家の建設

レンガの柱で柵を設置する

レンガ柱へのフェンスの設置は、主に優れた性能特性と囲い構造の高強度によって区別されます。また、このような柵は見た目も魅力的で、周囲との調和も良好です。柵のレンガ柱を敷設するための機能とオプションについて、さらに話しましょう.

目次:

レンガ柱のある柵の基礎:特徴と建設技術

レンガの柱は印象的な重量で区別されるため、設置時には、フェンスの下にしっかりとした土台が存在することに注意する必要があります。そうでなければ、構造の沈下は避けられません。.

また、基礎を正しく配置すると、風やその他の機械的ストレスに対してフェンスがより安定します。コンクリートやレンガで作られた柵のセクションを設置する前に、その下の基礎には高品質の防水が必要です.

基礎の主な機能的特徴は、フェンスを確実に保持することです。したがって、セクションはより耐久性が高くなり、崩壊したりたるんだりしません。基礎の深さは、フェンスの高さ、補強の程度、各セクションと柱の重量に基づいて決定されます.

れんが柱の基礎の構造にはいくつかのバリエーションがあります。それらに精通することをお勧めします。

1.基礎はテープタイプです.

最も単純で最も広く普及しているオプション。この基礎は普遍的であるため、あらゆる保護構造に適しています。基礎の幅は、フェンス内のセクションの数によって決まります。このような基礎を作成するには、石、コンクリート溶液の材料(砂、セメント、砂利の形のフィラー、鉄筋)を準備する必要があります。構造をより耐久性のあるものにすると同時に柔軟性のある鉄筋.

以前に行われた計算に応じて、トレンチが装備されています。次に、防水加工を施し、フィッティングを取り付けます。ファンデーションは一度満たすことが望ましいです。コンクリート中の余分な空気を取り除き、構造物の強度を高めるために、コンクリートバイブレーターを使用してください.

最大注入深さは50cmですのでご注意ください。注入プロセスを正しく実行すると、基礎に強度が与えられ、操作時間が長くなります。.

2.柱状型の基礎.

このバージョンの基礎は、土壌の耐性が高い場合に使用されます。柵の支持部分の下にのみ設置されます。柱を取り付けるには、土が凍り始める領域よりも深く穴を開けるドリルが必要になります.

次に、柱を直立させて設置することで、レンガ柱の強固な基盤となります。構造物の強度を高めるために、パイプにコンクリートモルタルを流し込み、鉄筋を設置することをお勧めします。小道具の助けを借りて、柱を固定します。この位置では、コンクリートが完全に固化するまで、少なくとも7日間は固定する必要があります。.

ヒント:柱状基礎の設置は、メッシュや段ボールなどの軽量構造がフェンスの追加要素として機能する場合にのみ可能です。.

3.組み合わせオプション.

このような基礎は、以前のタイプの基礎(ストリップと柱状)の組み合わせです。その構造は、非常に重い柵を配置することが計画されている場合に関連しています.

柱の設置場所に大きな穴を掘り、支柱を設置して流し込みます。残りのセクションでは、標準のストリップ基礎が設定されています。補強材は、柱の下とフェンスの周囲の両方に設置されます。複合基礎-難しい土壌に最適.

4.石の基礎.

石や壊れたレンガは、そのような基礎オプションを装備するのに役立ちます。基礎の利点の中には、追加の補強の必要がないことがあります。また、外側は石や鍛造金属製の柵との相性も抜群です。.

このタイプのファンデーションは、高強度で魅力的な外観を備えています。ただし、このような基礎はメッシュやコンクリートの柵には適していません。.

柵の下のレンガの支柱:基礎を配置するための推奨事項

れんが柱の高い強度と信頼性を確保するには、その基礎を整えるために、いくつかの技術的な推奨事項に従う必要があります。まず第一に、少なくとも400のブランドの高品質のセメントのみを使用することをお勧めします.

この材料は、外部の刺激物、特に霜に対して高い耐性があります。基礎用に準備するモルタルの量は、1つの段階を埋めるようなものでなければなりません.

コンクリート溶液の量を決定するには、基礎の高さ、長さ、幅の値をそれらの間で乗算するだけで十分です。この値に10%の収縮を追加すると、結果の数値は、注がれるコンクリートの立方メートルの数を示します。.

砕石、砂、セメントの比率は2:2:1です。すべての材料は水で満たされ、コンクリートミキサーでのみ混合されます。このデバイスが利用できない場合は、工場で準備された既製のソリューションを注文することをお勧めします。その強度は自家製コンクリートよりもはるかに高いです。.

レンガ柱の写真と設置規則のある柵

れんが造りのテーブルの基盤を整えることは、かなり重要なプロセスです。ただし、完成した柵の品質は、柱自体の設置にも依存します。支柱を基礎面に直接取り付けることはお勧めしませんのでご注意ください。過度の負荷の影響下で、下のレンガの破壊のプロセスが始まります。改札やゲートを取り付けるために設置された柱は、特に高い負荷がかかっています。.

柱を構築するレンガを選択する場合は、赤または正面のバージョンを使用することをお勧めします。支柱の耐久性を高めるには、支柱の内側にスチール製のサポートが必要です。.

これらの目的には、パイプ、コーナー、または鉄筋の形の材料が適しています。.

ヒント:中空柱を設置する場合は、その内部に補強材を充填し、コンクリートを流し込みます.

次に、支柱の周囲にレンガを敷きます。サポートと設置されたレンガの間に形成される空隙は、セメントモルタルで満たされています.

柵の設置は、レンガの柱が建てられた瞬間から20日後に開始されることに注意してください。彼らは必要な強さを獲得しなければならないので。れんが造りの柵の支柱にキャップを取り付けると、過度の湿気が支柱に入るのを防ぐのに役立ち、構造全体の操作時間が長くなります。キャップにはどちらも購入オプションがあり、自分の手で作ることができます。.

レンガの柱が付いている波形の柵

柵を美的に魅力的にすると同時に、その建設に多額の費用をかけないようにするために、レンガの柱と段ボールの組み合わせが使用されています.

これにより、特殊な強度と安定性を備えた構造を得ることができます。作業の初期段階は、計算の実行、プロジェクトの作成、および将来のフェンスのサイズの決定で構成されます。.

柵の自己設計には、ナイロン糸を伸ばす木製のペグが必要です。巻尺を使用して、フェンスの長さが測定され、プロジェクトに記録されます.

敷地内の土の高さに大きな違いがある場合は、いくつかの部分に分割することをお勧めします。各部分で、基礎は異なる深さに配置されます。基礎と土の間の最小距離は10〜15 cmであることに注意してください。計算後、基礎の下に溝を掘ります。標準的な深さは約50cmで、支柱が設置されている場所では、トレンチは少なくとも100cmの距離まで深くなります。トレンチの深い拡張はフェンスの全長に沿って行われることに注意してください。したがって、構造を破壊する可能性のある土の隆起を回避することが可能になります。レンガ柱の設置場所には、補強された支柱が設置されており、その基部は鋼の角で固定されていることに注意してください。それらは、レンガ柵の支柱を建設するためのフレームになります.

基礎を掘ったトレンチの内側には補強材が設置されており、さらに補強されています。型枠の製造には、エッジのあるボードが使用され、そのサイズはトレンチの内部サイズに対応します。大量のコンクリートの影響で基礎が変形しないように、型枠は表面にしっかりと固定する必要があることに注意してください。.

レンガの柱のある柵の土台が長く使えるようにするためには、プラスチック性の高いコンクリート組成物が必要になります。したがって、主な組成物に石鹸または特殊な可塑剤を加えることをお勧めします。最初のオプションは、最大0.2%の溶液の比率で石鹸を追加することを含みます。可塑剤の添加回数は、メーカーの指示に従って行われます。.

レンガの支柱を備えたテープフェンスの構築の次の段階では、段ボールが固定されるフレームを溶接します。これらの目的のために、アーク溶接と成形鋼管が必要になります。事前に取り付けられた鋼管には、プロファイルの2つの平行なセクションが取り付けられています。1つは上部に、もう1つは下部にあります。溶接の各段階は建物レベルでチェックされることに注意してください。フレームを取り付けた後、防食液でコーティングし、塗装します.

レンガで柱に面するためのさらなる作業が行われています。溶液が完全に固化した後、敷設が行われる助けを借りて、段ボールが取り付けられます。ソリューションには、平均レベルの可塑性が必要です。段ボールの色に合わせて装飾用のスチールキャップを取り付けると、完成した柵の魅力が大幅に高まります。.

レンガの支柱で柵を飾るためのパネル

レンガを模倣したプラスチック製のポールは、フェンスを構築する際の時間とお金の両方を大幅に節約できる優れたソリューションです。このような柱は、ほとんどの場合、段ボールや木で作られた柵に設置されます。.

れんが造りの柵の支柱の模倣には、次の利点があります。

  • 時間の節約-パネルの設置とサポートをレンガに向けて設置作業を調整すると、最初の操作を完了するのに必要な時間は、レンガの柱を設置するコストの9〜10分の1になります。
  • 設置の容易さ-設置作業中、特別な機器、溶液の混合、特別な作業スキルは必要ありません。さらに、作業は一年中いつでも実行されます。
  • パネルは構造物に負荷をかけず、軽量であるため、高価な基礎は必要ありません。したがって、移動する土にポールを設置することもできます。
  • パネルの美的魅力はレンガのそれと同じですが、時間の経過とともに色あせたり、外観が変化したり、湿気や温度の変化に耐えたりすることはありません。
  • 用途の多様性-フェンスの内側と外側の両方にパネルを設置することが可能であり、さらに、あらゆるタイプの気候で使用される、希望の色合いで簡単に塗装できます。
  • さらに、ファスナーのみを購入する必要があります。残りの要素は、オーバーレイを含め、ポストの一部です。.

ポールの保証期間は6年以上です。ただし、プラスチックパネルを選択する際は、すべての規格と製品品質への適合証明書の存在に基づいて、偽造品に注意してください。パネル製造の主な材料はポリプロピレンです。環境への配慮と優れた性能が特徴です.

1枚のパネルを取り付けるには30分で十分ですが、パネルを分解するには同じ時間が必要になります。パネルは持ち運びが簡単で、特別な機器や設置用の機器は必要ありません。高速で高品質のフェンス建設に最適なオプション.