家の建設

ログハウスの粉砕:ステップバイステップの説明

ログハウスの建設が完了した後、粉砕プロセスが続きます。これは、木に美的外観を与え、木をより強くするのに役立ちます。自分の手でログハウスを挽く技術や、ログハウスを挽く方法について、さらに検討していきます。.

目次:

ログハウスの種類

ログハウスの建設は、その所有者に次のような多くの利点をもたらします。

1.家庭の環境への配慮-木材は、アレルギーを引き起こさず、大人と子供の両方にとって安全な、清潔で無害な素材です。.

2.木材は室内の湿度を調整します-吸湿性の自然な特性により、木製のブロックハウスは、過剰な量の場合に水分を吸収し、必要に応じてそれを与えることができます.

3.ログハウスが呼吸する能力は、部屋に一定の自然換気を提供し、同時に熱を放出しません。これは、そのような部屋に滞在することの居心地のよさと快適さにプラスの効果をもたらします。.

4.木材は熱伝導率が低いため、家は非常に急速に熱くなります.

5.ブロックハウスは変形に強く、壁は軽く、高価な大規模な基礎の建設を必要としません。.

6.また、木材は優れた遮音性があり、耐凍害性が高く、レンガやコンクリートの家の建設に比べて安価です。.

ログハウスを磨く技術を勉強する前に、その主な種類をよく理解しておく必要があります。ご存知のように、ログハウスは特別な技術を使って前処理された丸太でできた木造の建物です。生産のために針葉樹または落葉樹を選択してください。基本的な材料要件:

  • 水分不足;
  • 18から40センチメートルまでの直径;
  • 腐敗、黒ずみ、虫などの欠如。.

ログハウスを建設する過程で、丸太は積み重ねられ、丸太の1列は王冠と呼ばれます。ログの最初の行は、大きな負荷がかかるため、直径が最大になります。各ログの下側には、次のような溝があります。

  • 半円形,
  • 三角.

ログハウスの壁を安定させるために、プラグインスパイクが使用されます。プラグインスパイクは、各ログに交互に配置されています。ログハウスの樹木は乾燥しており、設置の過程で強く圧縮されているため、ログハウスの運用開始から数年で落ち着きます。建物の高さを決定する際には、この要素を考慮に入れる必要があります。.

粉砕のプロセスはログハウスの角度によって異なりますので、建物の角のタイプに関連して、ログキャビンの主なタイプをよく理解しておくことをお勧めします。.

コーナーは2つのログの相互接続であり、フレーム全体の強度と整合性はそれに依存します。さらに、ログハウスの不適切に装備されたコーナーは部屋を冷たくし、その操作の期間を短縮するので、コーナーは部屋の断熱に大きく影響します。.

ログコーナーのタイプには、主に2つのタイプがあります。

  • バランスのとれた,
  • 残りなし.

最初のオプションは、建物の外に20〜30センチメートルの丸太を突き出すことです。これらのコーナーは実用的で、製造が簡単で、熱伝導率が低く、防風性があります。このタイプのコーナーの重大な欠点の1つは、ログハウスの配置に必要な木材の量が増えることです。ただし、これらのコストを残りのないコーナーを暖めるコストと比較すると、ほぼ同じになります。.

残留物のない角は、丸太の端の部分で切り落とされた木製の錠の助けを借りてログハウスを固定することを示唆しています。このようなフレームでは、端が建物の外に突き出ることはありません。このタイプのコーナーの唯一の利点は、より魅力的な外観です。しかし、不利な点は、接続部分に風が部屋に入る小さなスペースが形成されるため、トレースのないコーナーが多くなり、断熱が必要になることです。さらに、このようなログハウスの建設作業は、ログの端にロックを構築するために専門家を引き付けて彼らの作業にお金を払う必要があるため、時間がかかり、多額の投資が必要です。.

ログハウスを磨く一般的な概念と理由

ブロックハウス-丸太で構成されていますが、操作中に樹皮が存在するため、暗くなり始め、外観が失われます。これは、水分が研磨されていない領域に吸収され、そこで崩壊のプロセスが発生するために発生します。.

ログハウスの運用期間を延ばすために、その外部処理が実行されます。これには、防水性、耐火性、防腐性を実現する特殊な化合物を使用して、木を粉砕して覆うプロセスが含まれます。.

ログハウスを磨くプロセスは非常に骨の折れるものであり、そのパフォーマーには特別なスキルだけでなく、特定のツールと多くの時間が必要です。時間がない場合は、この問題を専門家に任せて、迅速かつ効率的に粉砕を行うことをお勧めします。ログハウスは何十年にもわたって所有者にサービスを提供します。.

粉砕の結果:

  • 真菌やカビの形成から木材を保護します。
  • 外観の魅力;
  • 紙やすりで磨いた後、透明な木の質感をたどることができます.

さらに、ログハウスを磨くことの利点を検討することを提案します。

1.木材を機械的に加工することで、ざらつきやひび割れをなくし、木材の美観を向上させることができます。.

2.研磨された木材は、塗料やワニスへの接着性が高い.

3.ログハウスの粉砕-建物全体のさらなる仕上げを可能にする準備段階.

4.紙やすりで磨いた後、木は丸太小屋の主な装飾である美しい質感を持っています。.

5.サンディングは木材の早期老化を防ぎます.

暇があり、自分で研削したい場合は、まず、作業に役立つ工具を決める必要があります。簡単かつ便利に作業するには、重すぎず、同時に優れたパワーを備えたツールを選択してください。.

優れた解決策は、この作業を効率的に行うのに役立つベルトサンダーです。サンディングプロセスを容易にするために、これらのツールには、サンディング中にほこりやおがくずを収集するバッグが組み込まれているため、作業後の追加のクリーニングは必要ありません。.

ブロックハウスが半円形の丸太でできている場合、テープレコーダーはそのような作業に対応できません。次に、特別な研削アタッチメントを備えたグラインダーが救助に来ます。サンドペーパーで覆われた特別なディスクを使用してください。手の届きにくい場所では、ノミを使用するのが優れた解決策になります。.

グラインダーの重量に注意してください。重すぎると不便で作業が困難になります。 600〜900Wの推奨電力。信頼できるメーカーからツールを選択し、製品保証を依頼してください.

ログハウスのサンディング作業は、木が完全に乾いた後に開始されますのでご注意ください。ログハウスの建設直後に作業を開始すると、湿った木では表面を均一で滑らかにすることができません.

ログハウスの特定の領域では個別に粉砕する必要があるため、粒子サイズが異なる特定の数のノズルを買いだめします。また、一次研削の場合は粗粒(40)のノズルを使用するのが良いですが、仕上げ研削の場合は粗さ80〜100のノズルで十分です。.

粉砕プロセスは、次の段階で構成されています。

  • ラフストリッピング;
  • 中程度の処理:表面を滑らかにし、凹凸を取り除きます。
  • 細かい処理;
  • ワニスやペンキを塗る前に紙やすりで磨く.

ログハウスを磨く過程で、樹脂や木くずが摩耗するため、アタッチメントを頻繁に交換する必要があります。ノズルに溜まった木片を取り除くには、スチールブラシを使用しますが、その前にホワイトアルコールで処理します。このようなノズルは動作が悪くなり、摩耗が早くなることに注意してください。.

粉砕プロセスの速度は、次の影響を受けます。

  • ツールを操作するスキル。
  • 木の種類;
  • ログエリア;
  • 複雑な要素の存在;
  • ツールの力;
  • 木の樹脂の量.

30センチバーのランニングメーターでの研削作業の平均速度は2分です.

安全上の注意を忘れないでください。空中での作業中は、口、鼻、目の粘膜に付着するほこり、タール、おがくずがあります。したがって、バーを研磨するときは、マスクと保護具を着用することをお勧めします。衣類.

丸太研磨技術:機能と推奨事項

動作するには、次のものが必要です。

  • アングルグラインダーまたはグラインダー;
  • ディスクまたはベルトタイプの寄木細工の床;
  • 研削アタッチメント;
  • 掃除機;
  • レスピレーター;
  • 眼鏡.

ログハウスの建設後、一定時間後、粉砕プロセスを開始します。建物の収縮は最小限に抑える必要があります。アングルグラインダーは大きな表面を処理できますが、手の届きにくい表面は処理できます.

ログハウス、その内壁、前部の完全な研磨を完了するには、偏心サンダー、小さなグラインダー、2cmのノミが必要です。.

ログハウスを磨くための推奨事項を検討することを提案します。

1.壁が大きすぎる場合は、壁を特定のゾーンに分割し、部分的に研削する必要があります。作業が完了したら、すぐに特別な解決策で表面を覆う必要があります。一方の領域が1日で研磨され、ペイントで覆われず、もう一方の領域が数日後に研磨された場合、作業は無駄になります。研磨後、24時間後、ブロックハウスは暗くなり始め、もう一度研磨する必要があります。専門家の推奨によると、ログハウスの塗装は、粉砕後、最大36〜48時間で実行する必要があります.

2.サンディングプロセスにはいくつかの段階があり、最初の段階は粗いタイプの研磨紙を使用することです。その助けを借りて、木の山は無傷のままで、樹皮の粗い部分が取り除かれます。パイルエリアを取り除くには、細かい研磨紙での作業を含む、2回目のサンディングプロセスを実行する必要があります。.

3.研削の経験がない場合は、グラインダーの使用はお勧めしません。この工具は回転速度が速く、初心者では均一な研削が困難です。少し力を加えてグラインダーを木材に押し付けると、溝が現れ、ログハウスの外観が損なわれます。したがって、この場合、グラインダーは溝と端部を処理する場合にのみ使用されます。.

4.ログハウスの溝を研削する前に、アングルグラインダーに特殊なフラットタイプのノズルを装備する必要があります。このような添付ファイルには2つのオプションがあります。

  • プラスチック,
  • ゴム.

ゴム製ノズルは実用的ではなく、すぐに劣化し、定期的に交換する必要があるため、最初のオプションを選択することをお勧めします。アタッチメントの直径は、交換用のサンディングシートの直径よりもわずかに小さくする必要があります。ノズルが溝に落ちると、工具が詰まって誤って手から外れる可能性があります。ノズルが小さいと、研磨を行う人に触れません。さもないと、悲惨な結果になります。.

丸太を挽くには、グラインダー付きのグラインダー、細かいサンドペーパー、ホイール付きのグラインダー、グラウトが必要です。このプロセスはより長く、研削工具の多くの経験を必要とします。.

天候が乾燥していて暖かい場合は、丸太の粉砕を開始する前に、丸太の家の建設後少なくとも8〜9日待つ必要があります。雨天時は待ち時間が長くなります.

紙やすりで磨くプロセスは、グラインダーまたはグラインダーで粗いスポットを紙やすりで磨くことを含みます。次に、すべての領域がグラウトとサンドペーパーで処理されます。このプロセスは、材木が完全に平らで滑らかになるまで続きます。粉砕の最終段階、特に丸太の接合部や手の届きにくい場所は手動で行うことをお勧めします。適切なサンディングを行うための最も重要な条件は、ログハウスを仕上げ材ですばやく覆うことです。これにより、木のカビやカビのリスクが軽減されます。.

サンディング後のログ処理

ログハウスの外部処理のプロセスは、その寿命を数倍に延ばすことができます。この手順は、さまざまなコンパウンドを使用したサンディングとペイントで構成されます。.

ログハウスを磨いた後に加工される製品はたくさんあります。市場には国内外のメーカーがあります。ただし、これらの製品のすべてが住宅施設の処理に適しているわけではないため、購入する前に、ソリューションの説明と技術的特徴を注意深くお読みください。.

粉砕後にログハウスを覆うための義務的な手段には、次のものがあります。

  • カビやカビの発生を防ぐための防腐剤;
  • 壁の外観をより魅力的にするグレージング組成物。
  • 難燃剤-耐火性を高めるソリューション.

ログ処理の主な機能は保護です。さらに、現代の開発の助けを借りて、木の自然な質感が強調され、その着色が行われます。木に普通の絵の具を使うことは可能ですが、この場合、木の質感は見えません。.

ログハウスの処理中に適用される最初の層は防腐剤であり、次に漂白が実行され、次に耐火性の含浸が適用されます.

ブロックハウスをブラシまたはスプレーガンでペイントすることをお勧めします。家が丸太で構成されている場合は、2番目のオプションを選択することをお勧めします.

ベースコートを塗る前に、サンディングの平坦さと滑らかさ、およびコーキングがないことに注意してください。可能な場合は、特殊なシーラントを使用してコーキングを密閉し、環境との相互作用を防ぎます。.

端の部分に注意してください;それらを処理するためにアクリルの耐湿性溶液または水ガラスを使用してください。ただし、2番目のオプションは居住区にとって安全性が低いことに注意してください。いずれかの溶液を2層で塗布しますが、2番目の溶液を塗布する前に、最初の溶液を完全に乾燥させる必要があります。.

壁は、紙やすりで磨いた直後に、正の気温で処理されます。最初の層はガラス張りです。組成物の塗布は、ブラシまたはスプレーガンを使用して実施される。.

主なルールは、大手メーカーの高品質な製品を使用した耐久性のある壁加工です。材料を節約すると、まず第一に伐採に苦しむことになります。なぜなら、木材はかなり脆弱な材料であり、注意深いメンテナンスが必要だからです。.

ログ研磨ビデオ: