家の建設

ワークベンチの作り方

熟練した職人は、職場をできるだけ快適に整え、人間工学的に現代語を使用することを長い間求めてきました。これは、迅速で効率的な作業だけでなく、安全性の鍵と考えられていました。この点で、修理と手作業による生産を目的とした敷地は、あらゆる種類のテーブル、棚、箱で埋め尽くされており、その製造の元の材料は木材でした。時が経つにつれて、安くなっている金属は徐々に建設分野の木材に取って代わり、特に建設ワークショップに関連する機械工具、金属製家具、およびさまざまな補助装置の製造に使用されるようになりました。店舗で提供される商品は、特定の特性を満たさないことが多く、産業機器と同等の場合もあるため、この記事では、簡単なヒントを共有し、自分の手で木製のワークベンチを作成する方法を説明します。.

ワークベンチの主な目的と典型的な特徴

設計上の特徴に関係なく、ワークベンチは作業台であり、必然的に巨大な寸法と安定性を特徴とし、さまざまな寸法の構造や製品を処理するために設計されています。大工仕事のベンチを設計するときは、加工製品の寸法が作業台の寸法に直接依存することを覚えておくことが重要ですが、製品の加工は手作業と電動工具(ドリルと電動プレーナー)の両方を使用して行われます。標準の建具ワークベンチの一般的なレイアウトは、次の要素で構成されています。

  • 厚さが60mm以上のソリッドボードを使用する製造用の作業面。カバーの製造については、専門家は、材料の耐摩耗性が高いため、ワークベンチの作業面を定期的に変更する必要がない、オークやブナなどの広葉樹を優先することをお勧めします。.
  • ワークピースを固定するために設計されたバイス。カバーの前面に取り付けられています。巨大なワークベンチは、小さな部品と大きな部品を固定するために別々に設計されたいくつかのバイスの設置を提供します。大きな万力は木でできていますが、小さな万力を選ぶときは、金属構造を優先する方が良いです.
  • ベンチサポートは、縦方向のストリップで接続されている構造全体の安定性を高めるように設計されています。それらの製造には、針葉樹、リンデン、または松を使用することをお勧めします。.
  • ワークベンチの下のスペースのサポートに、ツールやその他の作業用アクセサリ用に設計された引き出しを取り付けることができます.

ジョイナーのワークベンチ:デザインの種類

ワークベンチプロジェクトを開発するときは、ワークショップに恒久的に設置するか、モバイル構造で表現するかにかかわらず、その設計機能を考慮することが重要です。モバイルデザインを選択した場合、最善の解決策は、使用する材料を使用して軽量化することです。これは、より薄い厚さである必要があります。可動式ワークベンチには、折りたたみ式の卓上と折りたたみ式の脚を後付けすることもできます。リストされている機能により、3種類のワークベンチがあります。

  • マイナーな修理作業と木製ブランクの取り扱い用に設計されたモバイルワークベンチ。
  • 無垢材と重い厚板を処理するために使用される固定ワークベンチ。製造は簡単ですが、1か所に「結び付け」られています。
  • 折りたたみ式または「コンバーチブルワークベンチ」は、折りたたみ式の設計に便利です。これにより、個々の部品を交換するプロセスが容易になり、構造全体の可動性も向上します。専用ガイドで格納式ワークベンチの作り方を知ることができます。.

ジョイナーまたは錠前屋のワークベンチ:違い

上記の分類に加えて、ワークベンチは目的が異なります。大工仕事と金属細工の作業台があります。錠前屋の作業台の作成には多くの困難が伴うため、このガイドでは、自分の手で大工の作業台を作成する方法を説明します。.

ワークベンチの寸法と位置

ワークベンチを作成するプロセスでは、適切な場所を選択することが重要です。自然光源がある場合は、その近くに配置する必要があります。ローカル光源も便利です。コンセントも忘れてはなりません。コンセントもワークベンチの近くにあるはずです。作業エリアにあるすべてのワイヤーは、波形のパイプまたはボックスで囲まれていることが望ましい.

ワークベンチの建設を進める前に、専門家はその最終的な高さを決定することをお勧めします。これを行うには、手を下に下げてから、手のひらを床と平行に置きます。床と手のひらの間の距離はデスクトップの高さであり、これはあなたにとって最も便利です。自家製の作業台は単一の作業場用に設計されていることが多いため、テーブルの長さは1.5 m、幅は0.8mです。.

ワークベンチビデオの作り方

ガレージでワークベンチを作る方法:材料の選択

ワークベンチを製造するための材料の選択は、すべての作業において重要な段階であり、構築される構造の最終的な強度と安定性を決定します。大工の作業台を作る前に、その製造に必要な材料の合理的な選択について話しましょう。専門家によると、ワークベンチの建設に最適な材料は、フレームフレームと脚の製造に適した鉋棒です。.

理想的な計画された木材の寸法:

  • 脚用-100x70mm;
  • ジャンパー用-100x50mm;

カウンタートップには、厚さ5 cmのボード、またはラミネート加工された表面を特徴とする古い木製のドアやチップボードなどの無垢のシートを選択することをお勧めします。オーク、カエデ、ブナなどの広葉樹種を優先する方がよいことを知っておくことが重要です。.

ワークベンチテーブルの作り方は?シーケンス

ワークベンチの作成にはいくつかの段階があり、その基本は次のとおりです。

  • ベースの組み立て;
  • カウンタートップの設置;
  • ワークベンチへの機器の設置.

ベースの組み立て

ワークベンチの構造要素としてのベースは木製のフレームであり、構造が剛性と安定性のすべての要件を満たすように固定されています。これらの目的のために、ワークベンチの脚の間に水平に配置されたまぐさの設置を提供する必要があり、中央に、構造の全長に沿って、引き出し側を設置することが重要です。まぐさとツァルガはどちらも床から40〜50cmの距離に固定されています。その後、構造を強化するだけでなく、便利な工具用の棚やボックスを設置するためにも使用できます。ベースを構築するとき、梁はとげ溝接続によって固定され、これが不可能な場所では、セルフタッピングネジが使用されます。既存の図面に従って、最初に溝とスパイクを準備し、次に梁の接合部を木製の接着剤で接着することが好ましい。.

固定式の作業台を構築する場合は、フレームの1つまたは複数の部分を壁に取り付けることができます。これにより、最終的な構造がさらに強化されます。.

卓上製造および設置

  • カウンタートップを作る段階を考えると、ベースより少し大きくする必要があることを忘れてはなりません。前に準備された厚い板から、前に示された寸法の巨大なシールドが打ち込まれ、固定するために、長い釘が使用され、板の内側から打ち込まれます。使用されるボードは、破片が既存の亀裂に入るのを防ぐために、互いに事前に取り付けられています。カウンタートップの設置については、プレスチップを使用した材料の使用は、その安定性の要件を満たしていないため、除外されています。いくつかの横棒がテーブルトップに釘付けされており、そのためにベースに溝を設ける必要があります。水平方向のスラットは、引き出しをスライドさせるために必要なセルフタッピングネジを使用してこれらのジャンパーに取り付けられています。.

  • テーブルトップはベースにボルトで固定されています。これを行うには、ノミを使用してベースバーの上部にくぼみを作り、ボルト用の穴を卓上に開けます。その頭は、卓上に対応する直径のくぼみを開けることによって蓋にくぼみます。 。その後の作業でチップが落下して怪我をしないように、卓上は数回研磨され、亜麻仁油で覆われています。.

機器の設置

  • 取り付けられたテーブルトップには万力が取り付けられており、テーブルトップの端にくぼみを設ける必要があります。万力を設置する場所には、テーブルトップの下側から合板を取り付けます。バイスを取り付けるときは、最初に取り付け、取り付け場所をマークしてから、ナットとボルトで固定します。万力が端にあるべきではないことを覚えておいてください。そうすると、作業中に重力がシフトします。.

  • 副に加えて、ワークベンチの古典的な機器は、木製のクランプ、高出力の固定ドリル、特定のタイプの旋削機器、フライス盤です。夏のコテージでは、グラインダーとサーキュラーを設置すると便利です。作業台に機器を設置する際には、利便性と安全性の詳細を十分に検討し、すべての留め具の強度を確認することが重要です。機器が電気ネットワークで動作する場合は、同時に接続されている機器の電力を正しく計算すること、および接続自体を正しく行うことが重要です。.

用途の広いワークベンチを設計および構築する方法?

この記事では、錠前屋のワークベンチを作成するプロセスについて詳しく説明していません。また、このプロセスの複雑さを考慮して鉄製のワークベンチを作成する方法についても説明していませんが、鍵屋と大工仕事のベンチの組み合わせ。これは、カントリーハウスや区画の状態で特に重要です。.

このために、指示に記載されているのと同じワークベンチが作成されますが、作業面の面積はわずかに増加します。これには、追加のフレーム要素を使用してベースを強化する必要がある場合もあります。テーブルトップを取り付けるときは、半分を薄いステンレス鋼のシートで覆い、セルフタッピングネジで固定します。理想的には、テーブルトップの上部だけでなく、その端の要素もカバーします.