家の建設

自宅で屋根裏部屋を断熱する方法

家の熱損失の主な場所の1つは屋根です。この結論は、暖かい空気が上向きに上昇する傾向があるため、実際の観測と初期の物理学のおかげで行うことができます。そのため、屋根裏部屋は断熱する必要があります。家を建てる段階で屋根裏床の高品質な断熱を行わないと、後で冬になると天井から冷気が強く吹き出す可能性があります。アームストロングの吊り天井は、民家に最適なソリューションです。家で屋根裏部屋をどのように断熱するかという問題が生じます。同時に、家の所有者の希望は完全に異なる可能性があります。誰かにとって、主なことは、それが安いこと、誰かにとって、仕事が簡単になること、そして誰かが環境に優しいまたは天然の材料だけで断熱したいということです。 。この記事の枠組みの中で、屋根裏断熱材の一般的な技術とこれに使用できる材料について説明します。.

断熱材に直接進む前に、民家の屋根裏部屋の断熱とは何か、そしてそれがどのような機能を果たしているのかを少し明らかにしたいと思います。私たちの祖先は愚か者でも無知でもありませんでした。そのため、古い家は100年以上前のものですが、家は常に暖かく、屋根や木造の構造物は常に乾燥しています。秘密は何ですか?理想的な断熱材は 空気. 自由で自然、常に存在するだけでなく、季節によって変化することもあります。以前は、屋根は常に切妻になっていて、簡単に長引くことができるような傾斜がありました。 . また、ちなみに安価な断熱材。屋根裏のスペースは、家の切妻に1つまたは2つの窓がある屋根の斜面の下に作られました。必要に応じて、これらの窓は閉じたままにし、屋根裏部屋に閉じ込められた空気は断熱材として機能しました。別の状況では、たとえば夏には、窓を夜に開いて空気を冷やし、暑い日の前に閉じて温度を制御しました。.

家の屋根のスノーキャップは理想的な断熱材です

冬が始まると、屋根に帽子のように雪が降りました。最も極端な寒さの中でも、この自然の断熱材は、外気温が-25°Cであっても、屋根裏部屋の温度をゼロ以下に保つのに十分でした。家の中の温度が約+ 20- + 25°Cになるようにするには、屋根裏スペースの空気と天井の追加の断熱材が必要でした。同時に、雪が溶けないように屋根の斜面が内側から断熱されることはなく、垂木は診断と修理のために開いたままになっています。傾斜が断熱された暖房付きの屋根裏スペースは、どのような形状であっても、もはや屋根裏ではありません。これは屋根裏部屋であり、それが意味するすべてのものがあります.

これらの原則は、現代の建設でも機能します。したがって、民家の屋根裏部屋を断熱する方法、屋根裏部屋の床を断熱するための材料、つまり、屋根裏部屋の床または家の天井.

屋根裏部屋をどのように断熱できますか

まず、屋根裏を断熱するための材料は、床が何でできているかを考慮して選択されます。それが木製の梁でできていて、木の床が上に置かれている場合、軽いバルク材料、ロールとスラブを使用することができます。それらの。選択肢は可能な限り大きくなります。床がコンクリートスラブの場合、その断熱のために、高密度のスラブ材料を使用する必要があります。極端な場合は、その上にセメントスクリードを作成できるため、重いバルク材料を使用する必要があります。.

バルク材料 屋根裏部屋を暖めるため:

  • おがくず;
  • ストロー;
  • リード;
  • ソバtyrsa;
  • エコウール(セルロースウール);
  • 亜麻(亜麻処理の緩い廃棄物);
  • グラスウール;
  • 膨張した粘土;
  • 海藻;
  • スラグ;
  • 穀物からのセックス;
  • 発泡スチロールの顆粒.

ロール材 屋根裏部屋を暖めるため:

  • ミネラルウール;
  • グラスウール;
  • リネン;
  • 海藻はしご.

スラブとマットの材料

  • ストロー;
  • 発泡スチレン;
  • 押出ポリスチレンフォーム;
  • 海藻;
  • スラブのミネラルウール.

屋根裏部屋を断熱するための最良の方法を選択するときは、材料の断熱特性、特定の地域での利用可能性、温度変化によってその特性が変化しない能力、設置の容易さ、そして部屋、そしてまた重要なことに、環境への配慮、そしてより良い自然。たとえば、木造住宅を建てて屋根裏部屋を発泡体で断熱するのは、控えめに言っても、木材は通気性のある素材ですが、発泡体はそうではないため、ばかげています。その結果、家は湿気があり嫌なものになり、時間の経過とともに木造建築物は腐敗し、劣化し始めます。そしてもちろん、断熱材の選択は所有者の経済的能力に依存します。.

冷たい屋根裏部屋を埋め戻し材で断熱する方法

屋根裏部屋を充填材で温めることは、何世紀にもわたって証明されてきた最も古い方法です。ほとんどの場合、床が木製の場合に使用され、その後、丸太の間で単に眠りに落ちます.

この断熱材の一般的な技術は次のとおりです。クラフト紙または他の同様の材料(グラシン、ルーズダンボール)を木製の床に置くか、床を粘土でコーティングし、その上に断熱材を注ぎ、計算された層居住地域を考慮して、ボードが上に置かれ、その上を歩くことができます。屋根裏部屋につながるハッチも断熱されています.

自然の断熱材がすぐに固まるという噂はやや誇張されています。したがって、恐れることなく、最も気に入って利用できるものを選択できます。.

リネンで屋根裏部屋を暖める

屋根裏部屋を自分の手で断熱するために、特別なスキルは必要ありません。物理学の十分なスキルと基本的な知識。最初のステップは、木の床のすべての亀裂を密封することです。それらは粘土または現代の材料で覆うことができます。次に、クラフト紙を上に置くか、床面全体を2cmの層で粘土でコーティングします.

焚き火-屋根裏部屋用のリネン断熱材

キャンプファイヤー -亜麻の処理からの廃棄物。一部の地域では材料が非常に安価で、真菌や微生物に耐性があり、腐敗せず、軽量です。マウスは火の中には入りません。ミンク(巣)を作ることができないので、すぐに崩れて通路を埋めます。材料は固まっていますが、いつでも上から直接注ぐか、新しいものと交換することができます。リネン素材の明白な利点は、廃棄に問題がないことです。屋根裏部屋から取り出して燃やすだけで十分です。これはグラスウールとは言えません。.

火は180から350mmの層で覆われています。屋根裏部屋を歩くのに便利なように、上部は何も覆われていません。ボードをレイアウトすることはできますが、スペース全体を埋めたり、本格的な床を作ったりしないでください。これにより、素材が呼吸して湿気を放出できるようになります。屋根裏部屋では、換気は常に小または中サイズの窓の形で提供されます。時々、材料がわずかに湿っているかどうかをチェックし、窓を開けてスペースとリネンを乾かします.

おがくずによる屋根裏部屋の断熱

冷たい屋根裏部屋を適切に断熱する方法について質問すると、多くの人はおがくずで屋根裏部屋を断熱する古い祖父の方法を好む傾向があります。これは、近くに木材加工があり、おがくずをばかげたお金で購入したり、無料でいくらでも入手できる地域では特に当てはまります。.

おがくずによる屋根裏部屋の断熱

まず、リネン断熱材の場合と同様に、床のすべての亀裂は粘土でコーティングされています。上に砂を軽く振りかけます。粘土にひびが入った場合は、隙間に砂を流し込む必要があります。次に、すべてに消石灰とカーバイドを振りかけます。これは、マウスからあなたを保護します。 100〜200mmの層を持つおがくずを補充します。おがくずは可燃性物質であるため、通常はスラグ採掘を上に振りかけました。特に煙突やその他の高温の物体の周囲の領域。スラグの代わりに、他の材料を使用することもできます。たとえば、おがくずを難燃剤で処理します。おがくずの上には、歩くことができるボードを除いて、何も置かれていません。.

ストローによる屋根裏部屋の断熱

ストローによる屋根裏部屋の断熱

おがくずの代わりに、作物のわらやもみ殻を使用できます。その下にはクラフト紙やグラシンも敷かれていますが、床に5cmまでの粘土を塗ることができます。地域や冬の厳しさにもよりますが、すぐに200〜500mmの層でわらが注がれます。寒い。わらの可燃性を減らすために、1〜2cmの層で粘土で上にコーティングすることができます。マウスに対しては、おがくずや他の民間療法と同じ方法が使用されます.

エコウールによる屋根裏部屋の断熱

エコウール -新聞やその他の古紙を処理し、鉱物結合剤やその他の低可燃性クラスを提供する添加剤を添加した製品である最新の材料.

エコウールは繊維内の空気から湿気を吸収できるため、防湿材を敷設する必要はありませんが、何らかのフィルムを敷設する価値はあります。.

エコウールによる屋根裏部屋の断熱

エコウールはすぐに木の床に置かれます、これは特別なブローイングマシンを使用して行われます。この設置原理により、断熱層を単一のギャップなしでモノリシックにすることができ、断熱材として機能する大量の空気も含まれます。ロシアの多くの地域では、250 mmのエコウール層で十分ですが、300mmと500mmの両方の層を装備できます。.

重要!約1〜3週間後、エコウールの上に保護クラストが形成されます。上層の繊維を合体させるのはリグニンです。したがって、この断熱材を設置する場合、リグニン形成のプロセスをスピードアップするために水噴霧が使用されることがあります。.

エコウールが固まっているため、その層が減少します。したがって、吹くときは、エコウールの計画量よりも5〜15%多く使用する必要があります。.

ガラス繊維による屋根裏部屋の断熱材

屋根裏部屋の床を断熱するためのかなり一般的な方法は、150〜250mmの層でグラスファイバーを埋めることです。この材料は燃えず、腐敗せず、湿気を恐れませんが、マウスや微生物はその中から始まりませんが、非常に有毒です。屋根裏部屋の床に置くときは、頭からつま先まできつい服、手袋、呼吸器を着用してください。すべての設置作業が終わったら、衣服を燃やす必要があります。.

材料が固まった後、新しいものと交換する必要がありますが、通常の方法で材料を廃棄しないため、ここでいくつかの問題が発生します。最大の不便は、屋根裏部屋にそれを通りに投げ出すことができる窓がなく、家を通してそれを実行しなければならないときに発生します。.

膨張した粘土による屋根裏部屋の断熱

膨張粘土を使用した床スクリード

膨張粘土は、コンクリートの床を断熱するのに非常に適しています。それは約200-250mmの層で覆われ、セメントスクリードが最大50mmの層で上に注がれます。これにより、屋根裏部屋に床を作ることができ、自由に歩くことができるだけでなく、不要なものを配置したり配置したりすることもできます。スクリードのセメントと砂の混合物は、膨張した粘土の埋め戻しに流れ込みすぎないように、液体ではなく、密度の高い粘稠度である必要があります。.

屋根裏部屋をロール材で適切に断熱する方法

ロール材は、高さ180〜200mmまでの丸太の間のスペースに置くことができるという点で断熱に適しています。ほとんどの場合、切断が簡単で、目的の形状にすばやく成形できる材料が使用されます。.

ミネラルウールによる屋根裏部屋の断熱

ミネラルウールは、現代的でユビキタスな断熱材です。それは燃えず、腐敗せず、微生物や齧歯類、そして湿気を恐れないので、屋根裏部屋を断熱するために非常に頻繁に使用されます。.

ミネラルウールによる屋根裏部屋の断熱

脱脂綿は湿気を吸収しますが、実際にはそれを放出しないため、防湿フィルムを木の床の底に置く必要があります。その接合部は特殊なテープで接着されています。.

フィルムの上に、ミネラルウールのロールを置くことができます。作業中は、グラスファイバーの場合と同様に、きつい服を着る必要があります。ヴァータは15分から20分以内にフルサイズになります。上に何かをかぶせる必要はありませんが、歩くためにボードを置くことができます。脱脂綿を水漏れから守る防水材を屋根の下にのみ設置.

藻類のはしごによる屋根裏部屋の断熱

海藻はしご

藻類のはしごは、屋根裏部屋を断熱するための優れた天然素材です。藻類が飽和している海塩とヨウ素のおかげで、マウスはそれらの中で発進せず、腐敗せず、微生物を恐れません。はしごは海草アマモで作られたステッチマットです。断熱性の点では、この材料は現代の合成材料に決して劣っていません。主な利点の1つは、環境への配慮と、はしごが実際には燃焼せず、わずかにくすぶり、有毒物質を放出しないという事実です。.

藻類は湿気を恐れないので、床を気化させる必要はありません。200mm以上の層ですぐにはしごを床に置くことができます。上に、あなたは歩くために木製の床または床板を装備することができます.

屋根裏部屋の断熱に藻類を使用すると、部屋に理想的な条件と微気候がもたらされ、有用なヨウ素が空気中に放出されるため、家の住民の健康に非常に役立ちます。.

リネン断熱材による屋根裏部屋の断熱材

ロールのリネン断熱材

現代のリネン断熱材は、ミネラルウールと同じロールで提供されます。彼らの利点だけが絶対的な環境への配慮にあります。リネンは、木造住宅や他の環境に優しい材料で作られた家の屋根裏部屋を断熱するための優れた選択肢です-たとえば、adobe.

ロール材を敷設する前に、床のすべての隙間を粘土で密封する必要があります。他の防湿材は必要ありません。リネンの断熱材が上に置かれ、きちんと接合され、隙間がありません.

スラブとマットで屋根裏部屋を断熱する方法

可能ではありますが、木の床をスラブ材で断熱することは意味がありません。これらの材料は、主にコンクリート床スラブの断熱に使用されます。屋根裏部屋の床のその後の配置で.

フォームまたは押出ポリスチレンフォームによる屋根裏部屋の断熱

発泡スチロールによる屋根裏部屋の断熱

発泡スチロールまたは発泡スチロールはあまり密度の高い材料ではありませんが、屋根裏部屋を断熱するために使用できます。しかし、押し出しポリスチレンフォームは非常に密度が高いため、これらの目的には理想的です。フォームまたは押出ポリスチレンフォームを取り付ける前に、床スラブに凹凸がないか確認する必要があります。断熱板をきれいに敷設できるように、表面を平らにする必要があります。防湿材は平らな面に置く必要があります.

さらに、スラブは市松模様に積み重ねられ、接合部はポリウレタンフォームで密封されています。泡が乾いたら、セメントと砂のスクリードを約4〜5cmの層で上に注ぐ必要があります。スクリードが乾いた後は、屋根裏部屋の床として使用できます。.

葦による屋根裏部屋の断熱

リードスラブは、環境にやさしい素材の需要が高まり始めた比較的最近になり始めました。断熱性の点では、葦は現代の材料よりも悪くはありません。難燃剤で処理しなくても、可燃性クラスはG2〜G3、処理後はG1です。ポリスチレンとEPSは、同時に有害物質を燃焼させて放出するため、同じことは言えません。.

リード断熱材

リードスラブは、木製の床とコンクリートの床の両方を断熱するために使用できます。この場合、防湿層はオプションです。そして上にあなたは木の床または床を装備することができます.

現代の市場はさまざまな断熱材で溢れています、そして売り手は存在しない利点に起因してそれらを賞賛しようとしています。したがって、結論として、屋根裏部屋を断熱するための材料を選択するときは、家の一般的な概念と生活の優先順位によって導かれると言いたいと思います。あなたの家が環境に優しい木でできているなら、断熱材は自然でなければなりません、それであなたは木を救うだけでなくあなたの健康も救うでしょう。あなたの家がフォームブロックまたは他の非呼吸材料でできている場合、ミネラルウールを使用することもできます、それはそれ以上悪化しません.

ビデオ:屋根裏部屋を断熱する方法