家の建設

日曜大工の木製屋根裏部屋

平方メートルの総不足に直面して、住宅所有者は彼らの住宅の面積を合理的に使用するよう努めています。この点で、民家を取得したい人のほとんどは、設計段階でも屋根裏部屋を組織することを計画しており、これにより将来の住宅は広々として快適になります。さらに、古い屋根裏スペースを改造するか、古い家に追加の上部構造を編成することで、古い家に屋根裏部屋を装備することができます。木造住宅の屋根裏部屋は、信頼性が高いだけでなく、安全である必要があります。耐力壁や建物の基礎に追加の負荷がかからないように、事前にプロジェクトを開発する必要があります。このタイプの建物のすべての要件を満たす木製の屋根裏部屋を装備するには、まず、屋根裏部屋の床の主なタイプ、それらの構造の詳細、および配置と仕上げの主な段階に精通する必要があります木製の屋根裏部屋。このすべてについて、この記事で説明します。.

屋根裏部屋の主な種類

素人の言葉で言えば、屋根裏部屋は屋根裏部屋にある居間、つまり屋根裏部屋タイプの部屋です。専門的な建築用語によると、屋根裏部屋は、屋根裏部屋とも呼ばれ、マンサード屋根が特徴の家の最上階にある居住空間です。これは、屋根裏のファサードが部分的または完全に屋根の表面に囲まれていることを示しています。.

屋根裏部屋の建設を進める前に、その建設の種類を決定する必要があります。それは、本館にできるだけ近いものでなければなりません。屋根裏部屋は、設計上の特徴に応じて、屋根のタイプに応じて分類できます。屋根のタイプは、傾斜、切妻、または破損する可能性があります。屋根裏部屋の外観は、屋根裏部屋を分類できるもう1つの兆候です。このパラメータは、その構築プロセスで使用される材料に直接依存します。これらの機能を考慮して、次のタイプの屋根裏部屋が区別されます。

  • 切妻屋根の1階建て屋根裏部屋 -リビングルームに変換された標準的な屋根裏部屋である部屋。そのような施設の設計と建設は難しくなく、手作業で行うことができます。ただし、使用可能なスペースの不足や天井の低さなど、このような構造に特徴的な欠点により、設置を中止せざるを得ないことがよくあります。
  • 傾斜した切妻屋根のある1階建ての屋根裏部屋, 異なる角度で4つの斜面が存在することを特徴としています。そのような屋根裏部屋の建設は数倍高価であるという事実にもかかわらず、使用可能な領域の量が多いことを考慮して、マスターはしばしばそれらを好む。
  • ポータブルコンソール付き屋根裏部屋, その構造は、設計上の特徴を考慮すると、多くの困難を伴います。ただし、これらの欠点は、部屋の空き領域と窓構造の垂直配置の可能性によって簡単に解消されます;
  • 混合屋根の強調が特徴のマルチレベル屋根裏部屋. 構造の複雑さを考慮して、その建設には、正確な計算の予備的な実施と施設の詳細な計画の作成が必要です。ほとんどの場合、マルチレベルの屋根裏部屋は家と同時に建てられます。.

部屋の大きさに応じた屋根裏の床の種類

屋根裏部屋の床のタイプは、その高さによって決まります。

  • フルフロア -垂直壁の高さが1.5m以上であれば話せる構造。
  • 屋根裏 -構造物。壁の小さい方が0.8〜1.5mの範囲にある必要があります。
  • ハーフマンサード -壁が0.8m未満の部屋.

屋根裏の床に設置された部屋は、さまざまな目的があり、主に居住者のニーズによって決定されます。ただし、ほとんどの場合、寝室とラウンジが優先されます。.

屋根裏部屋を配置するための屋根裏スペースの適合性を決定する条件

生活空間を提供するための屋根裏部屋の適合性を判断する方法は?専門家は、屋根裏部屋の生活への適合性は以下の要因によって決定されるという結論に達しました。

  • 屋根の特定の形状。
  • 屋根裏の床の適切な建設;
  • 屋根支持構造.

木製の屋根裏部屋プロジェクトで使用される典型的な屋根の形:

重要! 屋根裏部屋の屋根の最初の要件は、少なくとも35度でなければならない斜面の傾斜角の存在であり、それが増加するにつれて、屋根裏部屋の床での生活の快適さが増します。ただし、平らで傾斜した屋根は屋根裏スペースには適していません。.

木製の屋根裏部屋を配置するために、最も適切なものは次のとおりです。

  • 切妻寄棟屋根;
  • 切妻屋根と切妻;
  • 屋根裏屋根.

そのような屋根のプロジェクトは、住宅のインテリアの作成を支持し、木造住宅の屋根裏部屋の室内装飾を容易にする垂直支柱がないことを前提としています。同時に、水平の梁がある場合、居住空間の配置とそれに続く木製の屋根裏部屋の設計は、床から少なくとも2.2〜2.3mの位置にある場合にのみ可能であることを忘れないでください.

マンサードタイプの屋根は、マンサードルームの配置にも適しています。木製の屋根裏部屋を設計する過程で、特定の設計機能、つまりダブルブレークと十分に高い高さにより、オリジナルのプラスチックトランジションの作成を含む最大の設計機会が開かれます.

重要! 小屋と寄棟屋根は、その設計の特殊性を考慮して、屋根裏部屋の使用可能領域とその計画の可能性を制限し、その結果、屋根裏部屋のプロジェクトの開発には実際には使用されません.

屋根裏部屋の構造要素とその構造の特徴

家の建設に一度は遭遇したことがあれば、建物の基礎は基礎であり、その計算は構造の質量を考慮して実行されることをおそらくご存知でしょう。屋根裏部屋が元々プロジェクト全体の一部であった場合、追加の負荷は最初に基礎の特性に組み込まれました。この場合、その建設のための材料を選択するプロセスに制限はありません。.

建物の初期の一般的な設計が屋根裏部屋の建設を意味しない場合もあります。これは、屋根裏部屋の配置が本館の建設後に行われることを示しています。このような場合、本館の損傷や破壊を防ぐために、基礎や構造物にかかる追加の荷重を計算する必要があります。この点で、屋根裏部屋の建設は、軽い材料(木材、ハゲタカパネル、または気泡コンクリート)を使用して実行する必要があります.

各屋根裏部屋の床システムは独自の方法で一意であり、特定の設計機能のセットによって特徴付けられるという事実にもかかわらず、一般に、屋根裏部屋は次の要素で構成されています。

  • 屋根ふきシステム;
  • 屋根を固定するように設計された木製の旋盤。
  • 垂木が結合される屋根の上部である尾根桁。
  • 垂木システムは屋根の主要な支持構造であり、屋根の重量だけでなく、降水や風の形での追加の負荷にも耐える必要があります。この点に関して、垂木システムの計算は、選択された建築材料と建物が建てられている地域の気候条件を考慮して実行されます。.

重要! パワーラフターシステムを構築するために、専門家は、GOST、木材、または亜鉛メッキされた薄壁の冷間成形プロファイルに従って鉄金属を使用することを推奨しています。さらに、木材と金属、鉄金属、亜鉛メッキプロファイルなどの材料を組み合わせることができます。垂木の設置が手の届きにくい場所で行われる場合は、薄壁のプロファイルを優先することをお勧めします。.

重要! 追加の床の建設は、例えば薄壁のプロファイルなどの軽量材料を使用して実行されます。その利点は、溶接を必要とせず、リベットとボルト締結を使用して現場で直接組み立てられることです。.

  • 木材もかなり軽い素材で、垂木システムを整理するのに適していますが、消毒剤による追加の処理が必要です

  • Mauerlat-バーの形をした屋根システムの一部で、壁の外周に沿って配置され、垂木梁を取り付けるための基礎として機能します。
  • 垂木、支柱、垂直支柱を組み合わせるための斜角。垂木構造が強化されています。
  • 広い面積の部屋で作業するときに屋根裏部屋に追加の安定性を与える内部サポートシステム。
  • 屋根裏部屋に好ましい微気候が作られる断熱ケーキ。これは、水力、防音、防湿材、および高品質の断熱材で構成されています.

木製の屋根裏部屋の写真

木製の屋根裏部屋を配置するための条件と規範

  • 屋根裏部屋を効果的に建設するための鍵は、以前に作成された屋根裏部屋のプロジェクトを考慮に入れて、合理的な断熱、換気、および技術プロセスの順守です。屋根裏部屋が長期間立って元の特性を維持するためには、次の規則に従う必要があります。
  • 垂木構造の組み立てには、少なくとも25 x 25 cmの厚さの梁を使用することが重要です。これは、垂木の間のスペースに収まり、次の特徴を持つ断熱材を後で設置する場合に重要です。少なくとも20cmの厚さ;
  • 使用する断熱材は、湿気やその他の外的要因に耐える必要があります。最も適しているのはポリスチレンで、ロール材とは異なり、水分を吸収しないため、支持構造への負荷が増加します。
  • 断熱層と屋根の間には、高品質の換気装置を装備する必要があります。
  • 垂木構造の外側には、防水層と追加の防音層を装備することをお勧めします.

木造住宅の日曜大工の屋根裏部屋:ステップバイステップガイド

  • 屋根裏部屋の建設の最初の段階は、家の耐力壁の外周に沿って設置されているマウアーラットの固定です。専門家によると、これに最も適した材料は10 x 10の木製の梁で、これは以前に石積みに固定されたねじれでねじ込まれています。
  • 次の段階は屋根裏フレームの建設です。垂直支柱の建設には、縦梁と同様の断面を持つ木製の梁を使用できます。部屋の隅には垂直の梁が固定されており、それらの間に梁が設置されており、それらは互いに2mの距離にあります。次に、すべての木製要素を金属製の角とセルフタッピングネジで固定する必要があります。
  • 全体の構造は、上部の垂直支柱をまとめる木製のまぐさによって固定されています。固定の過程で、屋根裏構造の全体的な形状の安全性を監視できる建設コードを使用してください。
  • 下垂木梁は、組み立てられたフレームに取り付けられています。これを行うには、推定長さを考慮して材木を切り取り、その基部に溝を切ります。これにより、材木をマウアーラットに高品質で固定できます。次に、垂木の上部を計算された角度でカットし、下部をマウアーラットに取り付けます。
  • 次の段階では、上部垂木梁の設置が行われます。この段階の複雑さは、構造の隅々まで調整および準拠する必要があることを意味するという事実にあります。
  • 垂木システムの上に防湿材の層が置かれ、その上に木枠が詰められます。旋盤のデザインと材料の選択に関する詳細については、後で説明します。
  • 次のステップは、絶縁ケーキを配置することです。垂木システムの内面には、防湿材の層が敷かれ、テープまたは建設用ステープルで固定されています。次に、木製の屋根裏部屋の断熱が行われます。これは、断熱材の固定を意味します。これは、0.5mのステップで内部旋盤を使用して固定されます。
  • 防水の層は、湿気から木の要素を保護するために旋盤の上に置かれなければなりません。屋根の設置は防水の上に行われます.

したがって、傾斜した屋根のパイは、次のスキームに従って配置されます。

  • 屋根フレームの外側に防水膜が敷かれています(継ぎ目は垂直に配置され、重なりは20cmです)。
  • 木枠が上に取り付けられ、屋根材が置かれます。
  • 内側から、傾斜した梁の間に、断熱材(ポリスチレン、ミネラルウール、または玄武岩スラブ)の層が配置されます。その厚さは、地域の気候条件によって異なります。
  • 断熱材の層は防湿フィルムで覆われています。これにより、通りから湿気が入るのを防ぎ、室内から湿気のある空気が入らないようにします。
  • ケーキの最後の層は、断熱材を保持し、屋根裏スペースを仕上げるためのベースとして機能する内部旋盤です。.

旋盤の留め具と材質の選択

旋盤 は、垂木の脚(特に垂木に取り付けられている)に垂直に配置された梁の構造であり、屋根の重量とその信頼性の高い固定を引き受けるように設計されています.

バテンの材質と構造は、選択した屋根によって異なります.

シートカバー用外装 は、厚さ25 mm、幅140mm以下のシートボードの頑丈な構造です。幅の制限は、幅が広すぎるボードが変形する可能性があるためです。垂木の距離が1mを超える場合は、垂木の間に特殊な棒を固定してステップを大きくし、幅の広い板を敷く必要があります。その後、屋根材またはグラシンを敷き、その上に屋根材を敷き詰めます.

重要! このタイプの旋盤は、屋根の信頼性を向上させ、雨による騒音を低減します。さらに、それはどんな屋根カバーにも適しています。.

金属タイルの旋盤 独自の特徴が特徴です。それはまばらであり、可能であれば、帯状疱疹の波のコースに適応する必要があります。設置には、25(30)x 100 mmのサイズのエッジボードが使用され、80〜100 cmのステップで敷設されます。垂木に設置する前に、水風防風膜を敷設する必要があることに注意してください。 。コーニスに最も近いボードは、タイルの波の残りのボードよりも高く設定されています。短いボードを使用して金属タイルの下に旋盤を取り付ける場合は、それらのジョイントを市松模様に配置することをお勧めします。

セラミックタイルの旋盤 は最も複雑な設計が特徴で、ハイドロバリアの設置から始まり、その後、まばらな木枠に50 x 50mmのバーが装備されます。このようなバテンの設置中に発生する問題は、1つのステップが1つのタイルのカバー面に等しいため、要素間の正確なリズムを維持する必要があることです。.

屋根裏スペースのデザインと装飾

屋根裏部屋の配置の最終段階は、室内装飾と部屋の装飾です。一般的に、デザインは所有者の好みによって決定されるという事実にもかかわらず、特定の規則があり、それを遵守することで屋根裏部屋を可能な限り快適で機能的にします。.

使用済み仕上げ材. カントリーハウス、コテージ、またはカントリーハウスに屋根裏部屋を設置し、一定期間のみ運営する場合は、合板またはOSBを使用して部屋の壁を装飾し、その後装飾トリムで覆うことをお勧めします。住宅の建物では、壁は乾式壁を使用して装備され、その後に装飾材料で仕上げるか、直接木製の裏地を使用します。

壁の高さ. 部屋の周りを自由に移動できるように、壁の高さを考慮して、部屋の周囲に家具を配置することをお勧めします。例えば,

  • 壁の高さが0.5mを超えない場合、通常、ブラインドゾーンが作成されます。棚、ベッドサイドテーブル、キャビネットが組み込まれていれば、メリットのある使用が可能です。
  • 壁の高さは最大0.8mで、その近くにベッドが置かれているので、横になって座るのに便利です。同時に、起き上がると、壁から離れます。これにより、天井に頭をぶつけないようになります。
  • 壁の高さが1.3mまでの場合、壁の下にテーブルを置いて作業エリアを配置することができます。
  • 壁の高さが人の高さと一致すれば、部屋の周囲を自由に動き回ることができます。.

屋根裏部屋の傾斜面は、木製の屋根裏部屋のデザインの新しい可能性を開きます。記事に示されている写真は、これを確認することを可能にします.

鋭角が形成される屋根と床の接合部にある部屋の機能は、いくつかの方法で改善できます。

  • 欄干と呼ばれる垂直の壁を設置し、暖房用ラジエーター、その背後に物を保管するためのニッチを配置するか、通信を隠します。
  • カスタムメイドの家具を設置し、その片側が部屋の構成を繰り返します.

重要! 欄干の高さ-値は任意ではなく、屋根面の傾斜角度によって決定されます.

屋根裏部屋の天井は、多くの場合、モダンなスタイルで見栄えのする水平スラブに限定されています。しかし、非標準志向の設計者の意見では、屋根の傾斜によって形成される破線ははるかに印象的です。それは部屋の高さを上げるだけでなく、木製の屋根構造の水平の梁を開きます。このような建設的な解決策は、ロフトやヨーロッパの民族性など、現代の郊外の建設で特に人気のある現代的なスタイルの解決策の枠組みの中で最も関連性があります。.