはほとんど不可能です。寄棟屋根を作る特徴についてさらに話しましょう。.

目次:

寄棟屋根の特徴と利点

寄棟屋根を自作するためには、少なくともそれを計算するための基本的なスキルが必要です。.

寄棟屋根の主要コンポーネントの中で、次の点を強調します。

  • コーナー垂木;
  • 短い垂木;
  • 尾根型バー;
  • 中央垂木;
  • 中間型垂木.

このタイプの屋根の主な利点の中で、その優れた空力抵抗に注目します。そのおかげで、最も強い風にも簡単に耐えることができます。したがって、この地域でハリケーンが予想される場合は、寄棟屋根を装備するのが最善の選択肢です。.

主な欠点は、計算の厳しさと一般的な構造の構築です。また、屋根裏スペースが狭く、使用可能量も少ない。寄棟屋根の古典的な理解は、4つの斜面と1つの基部で構成されるピラミッドとの類似性によるものです。家の斜面をサポートするオプション、またはその限界を超える斜面をサポートするオプションが可能です.

寄棟屋根を配置するスキームを考えると、それは特定の単純さによって区別され、さまざまな方法がそれを計算するために使用されます。寄棟屋根を正しく設計するために、ピタゴラステーブルが最も頻繁に使用され、台形と三角形の構造の計算が最大の精度で実行されます。.

また、スロープやヒップセクションの計算にもそれほど時間はかかりませんが、頭上または通常の目的で垂木の寸法を正確に決定するには、多くの作業が必要です。.

簡単な建設計画には、計算、フレームの組み立て、屋根の固定が含まれます.

自宅で寄棟屋根を建設するための推奨事項

1.尾根システムは同じ種類の木材でできている必要があります.

2.中間ボードは大きな傾斜で設置されるため、十分な強度が必要です。材料の最適なサイズは5x15cmです。.

3.短い要素を固定するために、リッジボードは必要ありません。それらはコーナーセクションに固定されます。.

4.中央の中間のキャラクターの垂木が尾根板に取り付けられています.

設計作業をはるかに簡単にするには、屋根の設計上の特徴と、その各要素の主な目的を注意深く検討する必要があります。

  • 尾根は、構造の中心部分である支持軸として機能します。
  • パワーエレメントの形で、ニップルを装備することをお勧めします。ニップルの一部は尾根に固定され、もう一方は屋根を越えています。
  • 中央垂木の固定は、尾根の端部と壁の外側の出力で行われます。
  • 中間タイプの垂木は尾根と斜面に固定されます.

測定と設計を可能な限り正確にするために、レベルではなく物差しを使用することをお勧めします。合板ストリップまたは細い厚板がその製造に適しています。.

針葉樹から材料を選択することをお勧めします。これは、この木材が外部の刺激に最も耐性があるためです。さらに、木材は高品質の加工と乾燥を経る必要があります。リッジバーとすべての垂木の厚さは同じでなければなりません。すべての測定は、垂木の下部リブ部分に関連して行われます。.

作業が完了すると、屋根に木枠が作られ、そのサイズと構成はコーティングの種類によって異なります。その後、次のような作業が行われます。

  • 防湿層の設置-フィルムを固定するために建設用ステープラーが使用され、ドッキングを改善するために、継ぎ目の表面にシーリング特性のあるテープが貼られています。
  • 断熱材の層は垂木の近くに下から始めて置かれます。防水と断熱材の層の間の間隔は少なくとも20mmでなければならないことに注意してください。したがって、換気スペースを編成することが可能になります。
  • 防水を敷設するためのさらなる作業が行われます。
  • コントロール旋盤は、外側のカバーが取り付けられている場所です.

寄棟屋根プロジェクトの作成

寄棟屋根タイプの最も重要な特徴は、厳密な対称性です。したがって、それを配置するときは、非常に厳密な計算を実行する必要があります。全体の難しさは垂木システムの設計にあります.

寄棟屋根の配置は、正方形または正多角形の形状を形成する建物に配置されている場合にのみ可能です。最初のケースでは、屋根は4つの二等辺三角形構造で構成されます。そのような屋根を計算するには、傾斜の面積を決定し、この値に4を掛ける計算を実行するだけで十分です。面積を決定するには、底辺を2で割った値に、三角形構造の高さを掛けます。さらに、得られた値は、側面が等しい台形の形をした軒のセクションの面積と合計されます.

次のステップでは、外壁の壁に対する屋根の面積を計算します。寄棟屋根には30度または40度の傾斜が装備されていることに注意してください。この値は、尾根ゾーンを計算するときに考慮されます。.

尾根の高さは、メインの屋根セクションの長さの半分に屋根の勾配の接線と正弦を掛けて計算されます。インターネットを使用して、最後の2つの値を決定します。尾根の高さが見つかると、屋根の三角形の部分の高さが決定され、それに基づいてその側面が計算されます。.

ひさしの張り出しのパラメータを計算するには、構造的特徴から進める必要があります。張り出しの最小値は30センチメートルです。.

この手順が複雑すぎる場合は、専門家に連絡することをお勧めします。計算が正しくないと、屋根の品質とパフォーマンスに大きな影響を与えるからです。.

寄棟屋根の特徴とデザイン

寄棟屋根にトラスシステムを配置するには、次の2つのオプションがあります。

  • ぶら下がっています。
  • レイヤード.

最初のオプションは、サポートを提供する可能性がない場合に、スパンが大きい屋根に適しています。したがって、ラフターは壁だけに載り、水平方向の破裂圧力を生み出します。それを減らすには、木製またはスチールのタイを取り付ける必要があります。上部では、垂木は互いに接続されている必要があり、下部では壁に載っています。このタイプのシステムは非常に複雑で、ほとんど使用されません。.

2番目のオプションはより単純で一般的ですが、その配置には、荷重のどの部分がかかるかという内部耐力壁が必要になります。この屋根には、垂木脚と尾根の形でいくつかの支持点がありますが、壁への圧力は実際には感じられません.

支持部の間隔は400〜500cmです。この値を大きくする場合は、支柱の形で支持機構を装備することをお勧めします。このタイプの垂木システムは、材料の消費が少なくて済み、軽量で設計が簡単です。.

寄棟屋根を製造するための垂木システムは、次のもので構成されています。

  • 角度のある配置の斜めの梁。
  • mauerlats-垂木システムの下部をサポートするように設計された梁。
  • 脚の垂木-垂木に取り付けられている部品。
  • struts-前の部分のサポート。
  • 桁、クロスバー、ラス、構造全体の追加の剛性を提供します.

寄棟屋根の写真と作業の準備段階

家の寄棟屋根は、天井が現れる前に装備する必要があります。寄棟屋根を配置する準備段階には、家の構造の周囲にバーを配置することが含まれます。鋼または木製の梁が木材として使用され、構造全体に重量を均等に分散させるのに役立ちます.

それらを固定するために、特別な種類のピンが使用されます。次に、いくつかのアクションを実行する必要があります。

  • ハーネス全体の周囲に沿って軸をマークします。
  • 棟梁の厚さの半分を計算し、最初の垂木要素を設置する領域に印を付けます。
  • マークされた線の一方の端で測定を行うためのレールを取り付け、垂木が配置される場所にマークを付けます。
  • 垂木の張り出しを計算するには、木材の一部を屋根に取り付け、もう1つを壁の外側の角に取り付けます。
  • 各屋根部分の位置を明確に決定するために、壁の表面でレールを徐々に動かし、各要素の設置位置をマークする必要があります。
  • 他の三角形で上記のすべての操作を繰り返します.

DIY寄棟屋根:設置機能

寄棟屋根を独自に構築するには、次のものが必要です。

  • 電気のこぎり;
  • グラインダーまたはジグソー;
  • 斧;
  • 電気プレーナー;
  • 釘でハンマー;
  • セルフタッピングネジ付きダボ;
  • 梁と厚板、できれば同じ樹種のもの。
  • 金属棒が使用される製造のための、少なくとも0.8cmの厚さの金属ステープル。
  • 屋根仕上げ材.

設置作業の開始時に、屋根の主要な節点要素が組み立てられます。これには、特定のセクションのログ、ビーム、およびボードの存在が必要になります。組み立て手順は、事前に準備されたテンプレートに従って実行されます.

材料の厚さは、まず、垂木の長さ、部品のピッチ、屋根の傾斜角度、および総荷重の影響を受けます。すべての要素の最初の組み立ては地上で行われます.

木造住宅に寄棟屋根を設置する場合は、バーの上部クラウンに設置します。.

屋根の主要部分の配置から作業を開始する必要があります。壁の表面には、マウアーラットとベッドが置かれています。このプロセスを実行する前に、予備的な防水処理を行い、壁に耐湿性の高い材料(ラップなど)を取り付ける必要があることに注意してください。.

次に、2本の垂木が互いに反対の角度で持ち上げられます。それらの接続は尾根領域で行われます。 Mauerlatの弱体化を避けるために、その表面に切り込みや丸太を作らないでください。以前に梁の下で切り取ったボードを使用することが望ましいです。.

次に、他の角にある2つの垂木を持ち上げ、尾根領域にも固定します。ノッチを取り付け、パフでシステムを固定します。自分の手で寄棟屋根を構築することは、ランがないことを意味するため、斜めの垂木の接続は尾根で直接行われます。.

構造に追加の剛性を提供するために、尾根を支えるセンターポストを設置することをお勧めします。.

最終段階では、ラック、支柱、手錠を取り付けます。垂木システムの脚に追加の剛性を提供するには、支柱の形の部品をその表面の下に配置する必要があります。.

すべての作業を正しく実行するための主な条件は、垂木を直角に設置することです。.

建物の壁を高湿度から確実に保護するために、垂木の張り出した部分を壁の間に450mm間隔で設置することをお勧めします。突き出ていない垂木を設置する場合は、ボードの部品を使用してさらに長くする必要があります.

垂木は必ず壁に固定されています。家が石やレンガの材料でできている場合は、クランプの形で垂木に固定され、壁にピンを使用して固定されている特別な5ミリメートルのワイヤーを使用するだけで十分です.

垂木を木製の壁に固定するには、金属製のブラケットを使用するだけで十分です。次の段階は、旋盤の設置、高品質の防風、蒸気および防水作業の提供です.

屋根の配置のすべての技術的側面を正しく計算して遵守することによってのみ、それは所有者に長期間かつ効率的に役立ち、環境への悪影響から建物全体を確実に保護することに注意してください.

寄棟屋根を強化するための手順とその実装技術

寄棟屋根の構造全体の剛性と信頼性を向上させるために、垂木システムには追加の補強が必要です。このプロセスを実行するための技術についてさらに説明します。

1.ストレンゲルの設置により、コーナーセクションの強化の信頼性が確保されます。この要素は、マウアーラットの近くに設置され、角度の形成に寄与するバーの形をしています。ステンゲルに加えて、トラスの形で要素をインストールすることをお勧めします.

2.床と木材を接続するには、ラックの形で要素を使用します。それらは、負荷全体の均等な分散に責任があります。.

3.斜め垂木の長さが長すぎる場合は、通常の木材の代わりにダブルビームを設置することをお勧めします.

4.木枠を作るには、断面が4x4cmの木の板または棒を使用します.

5.木質材料を使用する前に、特殊な撥湿性および防腐性の組成物を使用してそれらを処理することをお勧めします。.

6.湿度の高い材料は乾燥すると屋根が変形するため、使用しないでください。.

7.バテンの取り付けは、垂木の脚に対して垂直に行われます。.