家の建設

寄棟屋根。寄棟屋根の装置、ユニット、補強

建物全体に影響を与える家の最も重要な要素は屋根です。そのデザインは、お住まいの地域の気象条件と建設に使用される材料を考慮して選択されています。そしてもちろん、屋根の外観は非常に重要です。すべての構造の中で、寄棟屋根は何よりも注目に値します。.

コンテンツ:

寄棟屋根の特徴とデザイン

寄棟屋根は、高強度特性、耐久性、オリジナルの外観が特徴で、特に人気があります。また、その並外れた構成も注目に値します。寄棟屋根は、屋根裏部屋の床を配置するときに最適です。寄棟屋根は、ドーマー窓を作成する手順を簡素化するためです。.

さらに、寄棟屋根が合理化されています。このため、他の構造物ほど風害にさらされることはありません。屋根の尾根は、突風によって損なわれることはありません。また、強風のある南部に住んでいる場合は、この特性を考慮に入れる必要があります。.

寄棟屋根は4つの傾斜で表されます。それらは建物のすべての側面で傾いています。 2つの傾斜は、古典的な屋根構造のように横方向です。さらに2つ、追加のものが、前の2つのものの間にあります。寄棟屋根では、寄棟屋根とは対照的に、頂点は1つではなく、2つあります。彼らはスケートで接続されています.

垂直のペディメントは、傾斜した三角形の斜面のように見えます。彼らは腰と呼ばれています。同様のデザインの2つの斜面が、長辺に沿って台形の形をしていることがわかります。そして最後に-三角形の形.

寄棟屋根の構造は、次の節点要素で構成されています。

  • リッジバー。屋根の頂点であり、その主なベアリング軸であるのはこの要素です。この時点で、すべての面も接続されています。ほとんどの場合、寄棟屋根を建てるとき、尾根の中心は屋根全体の中心と一致します.
  • コーナー垂木。屋根型垂木脚は基本的な動力要素として機能し、棟梁と建物の角を接続します。それらを切り抜くために、その厚さが尾根の厚さと等しいボードが使用されます。垂木の脚は、一方の端が尾根に取り付けられており、もう一方の端は家の境界を越えて伸びています。プロジェクトにもよりますが、4つかかります.
  • 短い垂木。長さは異なる場合がありますが、同じ角度で出てきます。それらの数を決定するとき、屋根の面積が考慮されます。短い垂木は、一端が角度の付いた垂木脚で接続されています。そして他の人にとっては、彼らはマウアーラットや建物の隅に寄りかかっており、尾根に取り付けられていません。.
  • 通常のフレーム。中央の中間垂木は、尾根梁の端に設置され、建物の耐力壁につながっています。彼らの数はそれぞれの側で6つです-3.
  • 中間配線盤。中間垂木は尾根から始まり、反対側はマウアーラットにあります。腰に取り付けられていません.

寄棟屋根の種類

寄棟屋根を設置する前に、それらが何であるかを理解する必要があります。腰のある構造物が側面の斜面のレベルより上で壊れた場合、屋根はオランダ語と呼ばれます。また、デンマークの屋根という名前を見つけることもあります。このデザインは、クラシックなヒップよりも構築が困難です。しかし、同じような屋根の古い家は何十年も、時にはもっと長く変わらないままです。.

寄棟屋根もあり、その傾斜は同じ形をしています。サイドスロープはありません。腰は同じ角度を形成します。寄棟屋根は四角い家専用に装備されています.

また、さまざまな珍しい寄棟屋根のバリエーションを見つけることができます。設計は、さまざまなサイズでさまざまな角度で発散する斜面で構成されています。複雑な寄棟屋根はまれですが、最も見事な外観をしています。.

日曜大工の寄棟屋根

寄棟屋根の装置は、そのような構造の設計から始める必要があります。スキームを正しく開発すれば、追加の労働者を引き付けることなく、自分で組み立てることができます。.

ルーフアングル

屋根の最適な傾斜角度は、地域の気候条件に応じて決定する必要があります。

屋根の材質に応じて、傾斜角度を選択することもお勧めします。

  • スレートなどの植字材料をバラバラに使用する場合は、22°以上の角度で屋根を作成します。.
  • 圧延材で作られた寄棟屋根の場合、傾斜角度は層の数に依存します。 2層を敷設する場合、角度は最大15°にする必要があります。 3層を敷設する場合は、2〜5°の角度を作ります.
  • 段ボールから屋根を設置する場合は、最小の勾配で屋根を構築します。ただし、12°からの密閉された接合部が必要です。.
  • 金属タイルを敷設する場合は、最低14°の傾斜を付けてください。.
  • 柔らかい帯状疱疹の場合は、寄棟屋根の傾斜を11°に制限します.
  • 屋根をオンデュリンで覆うと、角度は6°に達します.
  • メンブレンルーフを選択した場合は、傾斜のあるルーフに適していることを忘れないでください。.

さらに、作業中に使用される総面積と材料の量が増加した場合は、寄棟屋根の傾斜を比例して増加させることをお勧めします。したがって、節約に興味がある場合は、寄棟屋根を設計するときにこの点を考慮する価値があります。.

寄棟屋根エリア

寄棟屋根の計算には、いくつかの要素が含まれていないことに注意してください。

  • 煙突の寸法;
  • ルーフウィンドウのサイズ。
  • 折り目;
  • 屋根とは関係のない張り出しと欄干。
  • 斜面の長さ,
  • 屋根の上に突き出ているバーの要素。
  • 隣接.

屋根の面積は平方メートルで決定されます。このような計算を実行するには、ネット上で簡単に見つけられる特別な計算機を使用できます。その助けを借りて、屋根の寄棟の面積と建築材料の量が決定されます.

寄棟屋根を計算するには、幾何学のレッスンで得た知識を覚えておく必要があります。寄棟屋根には2つの頂点があるため、その総面積は、2つの側面(台形)の面積と2つの腰(三角形)の面積の合計で構成されます。

垂木システムの計算

寄棟屋根の垂木システムの計算は非常に重要な仕事です。垂木は、屋根材、風および雪の負荷に耐える必要があります。したがって、計算するときは、屋根と仕上げを作成するために使用される材料の重量、垂木システムの重量、およびお住まいの地域の気候条件を考慮に入れてください。.

この作業のために、物差しを準備し、それにすべてのマーキングを適用します。したがって、測定の不正確さを取り除きます。スラットを作るには、幅5センチの合板を使用します。また、高精度の測定を実現するために、垂木の脚の長さと配置の比率を示す表を作成してください。.

次の順序で計算を実行します。

  • 垂木の脚の長さは、対応する係数の積に等しくなります.
  • 建物の端から軸に印を付けます。トップハーネスで行う.
  • スケートの幅の半分を計算します。したがって、垂木システムの最初の要素の場所を見つけます。.
  • バテンの端をマークされた線に取り付けます。別の-側壁の線に沿って配置します。これは、中間垂木脚のための場所がある場所です。.
  • 垂木の長さを確認するには、梁の一方の端を屋根の張り出しに取り付け、もう一方の端を耐力壁の外側の角に配置します。.
  • 次の中央垂木を配置する場所は、次のように計算されます。測定スティックを側壁の端に移し、将来の垂木システムのためにマークを残します.
  • 残っている3つのコーナーでも同様のアクションを実行する必要があります。これは、中間垂木の脚の尾根と端の配置が計算される方法です.

4ピッチの寄棟屋根の傾斜角を計算するには、次の順序で操作を行います。

それでは、乳首の部分についてお話しましょう。次のように垂木の脚を計算します。

  • 住宅の角からその長さを測定する.
  • 通常のフレームの投影の正方形を作成すると、投影を取得できます.
  • 結果に補正を掛けます。これは、コーナー垂木の脚の長さになります.

垂木サポートの設置

まず、スケートバーをサポートするためのサポートをインストールします。

垂木システムのインストール

寄棟屋根と斜め垂木脚のシステムを設置するときは、次の手順に従ってください。

  • 壁の内側の角には傾斜垂木が取り付けられ、外側の角には斜め垂木が取り付けられています。最初の垂木の長さは、通常の垂木の半分の負荷があるため、通常の垂木よりも長くなります.
  • 斜面の短縮された垂木は、マストヘッドタイプの垂木脚に載ります。彼らは妻と呼ばれています。通常の2本の脚からペアにするのが通例です。.
  • 斜めタイプの垂木の下に、サポートが取り付けられています-1つまたは2つ。それらの製造には、バーのラックを使用してください。ブレースは45°の鋭角で配置されます.
  • 中間垂木脚は、尾根梁の上部とマウアーラットの下部にあります。それらを設置するときは、1.0〜1.2 mのステップを遵守してください。このような脚のセクションは、梁のスキーム(1スパンまたは2スパン、屋根の重量によって作成される垂木のピッチ、および積雪量。中間垂木の脚は長すぎてはいけないことを覚えておいてください。.
  • ツイストを使用して、1つおきの垂木を耐力壁に取り付けます。直径4mmの2本のワイヤーで作ります。中間フレームをMauerlatに接続します。これにはバックブレースを使用してください。.
  • コーナー垂木脚は垂木脚として知られています。長さが短いため、ハーフレッグとも呼ばれます。一方では、妻はマウアーラットで、もう一方では斜めの脚で休んでいます。寄棟屋根のスキームに従って、コーナーレッグからニップルビードに荷重を均等に分散するために、それらは異なる場所で斜めのビードに取り付けられています.
  • すべての垂木の脚を対称的に配置するには、尾根とマウアーラットに印を付けます。寄棟屋根垂木システムの製造における最も重要なポイントは、中央垂木と斜め垂木が交差する場所のすべての要素の適切な接続です。このために、二重斜角を持つ梁に切り込みを入れます。.

屋根の補強と旋盤

寄棟屋根の構造を耐久性と信頼性を高めるためには、強力な垂木システムを作るだけでは不十分です。それを強化することも必要です:

屋根ふきケーキ装置

寄棟屋根に旋盤を取り付けたら、屋根のパイの配置を開始できます。

  • まず、屋根に水が入らないように防水材の層を敷きます。また、防水は結露の発生を防ぐのに役立ちます。建設用ホッチキスを使用して垂木に固定します。屋根と防水材の隙間を忘れずに、カウンター格子で上部を補強して通気性を高めます.
  • 防湿材と断熱材の配置は、屋根裏部屋の目的によって異なります。暖かいか冷たいかを決めます。寒い屋根裏部屋では、居住空間からの熱漏れが最小限であるため、床を断熱します。暖かい屋根裏スペースの場合は、屋根も断熱してください。垂木の間に断熱材を置きます。次に、寄棟屋根の裏側に段ボールを敷きます。その結果、屋根裏部屋の天井ができます。.
  • 多くの場合、防湿材は断熱材の下に置かれます。重なっています。したがって、材料の大量消費を期待する必要があります。.
  • 屋根材を選ぶときは、その外観、強度特性、信頼性、耐久性を考慮してください。また、地域の気象条件や屋根の傾斜角度にも注意してください。.
  • 寄棟屋根はクラシックなデザインなので、粘土タイルは見栄えが良く、変形しにくく、色あせしません。.
  • 他の帯状疱疹(ビチューメンと金属帯状疱疹)を詳しく見てみましょう。それらは予算コストがあり、簡単な設置が特徴であり、さまざまな種類の損傷に対する高い耐性と遮音性が特徴です。.
  • 金属プロファイルからの屋根材にシートオプションを使用することが許可されています。最も独創的な寄棟屋根の外観を実現するには、銅のクラッディングを検討してください。これは寄棟屋根の価格を上げる高価な材料です。しかし、そのコストは、環境への配慮と優れた耐久性によって正当化される以上のものです。.
  • 次に、尾根と軒を覆い、煙突が屋根を通過する場所を仕上げ、側溝とドーマーを設置します。防雪要素、側溝、ルーフレールの設置には特に注意してください。.

したがって、寄棟屋根は非常に人気があります。特にあなたが小さなカントリーハウスや夏の別荘を建てることを決心した場合。代表的なオフィスビルを建てるときは、寄棟屋根をよく見てください。さらに、このような構造は、立面図、棚、砲塔を備えた元の建築物の建設に理想的です。また、寄棟屋根-屋根裏部屋の床を配置するときに理想的です.