家の建設

穴あきパネル:機能、利点、用途

飛躍的な進歩による建設業界の発展は、見過ごされない多くの結果を伴います。建材の需要は飛躍的に伸びていると同時に、原材料の消費量も増えています。この地域の広大なニッチは、天然資源を節約したいという願望と共存できないことが多い、木で作られた建築材料で占められています。しかし、専門家はこの状況で妥協案を見つけようとしました。その結果、質的に新しい建築材料である穴あきパネルが作成されました。特徴的には、無垢材で作られた先祖に劣ることはなく、時にはそれを超えることもありますが、穴あきパネルを購入する場合は、価格がそれよりもはるかに民主的であることを確認してください無垢材製の素材。穴あきパネルの適用範囲は非常に高く、穴あきパネルの製造技術のように、この記事で説明する多くの分野が含まれています。.

穴あきパネルの使用:歴史的事実

長い間、主要な建築材料は木でしたが、後に石に取って代わられましたが、壁があった夏にのみ快適に暮らす悪名高い石造りの城の住民の期待にすぐには応えられませんでしたいいね。冬には、石の壁がずっと凍っていたので、これは不可能でした。当時の建築業者たちは、この問題を解決するために石造りの部屋の内装に木材を使い始めましたが、強度特性が不十分で、燃え尽きて腐敗する傾向があるため、資本建設の主な材料としての使用が制限されていました。その後、革新的な技術の開発により、建設市場は腐敗や燃焼から保護された木材で作られたパネルを導入しましたが、その高価格は材料の普及を妨げました。すぐに、より安価で耐久性の低い穴あきMDFパネルが登場しましたが、穴があっても、湿気から材料を完全に保護することはできませんでした。これは、高強度の穴あきパネルの発明への一種の推進力になりました-穴あきHDFパネル、その価格は、最高の耐湿性と相まって、さまざまな分野での穴あきパネルの大量使用に貢献しました。それらは部屋の装飾的な室内装飾によって占められていました。.

穴あきパネル:生産機能と品種

穴あきパネルは、品質的に新しい特性を備えたモダンな装飾仕上げ材であり、さまざまな生産および建設分野で使用されています。最も一般的には、穴あきパネルは高密度繊維板(HDF)または乾式壁で作られています。最初のケースでは、材料の基礎は無垢材のシートではなく、木材廃棄物、つまり木の削りくずです。これは、環境への配慮の観点から、穴あきパネルは無垢材で作られた仕上げ材に決して劣らず、いくつかの特性ではさらに優れているという事実に貢献しています。それらは、生物学的および大気の影響による変形および損傷の影響を受けにくい。穴あきファイバーボードパネルについて言えば、製造プロセスの必須コンポーネントは、木材の削りくずのプレスであり、高温法で行われ、高圧下で行われ、材料の密度、その抵抗の増加に確実に貢献します温度と湿度の変動に。.

穴あきパネルの種類:

まず第一に、穴あきパネルの製造は、高強度のファイバーボードと乾式壁の使用に限定されないことに注意する必要があります。現代の穴あきパネルは金属とプラスチックで作ることができ、前者の使用が主に内部作業に限定されている場合、穴あき金属パネルはファサードだけでなく、エンジニアリング、製造、貿易にも使用できます。穴あきプラスチックパネルは、外部仕上げ作業のプロセスでも広く使用されています。したがって、次のタイプの穴あきパネルが区別されます。

  • 高密度ファイバーボード穴あきパネル(HDF);
  • 穴あき金属パネル;
  • 穴あきプラスチックパネル;
  • 穴あき石膏ボード.

さらに、この資料にはさらに洗練された変更が加えられています。特定の価格カテゴリの場所に応じて、 天然ベニヤ、ラミネート、ホイルで仕上げられた穴あきパネル. また、技術により、片面または両面からパネルに塗料を塗布し、砂を塗ることができます.

ミシン目の形状とサイズも可変パラメータであり、メーカーの想像力にのみ依存します。穴は、単純な長方形または円形の形状にすることも、装飾的な巻き毛の形状にすることもできます。.

穴あきパネルの特徴と利点

穴あきパネルの特定の機能と利点は、それらが作られている材料に依存するという事実にもかかわらず、すべてのタイプの穴あきパネルに共通する多くの共通の特徴があります。.

  • これらの利点の1つは 用途の多様性 -穴あきパネルは多くの分野で使用されており、その中で建築とデザインが目立つ場所を占めています。
  • 幅広い選択と多様なデザインの可能性. この機能は、花の装飾と複雑な色合いで驚くべきことに、新製品を渡すことができなかったプロのデザイナーに気づかれることはありませんでした。一部の樹種は天然木を模倣した色合いが特徴ですが、他の樹種はその大胆な明るさにより、モダンなインテリアの理想的な仕上げ材になります。

  • 組み立ておよび分解作業の容易さ. ほとんどの穴あきパネルは耐久性と取り付けの容易さを特徴としていますが、薄い金属製のパネルは取り付け時に注意深く取り扱う必要があります。これは、このようなパネルは高湿度に非常に敏感であり、曲がりやすく変形プロセスが発生するため、作業中に繊細な取り扱いが必要になることが多いためです。
  • 最大の汎用性は、 ラミネートコーティングされたプラスチック製の穴あきパネル;
  • 耐摩耗性 また、温度や湿度の変動に対する影響を受けにくいため、このようなパネルは蒸気に耐性があり、ラジエーターを加熱するための装飾グリルとして使用できます。
  • 素材の軽量化と外部無重力 部屋のゾーニング内で実質的に無重量の装飾パーティションの製造に材料を使用できるようにします。これにより、スペースが乱雑にならず、可動性が維持されます。

  • 音を分離して修正する機能 レコーディングスタジオの配置で需要のある穴あき音響壁パネルの製造にその用途が見つかりました。
  • 材料の環境安全性, フェノールとエポキシ樹脂は穴あきパネルの製造に使用されていないため、有害な煙を完全に排除します。
  • そしてもちろん、それは見過ごされることはできません 民主的なコスト 将来の名前付き仕上げ材のこの利点のおかげで、穴あきパネル.

穴あきフォトパネル

穴あきパネルの適用分野

穴あきパネルの使用は非常に広範であり、建設、建築、貿易、さらには工業地域を含む多くの産業が含まれているという事実にもかかわらず、穴あきパネルの使用に関する基本的な規定を概説する必要があります.

まず、家具業界で使用するために装飾用の穴あきパネルが作成されました。これは、高級デザイナー家具、布張りおよびキャビネット家具用の装飾インサート(ヘッドボード、専用ドレッサー、ソファ、スライディングワードローブドア、キッチンセット用ファサードの製造)の製造を意味します。および家具の壁)。家具の製造に穴あきパネルを使用することの関連性は、材料の装飾的特性だけでなく、パネルで装飾されたキャビネットに保管された生の皿やリネンに高品質の換気を提供する能力にも起因します。

現在、デザイナーは、穴あき装飾パネルを使用した家具ではなく、インテリアについて話し合うようになっています。インテリアについては、この素材が最もエレガントで収益性が高いと考えています。例えば;

穴あき天井パネルが吊り天井の優れた代替品である天井装飾。特に関連するのは、一定の湿気にさらされる天井を仕上げるための穴あき天井パネルの使用、および穴あき壁パネルの使用と組み合わせて、部屋に好ましい音響環境を作り出すことです。

ラジエーターを加熱するための装飾グリルおよびスクリーンの製造のための穴あきパネルの使用。これは、穴あきHDFパネルが金属と同じ熱伝導率を持っているが、蒸気にさらされたときに変形しにくく、腐食プロセスを受けず、加熱しても有害物質を蒸発させないという事実によるものです。

また、穴あきパネルは、換気と暖炉の火格子を作成するために使用されます。

重要! 天井の仕上げには薄い穴あきパネル(厚さ3mm以下)を使用し、壁の仕上げには厚さ5〜6mmのより耐久性のあるパネルを使用します。.

穴あきHDFパネルは、オフィスのインテリアを飾るためによく使用されるビジネス部門での用途が見出されています。この業界では、これらを使用して、空間の最適なゾーニングを作成し、部屋を快適で効率的に換気され、明るい機能領域に分割します。

見本市や展示会の設備も穴あきパネルを使用して作られていることが多く、展示会スタンドの特別な外観と、展示された製品のサプライヤーの尊敬と美味しさを保証します。

穴あき金属パネル:アプリケーション機能

穴あき金属パネルは、最先端のテクノロジーであるメディアファサードが普及しているビジネスおよび映画業界でもその用途が見出されています。この技術は長い間海外で普及してきましたが、ロシアではその使用が勢いを増しているだけです。.

重要! Mediface -形状とサイズが異なるLEDモジュールで構成される平面構造です。メディアファサードの設計には、透明なファサードスクリーンの下または完成したファサードの上にLEDパネルを設置することが含まれます。ファサードスクリーンの機能は、LED構造を確実に保護する穴あき金属パネルによって正常に実行されます。.

穴あき金属パネルは、対応する木質繊維と同様に、パビリオン、スタンド、その他の商用機器の製造に使用されています。穴あき金属シートを使用することで、フックや棚をすばやく取り外すシステムを正常に実装できます。

穴あきアルミニウムパネルは、そのユニークなデザインのおかげで、広告構造に取り入れられています。もともとファサード装飾用に設計された穴あきアルミニウムパネルは、温度と湿度の急激な変動に完全に耐え、腐食プロセスの影響をまったく受けません。それらの広範な使用は、それらの耐久性、軽量、ならびに組み立ておよび分解作業の容易さによるものです。.

ただし、金属製の穴あきパネルの使用は貿易に限定されません。それらは、空調および換気システムの製造のために、エンジニアリング業界で積極的に使用されています。エレベーター、フィルター、自動車産業の生産も、穴あきパネルを使用せずに完了することはできません。

彼らは、穴あき金属パネルを使用して、ビール機器、油抽出プラント用の装置、製菓工場やパスタショップ用の機器、そしてもちろん、乾燥およびろ過用の機器の製造が行われる食品産業での用途を見出しました。 。.

キッチン用の穴あきパネル:どの素材を好むか?

キッチンやバスルームもそのひとつであり、装飾の際には仕上げ材の選択が難しいものの、改修の過程で穴あきパネルも使われています。この場合の主な問題は、材料の選択だけです。これは、キッチンの微気候的特徴、つまり高温多湿の組み合わせによるものです。さらに、多くの場合、脂肪の滴が壁や家具に付着します。これにより、一定の洗浄剤や洗浄剤に対する材料の耐性が決まります。.

重要! 多くの場合、専門家は、グリースやほこりの粒子が小さな穴に蓄積し、問題があり除去が難しい材料汚染の原因となるため、キッチンでの穴あきパネルの使用を中止することをお勧めします。しかし、この問題は、新しい生産ラインを立ち上げることを決定した現代の専門家によって解決されました-大きな穴のある穴あきパネル。.

しかし、これは材料選択の問題を解決しませんでした。この点で、専門家は、湿気に耐性がなく、洗浄剤に含まれる研磨剤による腐食や損傷を受けやすいため、金属製の穴あきパネルでキッチンを装飾することを拒否することをお勧めします。さらに、それらは煤やほこりの蓄積、および結露の形成から保護されていません。木とプラスチックのパネルは、キッチンを仕上げるための代替オプションになりました。その中で特別な場所は、ラミネートされたパネルで占められています。.

穴あきパネルの操作に関する専門家のアドバイス

  • 穴あきHDFパネルは、個別にカット、ペイント、および他のペイントやワニスでコーティングできます。
  • 塗装する前に、それらを下塗りすることをお勧めします。これは、アルキドプライマーペイントと、ホワイトスピリットで10〜15%希釈したアルキドペイントを使用して行うことができます。
  • パネルは、2層に塗布された水分散または油絵の具を使用して塗装されています。スプレーガンまたは車のスプレーでペイントすることをお勧めしますが、ペイントをスプレーするプロセスでは、パネルを水平位置にする必要があります。
  • 設置を直接実施する前に、穴あきHDFパネルを完成した部屋に24〜48時間放置します。これは、パネルが環境の温度と湿度を受け入れるために必要であり、これにより、パネルの変形がさらに防止されます。

重要! パネルを部屋に置いたままにしている間、パネルの4つのエッジはすべて開いている必要があります。これは、パネルを壁に立てかけることで実現できます。これは、部屋の微気候条件での彼らの好ましい「慣れ」のために必要です。.

  • パネルをフレームに取り付けるプロセスでは、厚さ15%、長さ0.07%以上の許容誤差を実行することが重要です。これは、季節ごとの部屋の湿度の変化に関連しています。これにより、パネルの寸法がわずかに変化し、パネルが変形する可能性があります。.
  • パネルを切断する過程で、専門家は丸鋸(切断が生産規模で行われる場合)と自宅で細い歯を備えたジグソーまたは弓のこを使用することをお勧めします。パネルは前面からカットされています.
  • 穴あきパネルの輸送には特定の特徴もあり、それを守らないと損傷につながる可能性があります。負の温度が低い状態ではパネルが凍結することを考慮することが重要ですが、これによってパネルが損傷することはありません。輸送後は、すぐに開梱しないでください。表面に結露が発生します。これを防ぐために、暖かい場所にしばらく密閉したままにしておく必要があります。.

そして最後に:穴あきパネルを使用した非標準ソリューション

新しい仕上げ材の出現は、現代のオリジナルデザインのアイデアの開発に弾みをつけます。穴あき石膏ボードパネルも例外ではありません。現代のメーカーのノウハウは、形をした穴のある穴あきパネルとその照明を組み合わせたものの製造になり、インテリアデザインに独自のアクセントを生み出します。この素材を使用すると、天井に「星を散らしたり」、繊細なバラの花びらで飾ることができます。インテリアを本当にユニークにするために、光散乱材料から多層構造を作成することができます。バックライト付きの穴あき石膏ボードパーティションを使用して、部屋の適切なゾーニングを実行すると同時に、必要な光のアクセントを配置することができます.

小さな部屋のゾーニングは、穴のあいたパーティションを使用して実行することもできます。これにより、スペースを視覚的に狭めるオーバーヘッドフレームや通信を非表示にし、線や形状を試すことができます。.

これを行うことにより、部屋が異なって、より快適で居心地の良い外観になり、部屋の適切なゾーニングに賭けたことで、「わずか1平方メートル」が完全に機能するようになり、審美的に魅力的な部屋。.