家の建設

型枠を自分の手で適切に位置合わせして修理する方法

取り外し可能な型枠の修理は、定期的に実行する必要がある重要なプロセスです。これを行うのは非常に簡単です-いくつかの構築ツールとテクノロジー自体の基本的な理解があれば十分です。この記事では、型枠を適切に水平化し、操作し、解体し、保管する方法について説明します。.

堅固な構造-堅固な基盤

基礎は全体の構造の基礎です。住居の耐久性と強度は、その構造の品質に依存します。家の土台を配置するとき、型枠は重要な役割を果たします。その主な任務は、建設中の構造物に最大の強度を与えることです。この場合、型枠はいくつかの要件を満たす必要があります。

  • 砂コンクリートモルタルの圧力に耐える構造の能力;
  • 基礎に望ましい形を与える;
  • 作業溶液の拡散を防ぐ.

建設中、2種類の型枠が最も頻繁に使用されます:取り外し可能とモノリシック.

取り外し可能な型枠はかなり実用的なオプションであり、作業溶液の硬化または最終固化後に一時的な構造を解体することを意味します。このような型枠を使用すると、コンクリートを充填するためのさまざまな構成を形成し、多層構造のフレーム、階段、外装および内装の装飾要素を装備することができます。.

取り外し可能な型枠は、合板または金属シート、無垢材またはポリ塩化ビニルでできています。材料は、コンクリートモルタルへの接着力が弱い必要があります。保持構造を解体した後、必要に応じて、基礎型枠が修理され、材料は再利用できるようになります.

固定型枠システムは、モルタルが硬化すると、建設中の構造物の一部になります。このタイプの型枠の配置には、さまざまな断熱材が使用されます。その結果、多層壁が形成され、硬化したコンクリートが構造の強度特性を担い、断熱層が熱伝導率を低下させ、建物内の熱を保持するのに役立ちます。恒久的な型枠は、湿気からコンクリートを効果的に保護します.

型枠を修理する必要性

今日、家を建てるとき、型枠を自分で作る必要はありません-あなたはそれを借りることができます。このオプションは、型枠を最初から作成するよりも安価な場合があります。型枠レンタル会社は、プロジェクトの技術サポートを提供することがよくあります。

  • 専門家の訪問と型枠の設置の支援。
  • 型枠パネルの保管、解体、および部分的な修理に関する技術的な推奨事項の提供。
  • 要素数の計算と詳細なレイアウトの開発.

型枠の修理は、建設工事中または工事後に必要になる場合があります。再利用する前に、型枠を検査する必要があります-それは均一な形状を持ち、きれいでなければなりません.

重要!使用頻度や型枠の種類に関係なく、修理はタイムリーに実施する必要があります。天井や壁の型枠が損傷していると、建築業者の作業が複雑になり、建設中の構造物の品質が低下します。.

型枠システムの再構築には何が含まれますか?

モノリシック構造の型枠の軽微な修理は、建設現場で行われ、次のようなものがあります。

  • 木製/複合型枠の個々の要素の変更;
  • 金属シールドの小さな変形の調整。
  • 型枠表面の清掃;
  • ねじ山接続の潤滑と型枠修理用のシーラントによる処理.

深刻な機能不全は、技術ワークショップで床型枠、壁の修理を必要とします。利用可能なツールのみを使用してスチールシールドを固定または交換することはできません-修理には特別な機器が必要になります.

型枠の資本再建により、耐用年数が50%延長されます。専門会社は、壁と基礎の型枠の複雑な修理を実行する準備ができています。同時に、多くの企業が型枠の取り外しと修理された建物構造の納品の費用を負担しています。.

型枠を床から適切に取り外す方法

型枠を将来使用するためには、型枠の取り付けだけでなく、取り外しも正しく行う必要があります。スラブストリッピングは、次のルールに従って実行されます。

型枠を取り外すためのおおよその用語を表に示します。.

一般的なストリッピング手順:

  • ネクタイとサポートを交互に分解すると同時に、足場ラックを下げます。
  • 別々のセクションでのサポートの分解。同時に、サポートの残りの要素の安全性と安定性を制御することが重要です。
  • 型枠パネルのコンクリート表面からの分離.

重要!剥ぎ取られたスラブは、コンクリート構造物が設計強度に達した後にのみ荷重をかけることができます。.

再利用のための型枠の準備

取り外し可能な型枠は、欠陥がないかチェックし、再利用する前に準備する必要があります。推奨されるアクティビティは次のとおりです。

重要!コンクリート溶液を注入した後に検出された変形(クランプの破裂、構造要素の座屈)は、型枠に充填してから3時間以内に除去する必要があります。この時間以降、コンクリートの強度を低下させないように、囲い構造への介入は禁止されます。.

DIYの家の型枠修理:ビデオ

型枠を基礎の下に水平に配置する方法

家を建てるときは、基礎の土台と側壁ができるだけ均一になるように管理することが重要です。これらの基準は、断熱材が設置されている場合に特に重要です。凸状の場所や穴が許される場所では、壁材を定性的に配置することはできません。形成された空洞に湿気が浸透し、壁が内側から徐々に崩壊し始めます。.

基礎の水平面を水平にするには、いくつかの材料とツールを手元に用意する必要があります。

  • ハンマー、シャベル、こて;
  • 補強メッシュ-5cmを超える高さの違いをなくすために必要になります。
  • 木のボード;
  • セメント砂モルタルの成分;
  • 建物の外皮のレベルを制御するためのツール.

ストリップの基礎を水平にします。ベースの水平を修正するには、側壁に沿って型枠を「構築」する必要があります。 5cm以上持ち上げる場合は、補強メッシュで構造物を補強する必要があります.

境界アライメントの高さをマークする方法はいくつかあります。

柱状基礎の位置合わせ。レンガ、パイプ、またはコンクリートの柱状基礎の水平位置は、ストリップベースと同様に調整されます。型枠は建物に使用されます。柱の表面は1つの水平面に位置合わせされます。大きな違いがありますが、型枠を強化する必要があります.

金属パイプの基礎は、最低の高さに関して同じです。余分な材料はグラインダーで切り落とされます.

型枠の保管に関するアドバイス

型枠システムの動作の耐久性は、その保存と輸送の条件に大きく依存します。シールドは乾燥した倉庫に置かれ、負の自然要因や機械的損傷の影響から保護されています。.

複合型枠または鋼型枠は、コンクリートベースを備えた密室に配置されます。小さなシールドは2段に収納できます。ビームまたはボードは、層間に配置する必要があります。大型パネルは1段に積み上げられています。スクラップ、ラック、その他の機器は、装備された棚に保管されます。さまざまな小物が箱に詰められています.

木製の型枠をカバーの下に保存することができます。雨や地下水が停滞しない高台に倉庫を設置することをお勧めします。シールドは一方向に積み重ねられます。地面には、厚さ約20cmの梁で作られたスペーサーを配置する必要があります。スタックの高さは最大2メートルです。.