家の建設

自分の手で型枠にコンクリートを注ぐ

完成したコンクリートまたは鉄筋コンクリート構造の品質は、主にそれらの製造技術に依存します。重要な製造プロセスの1つは、型枠にコンクリートを注入することです。コンクリート型枠を注入するためのルールの特徴と微妙さについてさらに説明します.

コンテンツ:

型枠にコンクリートを注ぐ:型枠の種類

型枠は、さまざまな組成の材料が使用される製造のためのパネル構造です。その唯一の要件は、その高い強度と高い動作負荷に耐える能力に表れています。鉄筋は型枠の内側に取​​り付けられ、コンクリート要素に追加の強度を提供します。.

型枠は、補強材が配置され、その後コンクリートが注がれる特殊な型枠です。高品質の型枠は、以下に説明する特定の基準に従って製造する必要があります。

  • 型枠の形状、高さ、長さは、図面で事前に設計する必要があります。
  • コンクリート溶液で型枠の注入を開始する前に、強度と剛性を確認してください。コンクリート溶液は型枠の壁に高圧をかけ、型枠の強度を低下させるためです。
  • 型枠にコンクリート組成物を充填する過程で、そのシールドは変形してはなりません。
  • 型枠の内部は滑らかで均一な表面でなければなりません.

型枠システムは取り外し可能または取り外し不可能です。ほとんどの場合、家の私的構造を実行するとき、溝の土壁または木製の盾が型枠支持壁として使用されます。.

コンクリート用の取り外し可能な型枠は再利用可能です。型枠の製造には、木材、金属、プラスチックの形でさまざまな材料が使用されます。折りたたみ式型枠の金属タイプは、優れた性能特性によって区別されます。これらの設計は、迅速な設置の可能性、優れた固定システム、および作業面の補強の存在によって区別されます。これらの型枠は、鉄筋コンクリート製のフレームベースを備えた住宅の製造プロセスで使用されます。固定型枠は、熱建物の建設での使用に関連しています。このような型枠は、発泡スチロールをベースにした構造を持ち、内部にリブがあり、剛性が増しています。.

型枠要素のそれぞれには、型枠が組み立てられた後の高品質の接続を保証する突起と穴を備えた特定のシステムがあります。型枠の設置後、コンクリートソリューションがその中に配置されます.

型枠にコンクリートを注入する技術

コンクリートを始める前に、外気温、湿度、土壌の質、水分レベルなどの気候要因を考慮する必要があります。これらの指標に関連して、コンクリートのブランドと品質に関連して個別に選択されます.

現場の土壌の特徴によって、型枠の種類、製造材料も決まります。コンクリート構造物の品質を高めるために、型枠の内側に鉄筋が配置され、その量はコンクリートベースの荷重によって決定されます.

既製のコンクリートを購入するか、コンクリートミキサーで単独で製造するかを選択できます。ソリューションの品質を節約することは現実的ではないことに注意してください。全体の構造が将来的に苦しむので。高品質のコンクリートのみを購入してください。自分の手で具体的な解決策を作るには、コンクリートミキサーを使用します.

自分の手で具体的なソリューションを構築する過程で、次のヒントを聞いてください。

  • 特定のブランドのソリューションのレシピに示されている比率に厳密に準拠して、すべてのコンポーネントを組み合わせます。
  • 具体的な溶液を準備するための清潔な道具のみを使用してください。
  • すべてのコンポーネントを相互に完全に接続します.

購入したコンクリートモルタルの最小ブランドは300ですが、もちろん400の方が良いです。信頼できるサプライヤーからのみ商品を購入してください。.

コンクリートは、以下を使用して型枠に注がれます。

  • シャベル;
  • 計測器;
  • ハンマー;
  • 大型ハンマー、大槌;
  • コンクリートを混合するための装置;
  • 振動機.

作業の初期段階で、型枠が設置されます。構造物はその目的に応じて設置され、前述のように、取り外し可能または取り外し不可能なタイプにすることができます。シールドの位置を調整するには、小道具を使用する必要があります。型枠の内側に補強材が取り付けられています。型枠に組成物を均一に充填するために、コードを上部に固定し、それに応じて注入を行います。コードが平らで水平になっていることを確認します.

型枠を作成し、均一性を確認した後、具体的な溶液を充填する必要があります。既製のコンポジションを使用する場合は、型枠の周囲を1回埋めるだけで十分です。.

組成物が現場で作られる場合、プロセスは徐々に続きます。新たに調製したコンクリート溶液を型枠の内側に部分的に注ぎ、バイブレーターで圧縮します.

注ぐ層の間隔が1日を超える場合は、前の層が完全に乾燥した後にのみ作業が実行されます。.

恒久的な型枠用のコンクリートの注入:方法と推奨事項

型枠にコンクリートを注ぐ最も簡単で最も一般的な方法は、ミキシングトレイからコンクリートを注ぐことです。ただし、この方法が常に成功するとは限りません。具体的な溶液を使用する機械は、注ぐ場所に直接運転する必要があるため、常に可能であるとは限りません。場合によっては、ミキサートレイの長さが木製または鋼の側溝によって長くなります.

手作業でコンクリートを流し込み、バケツなどの容器を使って現場に運びます。より良く、より速く作業するために、コンクリートは何人かの人々によって現場に供給されるべきです.

コンクリートミキサーから型枠にコンクリートを注入するのは素早く簡単です。ユニットは注入ポイントの近くに取り付けられています。注湯を行うために、コンクリート溶液が型枠に直接入る装置が使用されます。型枠内にモルタルを均等に分散させるには、シャベルまたはルールを使用します.

高品質の構造を得るには、バイブレーターでコンクリートを圧縮します。コンクリートに深いバイブレーターを使用することで、鉄筋へのコンクリートの高品質な接着が保証されます。この装置は、コンクリート組成物の高度な締固めを確保しながら、100cmの深さまで沈めることができます。.

層ごとの注入を実行する場合、各層は前の層とは別に圧縮されます。建設現場に深いバイブレーターがない場合は、鉄筋を使用してコンクリート組成物を圧縮します。それらは、溶液から余分な空気を取り除きながら、溶液内に30〜50cm設置されます。.

また、型枠をハンマーで叩くことにより、バイブレーターを使用せずにコンクリート組成物を圧縮することも可能です。型枠の損傷を避けるために細心の注意を払って作業してください.

コンクリートを流し込んだ後、型枠を取り外す時間は個別に決定されます。型枠設置の最終段階は、コンクリート構造物の乾燥です。作業の最終結果は、その実装のテクノロジーに直接依存します。.

コンクリート構造物を乾燥させる過程で、水とポリエチレンフィルムが必要になります。このフィルムは、紫外線に直接さらされることから構造を保護します。水はコンクリートの急速な乾燥を防ぎます.

コンクリートの湿潤は、型枠に配置された瞬間から5時間後に始まります。晩秋または冬に作業を行う場合は、耐霜性添加剤を使用した特殊バージョンのコンクリートを使用して作業します。さらに、ヒートガンと電気暖房を使用する必要があります。.

コンクリート注入時の床型枠の崩壊

スラブ型枠は、設置時に特別な注意が必要です。天井は、ボイドのある補強コンクリートスラブを使用して設置されています。スラブ型枠の設置中は、特定の安全規則を順守する必要があります。

型枠のコンクリート注入高さは個別に決定され、コードによって制限されます。スラブ型枠の主な機能は、硬化する前に表面にコンクリートを提供することです。.

コンクリートを流し込んだ後、型枠をいつ取り外すかという質問に対する答えは明白です。コンクリートの組成が完全に固まった後です。型枠の設置には多くの物理的および時間的労力が必要ですが、それなしではモノリシックで高品質の鉄筋コンクリート構造を実現することは不可能です。.

型枠を自己設置する前に、型枠の位置を慎重に検討し、サイズと形状を設計してください。床下型枠の製造には、以下が必要です。

  • 木の梁;
  • エッジボード;
  • 耐湿性のある合板。
  • ブレースを形成するためのボード;
  • ファスナー;
  • 型枠の均一性を決定するための装置。
  • 鉄筋.

型枠の設置には、高品質の材木が十分にあることに注意してください。ラックとして機能するバーの断面は13×13または15x15cmである必要があります。使用する合板の最小厚さは2mmです。.

必要な材料をすべて準備したら、ベースへの負荷を軽減するラックの数を決定します。計算を実行するには、特別なプログラムまたは以下の推奨事項を使用してください。

  • 床の厚さが最大20センチメートルの場合、支柱の間隔は200センチメートルになります。
  • このインジケーターの増加に伴い、ラック間の間隔が増加します.

最初に、最初の縦型枠列の設置が実行されます。コンクリートからの荷重が支柱にかかるように梁を取り付けます。壁に縦棒を取り付けます。ベースの剛性に注意してください。このため、ボードのベースの下に置きます。型枠の2列目は、前の列と同じ方法で形成されます。.

その後、ビームを取り付けます。取り付けステップは60 cmです。ラックは、下げ振りを使用して設定します。型枠の設置後、木材の水平設置がチェックされます。必要に応じて、サポートタイプのラックの位置合わせ.

次に、ブレースを取り付け、その助けを借りて、ラックを相互に接続します。したがって、型枠サポートフレームはすでに形成されています。次に、床の強度と剛性について型枠を確認する必要があります。底部、ラック、すべての部品の相互接続の検査も行われます。.

型枠にコンクリート溶液が流出する可能性のある隙間がある場合は、それらを取り除く必要があります。それらを密封するためにストリップまたはボードを使用してください。床を霜から守るために、周囲に発泡スチロールのレンガを設置してください。また、型枠内部には補強材のフレームが設置されています。その後、充填が行われます.

コンクリート溶液を床型枠に1層で流し込み、バイブレーターで打ち込みます。コンクリートスラブが乾燥した後、型枠は解体されます。すべての作業は徐々に行われます。まず、壁と接触している型枠の部分を削除する必要があります。完成した構造は壁にかかっているので。次に、型枠の残り全体が解体されます。.

最終的にコンクリートが成形された後にのみ型枠を取り外す必要があります。型枠を取り外すときに、コンクリートが収縮したり形状が変化したりすると、床が完全に乾くまでこのプロセスが停止します。型枠を分解する手順は、組み立てる手順と同じです。最初に、すべての留め具は釘、ナット、ネジの形で取り外されます。さらに、型枠のすべての木製部分は、コンクリート組成物から分離されています。床の建設中の型枠の二次使用の変形が可能です。型枠の細部はすべて、余分なコンクリートが完全に除去されています。さらに、構造はよく乾きます.

型枠にコンクリートを注入する場合、価格は作業の量と複雑さによって決定され、個別に計算されます.