家の建設

丸太伐採:方法、長所と短所

ログハウスから建てられた家は、主に環境への配慮が特徴です。空気が新鮮で、雰囲気も心地よいので、このような部屋にいるのは楽しいことです。ログハウスを丸太から伐採する技術はいくつかありますが、ログハウスを自分の手で伐採することの長所と短所についてお話します。.

目次:

丸太伐採:利点と技術

すべての規範と技術が順守された伐採中のログハウスには、次の利点があります。

  • それでできている部屋の高い環境への配慮-同時に、木は湿度と温度の調節因子であり、湿度が上がると木は湿気を吸収し、減少するとそれを与えます。冬はログハウスでとても暖かく、夏は涼しいです。

  • ログはフィルターとして機能します-攻撃的な外部環境から部屋を保護します。
  • 壁の外観自体が魅力的であるため、ログハウスから家の追加の室内装飾を行う必要はありません。
  • 屋外の装飾のために、それを長期間保存する特別な混合物で木を覆うことで十分です.

自宅での手作業による切断は、時間と費用の両面でコストのかかるプロセスです。この建設技術を実現するには、豊富な経験が必要です。この場合のみ、満足のいく結果が得られます。.

建設作業の開始時に、ログは指定された直径に関連して選択されます。このプロセスは非常に骨の折れる作業ですが、構造全体の完全性、均一な収縮、建物の外観は丸太の接合部の品質に依存するため、必須です。.

ログハウスの写真:

次の、それほど重要なステップは、家を建てるために必要なログの処理です。すべての丸太は研磨され、吠えられ、削り取られます。外部刺激に対するログの最大の安定性を確保するために、最大50mmの層がログから削除されます。ブロックハウスが均等に上昇するためには、最初のクラウンを正しく配置する必要があります.

建設の最終段階では、ログハウスを着色含浸剤で外部処理します。これにより、木材の自然な品質が向上し、紫外線から保護されます。.

ログ伐採:基本的な方法-簡単な説明

1.野生の丸太や暗い森からの建設は、樹皮から剥がした木の幹を使用することです。斧と平面は丸太を切るのに使われます。各バレルは、徹底的に、専ら手作業で粉砕および処理されます。同時に、ログハウスの溝、ロック接続用部品、その他の要素が切り取られます。.

この技術を使用する主な利点は、処理後、丸太がより圧縮された性質の保護木材を含むという事実です。これは、外的要因に対する丸太の耐性を向上させるのに役立ちます。この技術を実装するには多くの時間と労力がかかりますが、家の結果と耐用年数はすべてのコストを完全に正当化します。.

2.丸太の使用は、直径200〜500mmの丸太から家を建てることが特徴です。この場合、最も成功するのは溝の接続です。丸太の製造には、高密度の木材が使用されます。樹木を収穫する場合は、12月から3月までの期間を選択してください。乾燥技術はログハウスで行われます。ひび割れを防ぐために、水分が跡形もなく蒸発するのを助けるために、補償目的でカットを装備することをお勧めします。丸みを帯びた丸太を製造するプロセスでは、次の伐採方法が使用されます。

  • カナディアンボウル方式-各丸太にセルフウェッジタイプの接続要素が存在するという最も重要な利点があります。したがって、丸太は互いに非常に緊密に隣接し、高密度で優れた熱を備えたコーナージョイントです。断熱特性が形成され、収縮後に隙間が形成されない、シーラントの使用を必要とするコーキングの場合、この技術を使用して家を建てるのは高価ですが、高品質で完全に正当化された手段です。

  • 最も一般的でアクセスしやすいタイプの伐採はロシアのボウルの使用です。このタイプの伐採では、半円の形をしたクラウン溝のある丸い形の切りっぱなしの丸太を使用する必要があります。角を折るには、三日月形にボウルを切り、丸太を200〜400mmに残します。ログハウスを製造するこの技術は、最高の強度特性を備えています。.

ロギング方法とテクノロジー

古代の大工が所有していたロシアの伐採の主な方法に精通し、建設プロセスで使用される建築材料、建物の種類、その目的、気候および救済の特徴を選択することをお勧めします地域などを考慮しました。.

接続の主な要素を強調表示する必要があります。

  • 鍵;
  • いばら;
  • 溝;
  • ダボ;
  • くさび形の切断;
  • 溝;
  • ボウル.

1.ゴキブリを切る.

この種の伐採は、丸みを表す古い言葉から来ています。切断に適した丸太の極端な部分は、切断後に丸みを帯びた、またはお椀型になります。後続の各ログは、前にカットしたお椀型の接続に直接配置されます。敷設された丸太には、お椀も切り落とされ、こうしてフレームが作られます。上部の生地を下部の生地にしっかりとフィットさせるために、縦方向または半円形の溝または溝がそれらの1つで選択されます。ログハウスの最終組み立て後、コケが溝に置かれ、亀裂のシーラントとして機能します。丸太の接続強度を高めるために、丸太の端部から一定の距離を置いてボウルを配置しています。ログハウスの突き出た部分を残りと呼び、ログ同士の粘り強いつながりが生まれたおかげです.

残りの長さが長いほど、接続の強度が高くなり、ログハウスの建設に必要な材料が多くなります.

ボウルと溝を切るには2つの方法があります。最初のオプションでは、下の丸太の表面でそれらを切り取り、2番目のオプションでは上の丸太でそれらを切り取ります。 2番目の伐採方法の使用は、より高い信頼性によって特徴付けられます。この場合、溝の内側に沈殿物が入らないため、樹木が濡れたり、変形したり、倒れたりすることはありません。この種の伐採で作られたログハウスは100年以上続くでしょう.

このようなログハウスの建設に携わる人は、上部の丸太の表面で4つのボウルを切る際に最高の精度を守る必要があります。各丸太の形状は円筒形であるため、この技術で接続された2つの丸太は、2つの交差する円柱のように見えます。それらは複雑で閉じた交差線を持っており、そのような曲線を作成するには、非常に一生懸命働く必要があります。さらに、落書きや線の形の特別なツールが必要です。.

下の丸太の表面でボウルを切るとき、線は上の丸太の直径の半分だけ離れて移動します。さらに、一方の端で上部の丸太に接触し、もう一方の端で下部の丸太に接触するように設置されています。鋭い爪の表面が下に導かれ、上部の爪が上部の丸太の上を滑る.

斧または釿は、下の丸太のボウルを切り取るために使用されます。まず、大きな木片を切り落とします。これは、マスターの打撃の正確さによるものです。マスターが事前に描かれた線に近づくと、彼は注意して作業を開始し、徐々に木の小さな層を取り除きます。.

2.黄土色の木材に切り込む方法も古くからあります。それは丸太にあるある種の伐採で構成されています。この伐採方法の技術により、上下の丸太を長方形にしながら伐採する必要があります。同時に、接合部の強度は大幅に向上しますが、締まり具合が低下します。この方法は、高品質の森林がなく、小径の丸太から建物が建てられている場所で一般的です。さらに、この接続オプションは、最初または最初の3つのクラウンを配置するときに人気があります。 ochryankaに切り込む方法は、別棟や非暖房目的の建物の建設に適しています。.

3.足を切る方法は、15世紀から知られています。ログの残留物のない接続を前提としています。オーバーヘッドボードは、端のセクションを縫うために使用されます。それは4本のロープの梁に基づく木造建築物の建設に使用されます。この伐採方法は、以前よりもはるかに複雑で、大工の経験が豊富な職人だけが行っています。ログの正確な計算とマークアップを実行する必要があります.

4.伐採の貫流法では、より大きな直径の丸太の間の隙間に設置された薄い丸太を使用して、構造全体を調整します。インストールされたログは両側から事前にカットされています.

5.丸太をしっかりと接続する必要がないが、丸太の間に小さな隙間があれば十分な場合は、切断を使用します。この方法を使用して、ミルが装備されました.

6.柱伐採法は、家屋の配置を伴う。 4本の丸太が柱の形で地面に設置されていますが、それらは以前に溝を準備して切りました。ログの端のセクションには、ほぞ溝接続を形成するスパイクが装備されています.

7.ロシアの伐採の針法は、片側の直径が反対側の直径の2倍である丸太の存在下で使用されます。この方法の助けを借りて、別棟も建てられます。彼らの強いつながりのために、この方法が開発されました。丸太は大きい方から小さい方に交互に積み重ねられます。バットセクションを接続するために、混獲法が使用されました。この場合、丸太の細い部分が切り取られて針の形になり、2番目の丸太の厚い部分に取り付けられました。.

8.棒から壁を切るために、包帯に切る方法が使われます。 1つのバーにスパイク接続が切り取られ、2番目のバーに溝が切り取られています。リムの変位を避けるために、ブレースを使用してバーに穴を開けます。それらはピンに打ち込まれ、構造の強度を確保します。.

9.半材伐採-4本ロープタイプの梁を編む過程で使用されます。ジャンクションでは、ビームは中央にカットされ、トリムを使用して劈開されます。クラウンを相互に固定するために、ピンとほぞ溝タイプの接続が使用されます.

手作業による伐採:カナダの技術

カナダの伐採技術に従って作られたすべての家は、手作業でのみ行われています。この伐採方法には多くの利点がありますが、その主な利点は、木の外観、つまり辺材が建物内に完全に保存されていることです。この層の厚さは5センチメートル以下ですが、それは木材にとって非常に重要です。最高の強度が特徴であり、外部環境の悪影響から木の信頼性の高い保護を提供するのはこの層であるため.

辺材が保存されているため、カナダの技術を使用して作られた建物の耐用年数は大幅に延長されます。建物内の熱伝達が改善されています。冬は辺材から熱が逃げず、夏は涼しさです。.

この伐採方法はロシアで発明されましたが、カナダでは徐々に普及したため、そのように名付けられました。.

カナダのハンドカットログハウスの利点:

1.各丸太の慎重な選択、徹底的なサンディング、手動シェービング.

2.すべての作業はすべて手作業で行われます.

3.丸太の高精度フィッティングの使用、最小限のギャップさえない、固体配列の形の壁の魅力的な外観、背後には断熱材の表面が見えない.

4.建物全体の寿命にプラスの効果をもたらす外側の木層の保存.

5.カビ、カビ、紫外線、湿気に対する高い耐性.

6.室内空気の自己ろ過、独特の室内気候の作成.

7.外観の魅力、各丸太には個別の曲がりがあります.

8.カナダの伐採技術に従って作られた家の耐用年数は100年を超えています。.

カナダの伐採技術は、カップにナッツが存在することにあります。さらに、カナダの技術は、家が断熱されているためにとげの存在を想定しており、収縮した後でも、建物に亀裂は現れません。.

カナダの伐採は、精密な丸太と台形のボウルの形に基づいています。これにより、強度と耐久性に優れたセルフウェッジジョイントが誕生しました。.

大規模で大規模なログからカナダの技術を使用してログハウスを構築する方がより有益です。建物の運用を開始する前に、建設後、少なくとも12か月、できれば24か月待つことが不可欠です。.

ログキャビンビデオ: