家の建設

基礎の複合補強:長所、短所、用途

最近まで、金属棒は最も信頼性が高いだけでなく、あらゆる目的で建物の基礎の堅固な「骨格」を作成するための唯一の受け入れ可能なオプションであると考えられていました。問題の資料は昨日表示されませんでした(70年代の終わり以来、その適用の経験への言及がありました)。しかし、複合補強材は人気が出なかったので、私たちの国ではしばらくの間忘れられていました。しかし、海外では積極的に使用されていました。したがって、コンクリート構造物を補強するための複合ロッドの成功した使用について話すことができます。そして、そのような構造の強度と安定性を判断することは、根拠のないものではなく、事実に基づいて得られます.

コンテンツ:

悪意のある製造業者と販売業者からのいくつかの神話

ガラス繊維強化材は、(結局のところ)新しい材料ではありませんが、ほとんどの消費者にはなじみがありません。広告がそれをイノベーションとして位置づけているという事実は大したことではありません。さらに悪いことに、潜在的な顧客の無知を利用して、製造業者が製品の販売価格を引き上げようと試み、その複合補強材のユニークな特性を指摘します。.

複合補強写真

普通の民間の開発者が少しずつ情報を収集し、プロパティやアプリケーションの機能に精通し、大規模な建設会社が金属ではなく複合に切り替えるときに予算の収益と支出の側面の誤算に従事している間、噂は成長と増殖。そして、彼らは合理的で正直な答えを必要とします。.

最も一般的な神話の1つは、今すぐ明らかにすることができます。.

  • 外部的には、この建築材料は、さまざまな色合いの黄色(グラスファイバー製の場合)またははっきりとした黒(玄武岩が使用されている場合)のライトロッドです。しかし、さまざまな色合いの着色顔料を追加するなど、外観をより魅力的にする試みにより、着色されたフィッティングを市場に出すことが可能になりました。そしてすぐに神話が現れました: これらの添加剤はロッドを簡単に着色しませんが、材料の特性を改善する特別なコンポーネントです. 真面目なメーカーは明確な答えを出します:色は複合補強材の品質に影響を与えません.

  • 色を使ったそのような実験の背後にある表現を改善することに加えて、非常に高貴な衝動もあります:さまざまな直径のロッドを選択すること.

建築材料の規制文書を読むことは、不正な売り手のトリックに陥らないようにするのに役立ちます.

複合補強材の適用

複合補強材は、低層ビルの基礎を築く分野で、金属製の鉄筋から徐々にスペースを獲得しています。ガラス、炭素、玄武岩、またはアルミード繊維がその生産の基礎として採用されています。それらはポリマーの添加により互いに結合します.

ガラス繊維強化材は滑らかな棒の形で製造することができますが、ガラス糸で作られたスパイラルラップを追加した場合、注がれた溶液とのより確実な接着が提供されます。したがって、2番目のオプションを優先することをお勧めします。.

専門家は、複合補強の多くの利点を挙げています。

  • 軽量化による輸送と使用の容易さ。さらに、設置時に溶接は使用されません。
  • さまざまな攻撃的な環境の影響に対する耐性。
  • 耐食性;
  • 抗張力.

基礎を作成するには、特定の直径の複合補強材が必要です。セクションは、オブジェクトごとに個別に計算されます。それは階数、プロジェクトの複雑さ、および他の多くの理由に依存します。同時に、同じ直径の金属棒に強度をもたらさない一方で、複合補強材の重量を軽くすることが重要です。.

複合基礎補強

  • 基礎を敷設する場合、複合棒は鋼棒と同じように使用されます。フレームは、特定のタイプのベースの推奨事項に従って、目的のステップでそれらから組み立てられ、補強要素の交差点でタイまたは編みワイヤーで固定されます.
  • 開発者と製造業者は、あらゆるタイプの基礎の建設に複合補強材を使用することを禁止する推奨事項を提供していません。つまり、開発者が望む場合は、グラスファイバー補強材を使用して低層ビルの基礎を作成できます。.
  • しかし、どのファンデーションで複合ロッドが最良の側面からそれ自体を証明したかを正確に判断することができます。高さ3階以下の建物のテープまたは柱状の方法について話しています。建てたい人のために:民家、コテージ、浴場、ガレージ、堅実な世帯構造.

  • 非金属起源の元素の耐用年数は非常に長く、最小計算によれば80年です。それらのコストは、おそらく、通常の鋼棒の価格とわずかに異なるだけですが、輸送を節約することはかなり可能です。ベイに詰め込まれたフィッティングは、車のトランクに簡単に収まります.
  • 工法や技術が異なります。鉄筋コンクリート構造物が金属に対して攻撃的な環境の存在下で操作される場合、非金属補強材を使用することは理にかなっています.
  • 鉄筋コンクリートフレームと同等の強度と一致する複合補強材は、信頼性の高いベースを作成します。そしてそれははるかに長く続くでしょう(環境の破壊的な影響への抵抗と腐食プロセスへの「完全な無関心」のために).

マスコンクリート構造物の場合、次のタイプのガラス繊維補強材が使用されます。

  • 外部の. コンクリート構造物が破壊的な影響にさらされ、不利な環境にある場合に正当化されます.
  • これらの目的のために特別に製造された複合補強材の特性により、構造物の周囲に保護バリアを作成できます。空気にも水にも不浸透性です。この方法は連続と呼ばれます。時々、それを適用すると、彼らは反対のことをします。まずフレームを作り、次にコンクリートを流し込みます。.
  • ディスクリートとは、複合メッシュまたは補強ストリップがベースを外側から補強することを意味します.
  • 内部. また、2つの方法に分かれています.
    • 個別の鉄筋は、複合メッシュ、個々のロッド、または多くの要素から作成された体積フレームでさえ、構造内に配置されることを前提としています。.
    • 分散法はやや簡単です-砕いたガラス繊維を注ぐために総質量に追加します。得られた材料はガラス繊維コンクリートと名付けられました.
    • ジョイント. 組み合わせた方法は、2種類の補強材を同時に使用するだけでなく、グラスファイバーと金属棒を組み合わせることができることからその名前が付けられました。これは、基礎に大きな重量負荷がかかると想定される場合に使用されます。.

    複合鉄筋の直径

    これまでに同様のタスクに遭遇したことがない場合は、次の情報が役立つ場合があります.

    • 金具は、その設計上の特徴により、直径を特徴付けるいくつかのパラメータがあります。
    • 外部は、プロファイルに沿って突き出ているリブに沿って測定されます。
    • 内側のものはコア自体に属しています。
    • 整数として表される公称値は、プロファイル番号です。.
  • それらが一致せず、外側で測定された直径が公称値を超えています。これらの寸法に基づいて、必要な直径よりも小さい直径の継手を購入しないように細心の注意を払う必要があります。.
  • ガラス繊維補強の上記の寸法の定義には、いくつかのニュアンスがあります。外径は鋼と同じ方法で決定されます。内部サイズの値を取得しようとすると、いくつかの問題が発生します。.
  • 事実、複合補強材は完全に丸い棒状ではありません。これは、特定の機能のために、この建築材料を生成する多数のラインがそのような精度を維持できないという事実によるものです。そのため、カットのグラスファイバーロッドは楕円形になりがちな形状になっています。また、バーの直径が大きいほど、楕円がはっきりと見えます。そのような製品を初めて測定するとき、消費者は1つの結果を受け取ります。ロッドを90°回転させ、手順を繰り返すと、他の数字が表示されます。指標は合計して2で割る必要があります。結果は、複合補強材の内径の平均指標と見なすことができます。.
    • 計算作業を行うため、また材料を購入する際には、呼び径を知る必要があります。単純なホームマスターの状態では、このインジケーターは取得できません。そのような問題を解決する必要がある人のために、1つのトリックがあります。.
    • 公称直径は、実際には、外側ゲージと内側ゲージの寸法間の平均数です。さらに、ロッドにリブが配置される頻度が少ないほど、内径が公称値に近づきます。.

    つまり、次のように、その公称サイズの外径の数を教えようとしている悪意のある売り手を捕まえることができます。

    • 外径を測定する必要があります。
    • 内径を測定します。
    • 売り手によって与えられた数を両方の指標と比較します.

    外径が販売者のバージョンによる呼び数と一致する場合、継手は他の場所で購入する必要があります.

    複合鉄筋の重量

    複合補強材の接続方法

    上記の複合補強材の利点の中で、その使用が溶接を意味しないことを示した点の1つがあります。ロッドは一緒に結ぶことによってフレームに組み立てられます.

    プラスチック製のネクタイはあまり使用されませんが、ビルダーは編みワイヤーをより重視しています。この素材はより伝統的であり、新しいトレンドによってまだ根絶されていません。これは、次の方法で実行されます。

    • 自動拳銃を使用する。
    • かぎ針編みのフックを使用して構築します(単純な構成)。
    • ネジ(動力付き)構造のかぎ針編みフックを使用.

    後者の2つのオプションの人気は、ツールの可用性によるものです。 1つの基礎を構築するために高価なピストルを購入する余裕のある人はほとんどいません。ただし、一部の大企業は、高価であるが非常に単純化された在庫を貸し出すことを実践しています。そして、そのような機会が訪れた場合は、それを利用する必要があります。.

    編みプロセスを「自動化」する理由には、次のようなものがあります。

    • 機械化された労働がより効率的で生産的であることは非常に明白です。
    • そのような「ヘルパー」がいると、雇われた労働者に過大な支払いをすることはできません。そのアプリケーションで、一人が自分でストラップに対処します。
    • 銃はフレーム全体で等しく滑らかで強い結び目を実行します。
    • ツールはどの温度でも機能します。
    • 強力なバッテリーにより、一日中中断することなく作業できます.

    このツールの特に高度なモデルには、ロッドに寄りかかることなくロッドを結ぶことができるデバイスが装備されています.

    地震が発生しやすい地域での複合補強と建設を伴う基礎

    • 複合補強材の優れた強度特性のもう1つの証拠は、建物の壁や床、道路、沿岸構造物、橋など、大きな荷重に耐える必要のある他の建設分野での使用と見なすことができます。.
    • しかし、複合補強材が印象的な揺れに耐えることができるという事実の言及を見つけることができる場所はまれです。約5年前、クシェレンコ建築構造研究所は、高い動的荷重下でのこの材料の挙動の問題に取り組んでいました。直径8mmの鉄筋は、5〜10ポイントの「地震」でテストされました。その助けを借りて、パネルのプロトタイプが強化され、適切な負荷がかけられ、振動プラットフォームに配置されました。材料は9ポイントの地震活動まで無傷のままでした!

    複合アーマチュアビデオ

    ガラス繊維強化材は、耐久性があり使いやすい素材です。今日、それは金属棒の価値のある代替品であり、低層建設のための基礎を注ぐためのその使用は、正当化されるだけでなく、開発者の側で非常に望ましい行動であると考えることができます。そのため、民間の開発者の間では、複合鉄筋について非常に多くの肯定的なレビューがあります。.