家の建設

パネルからコテージを建てる方法

郊外の住宅建設にかかる時間とお金をできるだけ節約したいという願望は、建設技術がますます検討されているという事実につながり、それによって構造のほとんどの構造部品の製造を工場の状態に移すことが可能になります。次に、建築現場で直接、コンストラクターとして要素を組み立てるだけで済みます。そのような技術の顕著な代表はパネル構造です。パネルコテージは、一年中いつでもすばやく簡単に建てられ、いわゆる「ウェット」プロセスが最小限に抑えられます。現在、最も人気のあるのは、3層構造のSIP(SIP)パネルで、その中央に断熱材があります。鉄筋コンクリートパネルは、主にソビエトパネルの高層ビル(鈍い単調な箱)の否定的な経験のために、低層建築ではあまり人気のない解決策です。関心の高まりにより、コテージの建設にパネルを使用する方法に関する情報を探すようになりました。.

パネルからのコテージの建設

パネル構造は、壁、床、または床構造がプレハブパネルから製造されることを前提としています。標準サイズまたは特定のプロジェクト用に作成されたパネルは、建設現場に運ばれ、そこでコンストラクターとして組み立てられます。これにより、作業自体に2か月もかからないため、コストが大幅に削減され、建設会社の作業が簡素化されます。その後、木の収縮やコンクリートの硬化を待たずに、家を完成させてすぐに家に移すことができます。.

パネル建設技術自体には1つの重大な欠点があります。パネルの接合部は「熱橋」であるだけでなく、建物の構造全体で最も信頼性が低くなります。機械的応力による破壊は、パネルの接合部で正確に発生します。防水層が破壊され、内部に結露が蓄積すると、水が接合部を透過する可能性があります。最高品質で接合部をシールすることを可能にする豊富な最新の材料にもかかわらず、それでも、接合部の問題は完全には解決されておらず、材料の貯蔵寿命がすぐに切れるため、時間の経過とともに再び現れます.

CIPパネルコテージ

SIPパネルからのコテージ

広告主と建設組織の保証は、SIPパネルで作られたコテージが最も強く、強いハリケーン、最も暖かいハリケーンに耐えることができることを私たちに納得させるように設計されています。また、環境に優しく安全です。もちろん、これはすべて「48で割る」必要があります。彼らの仕事は彼らにとって有益なものを売ることであり、私たちの仕事は便利で安全に暮らせる快適な家を建てることです。したがって、まず最初に、SIPパネルからコテージを構築する際の長所と短所、およびこのテクノロジーの特徴を理解しましょう。.

SIPパネルからの構築の長所と短所

SIPパネルからのコテージの利点

  • 最短時間で、約2〜3週間で構築されます.
  • 建設プロセス中の温度制限はなく、すべての作業は一年中いつでも実行できます.
  • 縮みや変形がないので、箱を作ってすぐに仕上げ作業を始めて電話をかけることができます.
  • SIPパネルは、現場での輸送と組み立てが簡単です.
  • 現在最も安いものの1つ.
  • ハリケーンの風に耐えるのに十分な耐久性.
  • SIPパネルは完全に平らなので、厳密に垂直に置くのは簡単です.
  • SIPパネルからのコテージの壁が薄いため、内部の使用可能面積が増加します.
  • あなたは軽いファンデーションを装備することができます.
  • 優れた保温性を持ち、素早く熱くなり、長時間保温します.
  • 暖房の面で経済的.
  • 防音効果があります.

SIPパネルからのコテージのデメリット

  • 完全に密封されています。このような建物の場合、強制供給および排気換気を設計および装備する必要があります。このような換気の開発と実装のコストは、SIPパネルで作られたコテージのすべての安さをカバーする以上のものです.
  • 絶対に非生態学的です。 SIPパネルハウスが環境に優しい住宅であるという売り手からのすべての保証は完全に嘘です。 SIPパネルの絶縁層として使用される発泡スチロールは、完全合成材料です。また、OSBボードの製造工程では、合成樹脂や添加剤が使用されています。その結果、あらゆる種類の「不快な」化合物を放出する完全に合成された材料の箱ができあがります。同時に、壁は「呼吸しない」ので、新鮮な空気の流れはありません。言い換えれば、魔法瓶。結局のところ、固定型枠から家を建てた場合、結果は同じになります。そして、多くが構築されています。それでは、将来の家主の選択に任せましょう。.
  • 短命。 30年以内の耐用年数。記載されている期間は50〜100年ですが、実際にはすべてがそれほどバラ色ではありません。.
  • 破壊耐性はありません。斧で壁に穴を開けるのは難しくないので、SIPパネルで作られたコテージの強度は非常に相対的です。.
  • SIPパネルがオンになっています。さらに、強い火の間に発泡スチロールが液体状態になり、雨のように上から注ぐだけで、あらゆる種類の厄介なものを放出するため、燃えるほど怖くはありません。 SIPパネルの火災の危険性は、すべての通信を開くことしかできないという事実にも影響を及ぼします。.
  • 強制換気を行わなかったり、建物を不適切に操作したりして、材料の透湿性を考慮せずに仕上げると、壁にカビやカビが発生します。.

ご覧のとおり、SIPパネルから構築することの欠点はそれ自体を物語っています。それにもかかわらず、多くの人々は、その安さのために、季節の生活のための郊外のコテージを建てるためにこの技術を選びます。永住のためのパネルコテージを建てたいという方もいらっしゃいますが。だからあなたは選ぶ.

SIPパネル:デザインと機能

SIP(構造断熱パネル)は、実際、ロシア語に翻訳すると、KTP(構造断熱パネル)に変換されますが、何らかの理由で「SIP」またはサンドイッチパネルという名前がしっかりとその後ろに貼り付いており、おそらく長い間時間.

SIPパネルは3層で構成されており、高圧下で接着されています. 2つの外層 耐久性のあるシート素材で作られています。ほとんどの場合、スラブは民間住宅の建設に使用されます。 OSB(配向性ストランドボード) またはOSB(配向性ストランドボード)。このようなボードは、互いに垂直に3層に配置された木材チップから作られています。樹脂を添加した後、材料をプレスします。その結果、OSBボードは丈夫で弾力性があり、表面は防水性があります。それほど頻繁ではありませんが、マグネサイト、ファイバーボード(ファイバーボード)ボード、または単に木製のボードがSIPパネルの外層に使用されます。.

外層のシート材料の厚さは、9mmまたは12mmにすることができます。厚さ12mmのOSB-3の最も一般的なバージョン.

コアまたは SIPパネルの中間層 断熱材製。ほとんどの場合それは 発泡スチロール (PSB-25またはPSB-S-25、密度25 kg / m3)、その低コストと軽量のため。あまり一般的ではありませんが、ポリウレタンフォームが使用されますが、ミネラルウールまたは玄武岩ウールが使用されます。これは、中央にミネラルウールを使用したパネルは、ポリスチレンフォームを使用したパネルよりも2倍重く、高価だからです。.

断熱材の厚さはニーズによって異なり、50〜250mmにすることができます。 CISで最も一般的なのは、厚さが124 mm、174 mm、224 mmのSIPパネルです(外層はそれぞれ12 mmです)。パネルの高さと幅は多くの点でプロジェクトに特定の制限を課します。私たちの市場にはいくつかの標準サイズのSIPパネルがあります。

SIPパネルフレーム

SIPパネルからのコテージのプロジェクト

通常、パネル構造は、コーナーや半径要素が可能なフレームやモノリシック構造とは異なり、設計の多様性に違いはありません。しかし、SIPパネルからコテージプロジェクトを選択するためのフィールドは本当に素晴らしいです。さらに、お客様のニーズや好みに応じて、好きなプロジェクトを変更または修正することができます。.

コテージの1階と2階の高さは、パネル自体の寸法(2500x1250mmと2800x1250mm)によって何らかの形で決定されます。一方、床の高さは任意ですが、パネルを仕上げる必要があり、全体的な外観が悪くなり、構造の耐久性が低下します.

パネルからハウスキットの製造を注文する予定の同じ建設組織のSIPパネルからコテージプロジェクトを注文できます。ホームキットのすべての要素に番号が付けられ、署名されるため、建設現場自体でそれらを組み立てるだけで済みます。.

換気も忘れないでください。その設計と計算は、設置プロセス中に必要なすべてを提供するために、コテージの設計段階で行う必要があります。.

SIPパネルからのコテージの基礎の特徴

SIPパネルからのコテージの基礎

SIPパネルで作られた構造は非常に軽い(50 kg / m2以下の壁)という事実のために、重い埋設基礎はそれらのために作られていません。パネルコテージは、浅いストリップ基礎、パイル、パイルグリル、ストリップ柱状、スラブ、または柱状基礎に配置できます。どちらが適しているかは、工事地域の気象条件や土の構造、お客様のご要望によります。土の凍結の深さより下で、自立型の絶縁ワイヤーパネルで作られたコテージの基礎を深くする必要はありません。しかし、その表面が完全に平らで同じ平面になるように、高品質で基礎を完成させることは非常に重要です。そうしないと、構造が曲がってしまいます。.

パネルでコテージを作る前に、コンクリートから上昇する湿気から木を保護するために、基礎の表面を防水する必要があります。.

SIPパネルからのコテージの壁の建設

SIPパネルからのコテージ

まず第一に、基礎が築かれ、固定されます 住宅ローンバー 240x150mm。梁は基礎の真ん中に置かれ、角では「半分の木」の切り込みで接続され、木製のだぼで固定されています。材木は、長さ350 mm、厚さ10〜12 mm、ステップ1.5mのアンカーで基礎に取り付けられています。.

住宅ローンの梁が敷設された後 住宅ローンボード, それはまた呼ばれます 「敷居」. 組み込みボードの寸法は、自立型の絶縁ワイヤパネルの厚さによって異なります。たとえば、厚さ174 mmのパネルの場合、50×150 mmのボードが適しています。224mmのパネルの場合、50×200または100x200mmのボードが適しています。.

Lezhenは、外縁から10〜12 mmのくぼみのある基礎梁に配置され、400mmのピッチのセルフタッピングネジで固定されます。ボードの厳密な水平方向をチェックして制御する必要があります.

コーナーへの壁SIPパネルの設置

SIPパネルの設置は隅から始まります. 最初のパネルの底はポリウレタンフォームで「発泡」され、「ベッド」に置かれ、パネルは均等に取り付けられます。次に、ボードを2番目のコーナーパネルの側面の溝に挿入して空きスペースを埋めます。下部も「発泡」して「ベッド」に置き、パネルが端から端までになるようにします。最終的にコーナーパネルを固定する前に、それらの垂直位置を確認する必要があります。.

重要!パネルの設置に関するさらなる作業の単純さと正確さは、最初のコーナーのSIPパネルの正しい設置に依存します。.

パネルは、150mmごとに3.2x35mmのセルフタッピングネジで「ベッド」に固定されます。それらは、500mmの距離で12x220mmのセルフタッピングネジで互いにねじ込まれています.

SIPパネルは、深さ25 mmの溝を持つように設計されています(この深さで、発泡スチロールの層が始まります)。パネルを相互に接続するには、厚さ50 mmのボードを使用し、パネルの厚さに応じて幅を150mmまたは200mmにします。.

SIPパネルからの壁の建設

残りのSIPパネルは、次のように取り付けられます。取り付けられたパネルの側面の溝が発泡され、ボードが挿入され、その中に押し込まれます。次に、取り付けたパネルの溝を発泡させ、パネルから突き出たボードに貼り付けます。構造はしっかりと圧縮され、12×220 mm、35mmのセルフタッピングネジで「ベッド」に固定されます。.

1階のパネルをすべて設置したら、その上に置きます。 ストラップボード 「嘘をつく」と同じ原理で。すべてのパネルの上部溝が発泡され、ストラップボードが挿入され、セルフタッピングネジで固定されます.

秒の上にインストールなど。床は類推によって作られています。窓やドアの開口部は、建設現場または工場でカットされます.

SIPパネルで作られた壁ジョイント

SIPパネルからの床、天井、屋根の配置

SIPパネルからのコテージの床は2つの方法で作ることができます:丸太の通常の木の床またはSIPパネルからの床。最初のオプションは、より信頼性が高く、操作が簡単です。緊急の修理の場合は、分解して作り直すのが簡単です。 SIPパネルから床を製造する場合、パネルを相互に接続する場合と同じアルゴリズムが適しており、圧力ボードは床の丸太として機能し、基礎梁または基礎の上に置かれます。.

SIPパネルからのコテージでの重複

梁の天井が標準で取り付けられています:カット、コーナー、またはブラケットを使用して、任意の便利なオプションを選択できます.

屋根裏部屋が暖房されていないコテージの屋根は、標準的なトラス構造、バテン、屋根材を使用して作られています。ただし、屋根裏部屋が計画されている場合は、屋根をSIPパネルで作成することもできますが、この方法はより手間がかかります。.

鉄筋コンクリートパネルコテージ

鉄筋コンクリートパネルコテージ

低層コンクリートパネル構造は、さまざまな理由で人気がありません。これは限られたレイアウトであり、シンプルな設計ソリューションの選択肢が少なく、パネルを配送、荷降ろし、さらにそれらを設置するためのクレーンが必要です。ですから、自分の手で家を建てることができる場合はそうではありません。.

鉄筋コンクリートパネルで構築することの長所と短所

コンクリートパネルコテージの利点

  • 構造は非常に丈夫で頑丈で、ハリケーンだけでなく、爆発後の小さな衝撃波にも耐えることができます。.
  • 完全な防火.
  • 壁は均一で滑らかで、美的仕上げのみが必要です.
  • コンクリートパネルのコテージは吹き飛ばされません.
  • 優れた耐破壊性.
  • すばやく構築する.
  • 信頼性と耐久性(100年以上).

コンクリートパネルコテージのデメリット

  • 部屋のレイアウトに関する厳格な要件.
  • パネル間の継ぎ目は弱点です.
  • コンクリートの高い熱伝導率。建物には追加の断熱材が必要です.
  • 低遮音-共同アパートのような可聴性.
  • 低い水蒸気透過性と通気性.
  • 換気が必要です.
  • 壁がとても強いので、コミュニケーションをとったり、棚や家具を吊るしたりするのが難しい.
  • 建設には重機とクレーンが必要です.
  • 材料の相対的な安さは、機器と労働者を雇うコストによって相殺されます.

すでに言われていることを要約すると、鉄筋コンクリートパネルのコテージを建てることは2つの場合にのみ有益であることがわかります:高層ビルをバーゲン価格で解体した後に古いソビエトパネルがある場合、またはあなたがコテージのブロック全体を一度に(つまり、組織にとって有益)。それ以外の点では、そのようなコテージは基本的にパネルハウスの同じアパートであり、個人の屋根で覆われているだけです。.

壁鉄筋コンクリートパネル

壁鉄筋コンクリートパネル

コンクリート壁パネルは キャリア, 自立ヒンジ付き. そのようなパネルのコテージでは、耐力壁は私たちが慣れているような外壁ではなく、内壁であることに留意する必要があります。外壁は通常、断熱コンクリート(気泡コンクリート、木造コンクリートなど)を使用した軽量パネルで作られています。.

また、パネルは単層と多層(2層と3層)に分かれています.

鉄筋コンクリート壁パネル

単層コンクリートパネル 軽量の気泡コンクリートまたはその他の断熱コンクリートでできています。パネルはメッシュまたは溶接フレームで補強されています。製品の厚さは、240〜320 mmの気候帯の特性に依存し、コンクリートの強度クラスは、壁が耐えるように設計された荷重に依存します。ほとんどの場合、600〜700 kg / m3の密度のコンクリートが使用されます。これらのパネルは、外部の自立壁に使用されます.

二層コンクリートパネル 密度が1000kg / m3を超え、厚さが60 mm以上の重いコンクリートと、軽量の「暖かい」コンクリート(セルラー)または硬質の断熱材のスラブである断熱層でできています。たとえば、発泡スチロール、押出ポリスチレンフォーム、硬質玄武岩ウールスラブを第2層として使用できます。外側の断熱層は、15〜20mmの厚さの装飾用コンクリートで保護されています.

3層コンクリートパネル 厚さ50mmの重いコンクリート製の2つのベアリング層と断熱層があり、その厚さは熱工学計算で計算されます(ほとんどの場合少なくとも80mm)。このようなパネルでは、中間層はミネラルプレート、セメントファイバーボード、グラスファイバーマット、フォームガラス、ミネラルコルク、その他の材料でできています。外層は補強材によって相互接続されています.

鉄筋コンクリートパネルで作られたコテージのプロジェクト

建築の楽しみを探すのではなく、単純なコンクリートの箱に満足している場合は、自分に適したプロジェクトを安全に探すことができます。鉄筋コンクリートパネルで作られたコテージの種類に違いはありません。部屋の形状は厳密にする必要があります。長方形または正方形、スラブの寸法を許容できる特定のサイズ.

鉄筋コンクリートパネルでコテージを建てる特徴

パネルからコテージを建てる前に、しっかりとした基礎を整える必要があります。鉄筋コンクリート構造は非常に重いため、基礎を節約することはできません。凹型のストリップ基礎とスラブのみが許可されます。敷設の深さは、土壌凍結のレベルより下でなければなりません.

鉄筋コンクリートパネルの壁

パネルの重量は250kg / m2からであるため、鉄筋コンクリートの壁はクレーンを使用して建てられます。パネルは端から端まで取り付けられ、パネルから突き出ている継手は溶接されています。次に、継ぎ目はモルタルで覆われています。一般に、スラブ間の接合部を作成する技術は、深刻な設計上の課題です。結局のところ、ジョイントは弾力性があり、剛性があります-モノリシックです。したがって、この作業は専門家に委託することをお勧めします。.

床と天井はほとんどの場合コンクリートスラブで作られていますが、丸太の上で床を木製にすることを妨げるものは何もありません.

パネルコテージはプレハブの建物です。しかし、それにもかかわらず、すべては実際に決定されており、紙ではありません。重機が通行できないために工事が遅れる可能性があり、強制換気の手配により工事費が大幅に増加する.