家の建設

釘を正しく打ち込む方法

釘を打つ方法?

すべての自尊心のある人はこの質問への答えを知っているべきであるように思われるでしょう。.

しかし、板のひび割れ、石膏の脱落、爪の曲がり、指の怪我について時々耳にする必要がある場合、それは本当に簡単ですか?たぶん、この「操作」にはまだいくつかのルール、ニュアンス、秘密がありますか?それを理解してみましょう.

目次

各釘には独自のハンマーがあります

最も一般的な大工ハンマーには4つのサイズがあります。

  • MCT-1(ハンドル-25-28センチメートル、作業部品-9センチメートル、重量-250グラム)は、小包と壁紙の釘(最大40ミリメートルの長さ)をハンマーで打つことを目的としています。
  • MCT-2(ハンドル-30-32センチメートル、作業部品-11センチメートル、重量-500グラム)は、より大きなファスナーを駆動することを目的としています。最も用途の広いツール。
  • MST-3(ハンドル-30-32センチメートル、作業部-12センチメートル、重量-800グラム)はMST-2と同じタスクに対応しますが、それはただ重いです。
  • MCT-4(ハンドル-35-37センチメートル、作業部品-13センチメートル以下、重量-1000グラム)は、大きな(長さ80ミリメートルを超える)釘やダボ釘を打ち込むことを目的としています。.

間違いなく、壁紙の釘は4番目のハンマーの助けを借りて「所定の位置」にうまくフィットしますが、設定された目標に適したパーカッションツールのサイズで、作業がはるかに快適になります.

釘を打つことの主な秘密

ほとんどの場合、表面の届きにくい領域で作業するときに、釘を正しく打つ方法の問題が発生します。たとえば、くぼみに留め具を取り付ける必要がある場合です。しかし、問題が解消されたら、スチールコアと金属チューブで武装するだけで十分です。写真を見て、自分の目で確かめてください.

ナットとボルトを使用して、陰湿な隅に留め具を取り付けることができます。

  • ナットをボルトに少しねじ込みます。
  • この「デバイス」を爪の頭に置きます。
  • ボルトの頭に打撃を与えて釘を打ち込む.

工芸品を作ったり、木製の家具を修理したりするとき、あなたはしばしばダボ、つまり大きな木製の釘に目を向けなければなりません。鋼のものと同じくらい「単純」ですが、もちろん、それらを打ち込むことは受け入れられません。まず、穴をあけ、そこに接着剤を滴下し、それからダボを打ち込みます.

ダボを釘に適切に打ち込む方法?

具体的には:

  • ハンマーとセンターパンチで穴の下の場所に印を付けます。
  • ハンマードリルを使用して、ドリルで必要な深さの穴を開けます。注意:ドリルの表面には直径を示すマーキングがあります。これは必ずダボのマーキングと一致している必要があります。穴の深さは、だぼの長さを約5ミリメートル超える必要があります。

コンクリートを扱うためのインパクトドリルは、ハンマードリルを「入手」できない場合にのみ使用できます。.

  • 掃除機で残りのほこりを取り除きます。
  • ハンマーを使用してノックカートリッジを深くします。
  • 「キット」から必要な深さまで釘を打ち込み、頭から数ミリメートル離れて吊り下げます.

レンガに:

  • これがレンガの中心であるべきであることを念頭に置いて、だぼの最適な場所を決定します。事実、負荷のサポートは完全に信頼できないため、リスクを冒さない方がよいでしょう。
  • パーカッションドリルでレンガをドリルすることをお勧めします。石積みを分割しないように、注意深くゆっくりと開始します。センチメートルの「障壁」を克服した後、ドリルの回転速度を通常に上げることができます。
  • 穴からほこりやレンガの破片を取り除きます。
  • カートリッジと釘をハンマーで打ちます.

タイル/セラミックタイル:

  • マーカーを使用して、だぼのエントリの位置を決定します。これは、タイルの表面と継ぎ目の両方にすることができます。
  • 金属用のセルフタッピングネジで表面に印を付けます。 0.5ミリメートル以下のエナメル質を通過させながら、非常に軽くたたきます。
  • 金属用ドリル(直径-3ミリメートル)を使用したハンマードリルで、タイルを完全な厚さにドリルします。
  • 穴を希望のサイズにします。
  • コンクリートまたはレンガの指示に従って、タイルの下の壁にドリルで穴を開けます。
  • ダウエルネイルを慎重に取り付けます.

乾式壁:

  • 乾式壁に釘を打ち込む前に、そうすることによって表面を台無しにするかどうかを慎重に検討する必要があります。荷物を重くする予定の場合、この材料はサポートに最適ではありません。
  • 軽い物体には、耐荷重能力の低いベース用に特別に設計されたモリーファスナーが適しています。
  • 必要な直径の表面に穴を開けます。
  • 軽くたたいて、止まるまで留め具を穴に挿入します。
  • ドライバーまたは手動でネジを締めます.

それで全部です。これで、ネイルダボと通常のネイルを正しく打ち込む方法がわかりました。信頼できるデザインをお祈りします!そして、あなたの指の世話をします!