家の建設

日曜大工のマンサード屋根の建設

カントリーハウスの利用可能なエリア全体を効果的に使用するために、多くの所有者は屋根裏部屋を装備しています。これを行う際には、特定の方法で屋根を配置する準備をする必要があります。本質的に、屋根裏部屋は変換された屋根裏部屋であり、特定の設計ソリューションと断熱材と屋根のいくつかの変更が必要です。一般的に、カントリーハウスのマンサード屋根の建設は、他のタイプの屋根の建設と大差ありません。しかし、屋根裏部屋の屋根の操作上の特徴とそれに課せられた要件のために、このタイプの屋根を配置することの詳細についての知識と理解を持っている必要があります.

マンサード屋根の種類

他の建設作業と同様に、屋根裏屋根の建設は、設計段階と、構造、そのタイプ、およびタイプに最適な屋根裏屋根の選択から始まります。屋根裏部屋には、単ピッチまたは普通の壊れた切妻屋根が使用されます。さらに、使用される材料と屋根自体のデザインの特徴は、屋根の外観に影響を与えます。.

建物自体の構造的特徴に応じて、屋根裏部屋の建設中にいくつかの標準的な屋根ソリューションが使用されます。. マンサード屋根:写真と説明

シングルレベルの屋根裏部屋の切妻屋根

  • 切妻屋根 シングルレベルの屋根裏部屋用。このオプションは、屋根裏部屋が配置されている従来の切妻屋根です。設計と建設の間、計算の単純さとトラス構造の建設の作業の容易さのために大きな困難はありません。この屋根構造の主な欠点は、天井がかなり低い小さな屋根裏部屋です。.

単一レベルの屋根裏部屋用の傾斜した切妻屋根

  • 傾斜した切妻屋根 シングルレベルの屋根裏部屋用。屋根裏部屋の通常の切妻屋根とは異なり、壊れた構造は、異なる角度に配置された4つの傾斜面を使用します。このタイプの屋根構造は、設計と構築がやや困難ですが、その明白な利点は、フルサイズのインテリアです。.

船外コンソールを備えたシングルレベルのマンサード屋根

  • シングルレベルのマンサード屋根 船外機付き。このタイプの屋根の構造は、以前のものと比較してより複雑です。しかし、広々とした部屋と本格的な垂直窓は、設計と建設の複雑さの欠点を補います。このような屋根のある屋根裏部屋の設計上の特徴は、家の片側の1つを超えた変位と拡張であり、屋根は片流れの屋根のように見えます。.

混合サポートタイプの2レベルマンサード屋根

  • 2階建てのマンサード屋根 混合タイプのサポート付き。このタイプの屋根は、設計と構築が最も困難です。このような屋根は、部屋が複数レベルに配置されているため、全体として家と組み合わせて設計されています。.

マンサード屋根装置

さまざまな天窓の屋根のデザインは、デザインの点で従来の傾斜屋根と大差ありません。もちろん、特定のデザイン機能がありますが、一般的には切妻またはシングルピッチと同じであり、次の主要な要素で構成されています。

マンサード屋根装置

•• 屋根. さまざまな気象条件に対する保護として機能する屋根の外側部分.

•• 旋盤. ほとんどの場合、屋根が取り付けられている木の板、および断熱材.

•• リッジラン. 垂木構造全体の上部.

•• 垂木. これらは屋根構造全体の補強材であり、重ねて吊るすことができます。屋根裏部屋の屋根には、層状の垂木が使われています。.

•• マウアーラット. この構造要素は、外壁の周囲に沿って配置され、特殊な留め具を使用して壁に接続された梁で構成されています。垂木構造全体がマウアーラットに取り付けられています.

•• 対角線の関係. 垂木構造全体の信頼性と強度を確保するために、垂木は斜めのタイまたはベベルを使用して縦梁と垂直支柱に接続されます.

•• 内部サポート. 屋根の安定性を確保するために、垂木および/または棟桁は垂直梁で支えられています.

•• 絶縁層. 屋根裏部屋の屋根と内部の建物は実質的に1つの全体であるため、温度と湿度の条件を維持するために、屋根と部屋の壁の間に多層断熱ケーキが置かれます。断熱材は、防水と防湿、遮音と遮音、および断熱材の厚い層で構成されています。さらに、屋根裏部屋の屋根を適切に断熱することも、屋根自体を保護するために重要です。.

マンサード屋根の建設技術

マンサード屋根を設計および建設するとき、多くの建築業者や設計者は、無意識のうちに、または何らかの形で仕事をしているときに、断熱、換気、垂木の構造に重大な間違いを犯します。その結果、マンサード屋根ができました。これは、文字通り2シーズン後に使用できなくなり、真菌やカビが発生し、屋根が漏れ始めたり、完全に崩壊したりします。これは、マンサード屋根の建設技術の違反が原因で発生します.

屋根裏部屋の屋根は内部空間の壁に最大限に引き付けられ、この場合、優れた熱伝達率を得るのは非常に難しいため、屋根裏部屋の屋根の構造全体が優れた断熱性、換気性を備えている必要があります難燃剤で処理された木材を使用して適切に建てられた垂木構造.

屋根裏の屋根要素

屋根裏部屋の屋根が信頼性が高く耐久性があるためには、次のことを知っておく必要があります。

  • 垂木の厚さは250mm以上でなければなりません。このような垂木には、接着された梁を使用できます。
  • 湿度が上昇しても特性が失われない断熱材として材料を使用してください。たとえば、押し出し発泡スチロールまたは発泡ガラス。
  • 屋根と断熱層の間で、通気孔とフードを備えた本格的な換気を行い、屋根の表面全体の下を空気が循環します。
  • 内側では、断熱材の表面全体に沿って、防湿層を装備する必要があります。
  • 垂木の外側には、屋根の下に防水層が敷かれ、必要に応じて遮音層が敷かれています。.

このような要件は、特定の自然現象および物理現象によるものです。しかし、まず最初に:

垂木の間に20cmの厚さの断熱層を敷設する可能性があるため、垂木の厚い厚さが必要であり、これは、垂木が保持する屋根構造全体の質量の増加を伴います。彼ら自身.

構造全体の木材は、SNiPの厳格な要件である火災や微生物から保護するために特別な手段で処理されています。これにより、カビによる損傷を防ぎ、耐用年数を延ばすことができます。.

ミネラルやグラスウールなどの人気のある素材を断熱材として使用すると、設置の利便性と構造全体の軽量化でしか勝てません。しかし、脱脂綿は、それが何であれ、スポンジのように水やケーキを吸収し、断熱性を失う脱脂綿です。ポリスチレンと発泡ガラス以外の材料を選択する場合は、湿気に対する完全な耐性、低い熱伝達係数、および比較的軽い重量に焦点を当てる必要があります。.

私たちの緯度では冬は非常に寒く、夏は非常に暑いので、20cmの断熱材の厚さが必要です。そして、屋根裏部屋のデザインの特徴は、冬には大きな熱損失があり、夏には部屋が急速に暖まるということです。断熱材の大きな層は、熱の損失と内部への浸透を防ぎます。しかし、これは理由の1つに過ぎず、2つ目は屋根の安全性です。事実、冬に敷地を離れる熱は、雪の層が横たわっている屋根を加熱し、部分的に雪を溶かします。雪は自然の断熱材です。氷点下で溶けた雪は、断熱性のない氷になり、屋根が重くなり、最終的に屋根自体が破壊されます。また、1日で最大100回の解凍と凍結のサイクルが経過する可能性があるため、屋根材は1シーズンで破損します。夏になると、部屋は非常に暑くて蒸し暑くなり、エアコンが1つか2つ必要になります。しかし、これらの不便さは、正しい断熱材の厚い層を装備することによって回避することができます。.

マンサード屋根の換気

完全な屋根の換気はそれほど重要ではありません。夏と冬の両方で屋根を冷やすのに役立つだけでなく、屋根の下から余分な湿気を取り除きます。これらすべてが屋根裏部屋での快適な生活を提供し、カビ、菌類、腐敗の出現から保護し、さらに冬の破壊から屋根を守ります.

蒸気、水力、遮音に関しては、すべてが簡単です。防湿層は、余分な湿気が建物の側面からそれ自体を通過することを可能にし、外部からの侵入を防ぎます。防水は、断熱材と部屋を偶発的な湿気の侵入から保護します。また、遮音性により、雨、雹、風が屋根の表面に当たる際の騒音レベルを低減します。.

マンサード屋根の段階的建設

屋根裏部屋の屋根を作成するためのすべての作業を実行するには、この分野の建設業者からの経験が必要です。従来の傾斜屋根とは異なり、マンサード屋根を自分の手で建てるのは、屋根自体に角度の付いた窓が配置され、斜面の構造が壊れているため、やや困難です。自分の手でマンサード屋根の建設を行うには、次の作業段階を順守する必要があります。

設計

トラスシステムの種類

最初に行うことは、屋根プロジェクトを開発することです。これを行うには、専門家に相談するか、コンピューターを上手に使いこなせる場合は、建築プログラムですべてを自分で行うことができます。また、この段階で、必要な荷重、屋根の傾斜角などの計算がすべて実行されます。すべてを正しく行うには、SNiP「負荷と影響」などのドキュメントに必要な情報を申請する必要があります.

垂木フレームの架設

この段階の作業は最も骨の折れる作業であり、マンサード屋根を自分の手で高品質に作るためには、3〜4人の協力が必要になります。屋根裏屋根の建設は、100×100 mmの断面の梁を使用して、家の周囲全体にマウアーラットを敷設して固定することから始めます。.

マンサード屋根の建設写真:

マンサード屋根フレーム構造

その後、屋根裏部屋のフレームを設置し、そのラックは垂木構造のサポートとしても機能します。これを行うには、ラックが置かれる縦方向の梁のセクション以上のセクションを持つバーを使用します。最初のステップは、建物の最初と最後に垂直支柱を設置することです。特殊な型押しされた金属コーナーとセルフタッピングネジを使用して、それらを縦ビームに固定します。すべての固定作業を容易にするために、ドライバーを使用しています。次に、ラックの上にジャンパーを配置して修正します.

ネイルプレート

結果として得られた2つのアーチの間でコードを引っ張ります。すべてが正しく行われた場合、それは厳密に地平線に沿ったものになります。そうでない場合は、アーチの1つを分解し、少し切り取ってから再取り付けする必要があります。今、伸ばされたコードに沿って、垂木のために提供されているステップで同様のアーチを設置します。得られたアーチをジャンパーで接続し、ジャンパーを刻印されたコーナーまたはネイルプレートで固定します.

屋根裏屋根の下垂木の設置

未来のインテリアのフレームを組み立てた後、垂木の設置に進みます。傾斜角が最も大きく、屋根裏部屋のフレームと同じ高さにあるものから始めます。ここでは特に問題はありません。垂木梁は計算された希望の長さに切断され、梁の基部に溝が切り取られてマウアーラットに取り付けられ、上部が特定の角度で切断されます。次に、各垂木が所定の位置に取り付けられ、主要構造物に固定されます。.

屋根裏屋根の上部垂木の設置

次のステップは、上部垂木を取り付ける必要があるため、もう少し難しいです。難しいのは、構造全体の特定の角度と中心を観察することです。タスクを容易にするために、最初に2つの長いボードからテンプレートを作成して、将来接続される垂木を正確に繰り返すことができます。このテンプレートを使用して、地面で垂木を切り、所定の位置にセットします。垂木の設置アルゴリズムは、内枠のアーチと同じです。.

マンサード屋根の旋盤の設置

トラス構造の設置の最後に、木枠を釘付けします。旋盤加工には、通常のボードと合板またはチップボードのシートの両方を使用できます。これはすでに屋根材の種類に依存します。.

絶縁ケーキを作る

垂木と旋盤を設置した後、絶縁層の作成に進みます。これを行うには、まず、垂木の内側に防湿材を置き、ステープルで垂木に固定します。次に、断熱材を敷き、垂木の近くにあり、隙間がないことを注意深く確認します。断熱材の上に、50 cm刻みで、すべての断熱材を保持する木枠を埋めます.

マンサード屋根の屋根

垂木の外側には、偶発的な湿気の侵入を防ぐ防水層を敷きます。最後に、防水の上に屋根を置きます.

マンサード屋根の建設:ビデオチュートリアル

既製の屋根裏屋根プロジェクトの多様性は非常に広範囲です。それらは、窓の有無にかかわらず、丸みを帯びているか、厳密に真っ直ぐで、1つまたは複数の傾斜があります。しかし、屋根裏部屋の屋根が何であれ、その建設には建設の達人の知識とスキルが必要になります。.