家の建設

ルーフフェンシング:機能、材料、設置

理想的な屋根には、その覆い、構成の複雑さ、または独自の設計のための高品質で高価な材料だけでなく、安全なフェンスも含まれています。ヨーロッパ諸国では​​、保護システムが設置されていない場合、建設された建物は稼働しません。スノーガード、はしご、安全フック、通路、柵構造自体で構成されています。.

コンテンツ:

手すりで屋根を囲うことで、屋根の修理作業中、アンテナの設置中、換気や煙突の掃除中に人が転倒するのを防ぎ、冬から春にかけて雪や氷が雪崩のように溶けるのを遅らせます。また、屋根工事中の偶発的な落下物から人や財産を守ります。屋根の手すりは、屋根の上にそびえ立つ手すり子または欄干の形をした鋼製の格子です。.

ステンレス鋼と亜鉛メッキ鋼、アルミニウムと銅など、あらゆるタイプの屋根材に適した、フェンスの材料と色の両方の膨大な選択肢があります。この多様性により、建物の全体的な外観に調和してフィットすることができます。.

屋根のガードレールの構造要素

スノーホルダー, 雪の層が落ちるのを防ぎます。その設置は、建物の周囲に沿って実行することも、建物の屋根の一部のみをフェンスで囲んで、問題のある領域にのみ設置することもできます。あらゆるタイプの屋根用のユニバーサルファスナーと、スタンディングシームルーフ用に特別に設計されたファスナーの両方で製造されています。.

トランジションブリッジ 屋根の上で安全に移動するのに役立ちます。接続要素の助けを借りて、それらの長さは増加しますが、固定フラグメントは自由な動きを妨げません。必要に応じて、傾斜角度を調整できます.

壁の階段 さまざまなタイプの作業のために屋根を安全に持ち上げることができ、緊急事態でも機能し、構造物へのアクセスを提供します.

ルーフフェンシングの要件

屋根は、構造のタイプ(平らなものと傾斜したもの)、およびメンテナンス(利用されたものと利用されていないもの)によって細分化されます。後者のタイプの屋根は、その上に人がいることを提供しませんが、それでもフェンスを装備する必要があります。構造自体の高さに関係なく、最小の高さは600mmである必要があります。.

マンサード屋根は傾斜角がかなり急なことが多いため、屋根柵を配置するのはかなり難しく、まったく不可能なことがよくあります。.

建築規則に従い、屋根の勾配が最大12%、高さが10 mを超える建物、および高さが7 mを超え、屋根の勾配が12%を超える構造物は、フェンスで囲まれています。.

設置時の軒先からの距離は35cmです。屋根の手すりの高さは構造物の高さによって異なります。30mまでの場合、構造物は1100mm、30mを超える場合は1100mmです。次に1200mm。もともと欄干を備えていた建物には、高さに応じて柵システムが設置されています。.

ライザー間の距離は1200mmを超えてはならず、屋根材に応じて調整できます.

ルーフガードは安全で設置が簡単でなければなりません。取り付けられたシステム、および傾斜屋根の固定要素は、その信頼性を判断するために強度テストを受ける必要があります.

これを行うには、54 kgfに等しい水平方向の重りを、互いに10 m以内にあるポイントに適用し、数分後に取り外します。構造の完全性の違反がなく、永久変形がない場合、テストは成功しました。.

ルーフフェンスとは

原則として、これは折りたたみ可能な設計であり、設置をかなり短時間で実行できます。その設置は、絶対にあらゆるタイプの屋根材、さらには波状の表面にも実行できます。以下は屋根の手すりの図です.

5-調整ブラケット;

6ブラケットユニバーサル;

9-六角頭のネジ8x50mm;

12ナッツ;

13ワッシャー.

ブラケットと斜めのストッパーが剛性を高めています。ヒンジで固定することにより、手すりはほぼすべての斜面の屋根に取り付けられます.

金属製の屋根の手すりのプロファイルには、さまざまな厚さと構成があります。しかし、いずれにせよ、その製造とすべてのコンポーネントの材料の品質は重要な役割を果たします。最も一般的に使用されるのは、亜鉛メッキおよびステンレス鋼、特殊な粉末または銅でコーティングされたソルビトールです。.

材料の種類とその特性

亜鉛鋼 精度の高い圧延のおかげで、ファスナーやあらゆるタイプのフェンシングの製造に使用されます。亜鉛メッキにより高い耐食性を実現。この圧延金属から作られた製品は、平均50年間使用できます。さらに、亜鉛メッキ鋼は極端な温度に耐性があり、-80°Cから+ 300°Cまで耐えることができますが、熱伝導率が低く、同様の特性を持つ他の材料よりも大幅に安価です。.

特殊コーティングを施した亜鉛メッキ鋼, その組成は耐用年数の延長に貢献し、またそれの助けを借りてあなたは製品にさまざまな色合いを与えることができます.

ステンレス鋼 -クロム、チタン、ニッケル、モリブデンなど、さまざまな合金成分が含まれています。合金の主成分がクロム(最大20%)である場合、鋼の含有量が多いほど、次の程度が高くなります。耐食性。得られたフィルムは、周囲の雰囲気から鋼を保護します.

-耐食性に優れた熱伝導性材料で、融点は1083℃です。約10〜15年の運転後、製品は濃い緑色の緑青で覆われ、大気現象の影響に対する侵入不可能な障壁になります。.

保護構造の完成

キットには、固定用のブラケット付きのサポートレッグと3mのフェンスパイプが含まれています。ラックの高さが600mmの場合、2本のパイプラインが必要です。ラックの高さは800 mmで、3本以上のラインが必要です。設計に応じて、パッケージには必要な数のネジとボルトが含まれています.

高品質で便利な設置のために、キットには必要なすべての留め具と、ラック用のプラグなどの他の追加要素が含まれています。これにより、塗装されていない内側の表面での腐食の早期発生が防止されます。設置時に開けた穴に湿気が入らないようにするゴム製ガスケット.

一部の設計では、パイプはトランジションタイプのメス-オスに接続されているため、切断および溶接装置を使用せずに長さを長くすることができます.

ラックを屋根の表面に取り付けるとき、取り付けポイントは重要な場所です。折りたたまれた屋根への固定は、クランプ装置を使用して行われます-クランプ、この方法では、折りたたまれた画像の気密性と完全性を侵害することはありません.

プロファイル屋根と陸屋根では、取り付けは固定ネジ、シーリングワッシャー-ワッシャーを使用して実行されます。ねじ込みによりスペーサーワッシャーが変形し、取り付け穴周辺のスペースを埋めます。角度が15〜45%の傾斜した屋根に手すりを取り付けるには、追加の工具を使用せずにヒンジ付きマウントが役立ちます.

このようなフェンシングシステムには、機能コンポーネントと装飾コンポーネントの両方があります。必要に応じて、スノーガードを追加で装備することもできます。.

ヒンジ付きファスナーへの屋根の手すりの取り付け

このタイプの固定には、連続した木枠が必要です。屋根を敷設する前と後の両方で設置を実行できることは注目に値します。.

作業は、支柱サポートを取り付ける場所を決定することから始まります。ひさしの端から必要な距離を測定します。ブラケットを目的の場所に取り付け、ゴム製ガスケットを配置し、セルフタッピングネジを使用して、コーティング材料を介して木枠に固定します。サポート間のステップは900mmである必要があります。屋根の表面が波形の材料で覆われている場合、そのたわみの場所に留め具が作られます。.

次に、サポートの必要な傾斜角度を調整し、ワッシャースペーサーを使用してヒンジデバイスを目的の位置に固定する必要があります。さらに、パイプは完成した穴を通過し、ボルトで固定されます。同じ操作を2番目と3番目のクロスバーで実行する必要があります(設計で提供されている場合).

作業の最終段階には、プラグの取り付けとシーラントによる接合部の処理が含まれます.

折りたたまれたカバーにフェンスを設置する原理とコースは同じですが、固定システムのみが異なります。この種の屋根には、締め付けブラケットという特別な装置が使用されます。特別なクランプを使用してリベートの頂上に取り付けられ、屋根の完全性を完全に保証し、それによって漏れを排除します.

DIYフェンシングデザイン

傾斜屋根の場合は、工場製の補強フェンスを使用することをお勧めします。手すりに似た、水平面が平らな陸屋根に適した構造を、自分の手で作ることができます。覚えておくべき主なことは、人々の安全は高品質の素材に依存し、すべてのコンポーネントを接続するための適切な作業を実行することです。.

高さ600mm、長さ2.5 mの1つのセクションのフレームには、次のものが必要です。

  • 6.5 mU字型金属プロファイル40x25mm;
  • 4mプロファイル25x25mmまたはロッドØ16mm;
  • セクションを屋根に固定するためのネジ(アンカーボルト).

楽器:

  • 溶接機;
  • ブルガリア語;
  • 金属用ドリルでドリルします。
  • あなたはパンチが必要かもしれません.

グラインダーを使用してプロファイル(40×25)から、次の部品を準備する必要があります。各600 mmのラック2つ、各2.5mの水平ビーム2つ。 25x25mmのプロファイルまたは16mmの断面を持つ金属棒から、長さ500mmの水平ビーム8本と400mmの保持ポスト2本を切り取ります。また、厚さ10 mm、サイズ7x10cmの金属板が4枚必要です。.

作業の段階:

  • 4つのプレートすべてで、取り付け穴は屋根のベースに後で取り付けるために事前に開けられています。ドリルの直径は、ネジまたはアンカーボルトの直径よりもわずかに大きくする必要があります。
  • 支柱は90°の角度でプレートに溶接されています。
  • 次に、保持要素が少なくとも30°の角度で金属プレートに溶接されます。
  • さらに、垂直上部クロスバーも2つの真っ直ぐな支柱に溶接されています。
  • そこから500mmを測定し、2番目の境界線を設定します。
  • 残りの100mmのクリアランスでは、ほこり、葉、雪が屋根に残ることはありません。
  • 梁の間には、縦線がプロファイルまたはロッドから取り付けられ、そのステップは約300mmになります。構造の内側と外側の両方から取り付けることができます。
  • 完成したフレームに小道具を取り付けるのは残ります。
  • 構造はネジで旋盤に取り付けられます。屋根面がコンクリート製の場合は、ハンマードリルで穴を開け、固定材としてアンカーボルトを使用する必要があります。長さは160mm以上である必要があります。.

構造の長さは、追加のセクションの助けを借りてほぼ無期限に長くすることができることに注意する必要があります。ただし、後続の各ブロックは最初の支柱なしで実行されます。この場合、水平梁は前のフレームの最後の支柱に溶接されます。.

ルーフフェンシングの見積もり

上記では、必要なすべての資料の詳細なリストがすでに提示されています。総費用は屋根ごとに個別に計算され、多くの要因に依存します。しかし、その最終的なコストを大まかにナビゲートするために、以下はルーフフェンシングの材料の価格のリストです.

あらゆるタイプの屋根の手すりを設置するときは、すべての予防措置に従うことが重要です。このようなシステムは、あらゆる構造物に不可欠な要素であり、修理作業中の屋根の上の人々と、さまざまな建設アイテムの落下から建物のすぐ近くにある資産の両方の安全を確保します。.