家の建設

基礎ピット建設

基礎はあらゆる構造の主要部分であるため、建物の運用期間は製造の品質によって異なります。基礎建設の初期段階は、基礎ピットの掘削と配置です。この要素の形状は、基礎のタイプに直接依存します。基礎用の基礎ピットを準備する機能をよく理解しておくことをお勧めします.

目次:

基礎ピットの主な種類

家の建設中に使用される基礎の種類に応じて、基礎ピットの種類、その寸法と深さが決定されます。基礎ピットを特定の亜種に分割するための特定の基準があります。それらに精通することをお勧めします。

  • 傾斜-それらの数または不在;
  • コーナーマウントの建設の必要性;
  • 傾斜した垂直壁の存在;
  • 基礎ピットまたはトレンチ、この係数は基礎によって決定されます:テープまたはスラブ.

ストリップタイプの基礎が現場に建てられている場合、基礎ピットは、家の周囲に沿って、耐力壁が設置されている場所にある溝です。地下室のある家のスラブ基礎を構築するときは、家の周囲と地下室が設置されている場所に穴を掘る必要があります.

作業を開始する前に、次のような特定の土工を実行する必要があります。

  • 現場に存在する土壌の種類を特定し、特別な検査を実施する場合、この段階は必須です。これは、基礎の最適な深さを決定することが可能であり、操作中の強度と信頼性を確保するためです。 ;
  • 現場に建てられる建物の分析、この場合、建物の重量、基礎への負荷が決定されます。この段階で、屋根、壁、および床;
  • ピットの深さの計算、この段階は前の計算に依存し、専門家によって実行される場合は望ましいです。
  • 地域の気候状態の分析、季節的な地盤変動の決定.

基礎ピットの計算と開発

自分でファンデーションピットを手配する場合は、この問題に関しては、多くの努力、忍耐、そして時間が必要になることを覚えておいてください。ただし、この場合、大幅に節約することが可能になります.

作業は、基礎ピットの深さの計算から始まります。ピットの体積を決定するには、次の式を使用します。

v = n / 6(2a + a1)b +(2a1 + a)b1

この場合:

  • n-ピットの高さを決定します。
  • aおよびb-辺の寸法の値。
  • a1とb1は上部に沿ったピットの長さ。
  • t-は勾配係数です.

基礎ピットの体積を計算した後、埋め戻しの体積を決定するプロセスが続きます。これを行うには、ピット自体の体積から総体積を差し引きます.

ピットの深さは、ラフマークではなく、土壌とその底によって直接決定されることに注意してください。土の掘削を開始する前に、掘削が行われる深さが決定されます。掘削が行われる深さを決定するのはこの値です。この値は、土とその組成、および家自体から来る負荷を決定します。将来の基礎に対する建物の圧力を計算するには、次の式を使用します。

a = f / a(mn / m * m)

この場合、家からの負荷は基礎の下部の領域に分割されます。.

基礎の土台の面積を決定するために、荷重は土壌の特定の値とその許容荷重のレベルに分割する必要があります。基礎のピットの寸法を決定した後、それはその掘削に従います.

ピットを掘る過程で、いくつかの段階を区別する必要があります。

  • 基礎のための場所の準備、その上層の除去、サイズ約40cm;
  • 追加の湿気またはケージの存在下で、サイトからのそれらの除去。
  • ピットの深さが125cmを超える、事前に決定された深さまでの土壌の除去には、梁の形の特別なサポートを設置する必要があります。これらは、土壌がピットの壁に沿って滑るのを防ぐのに役立ちます。
  • 土壌の深さが約500cmの場合、特定のステップをピットに配置する必要があります。その深さは専門家によってのみ決定されます。.

DIYファンデーションピット:製造技術

基礎ピットを掘るのはかなり難しいプロセスであり、一人では十分ではありません。土の滑りに注意する必要があるため、地球の深部での作業は特に困難です。ファウンデーションピットでの作業の主な段階をよく理解しておくことをお勧めします。

1.肥沃な土壌層の除去。このタイプの土壌は高い生物活性が特徴であるため、支持基盤として機能することはできません。時々ボリュームが変化するため、基礎の信頼できる基盤として機能することはできません。この層を取り除くには、通常の工具または特別な建設機械を使用してください。これまたはそのオプションの選択は、将来の家の所有者の物質的な能力に直接依存します.

2.家の下に地下室がある場合、ピットは家の全域に配置されます。この場合、必ず特別な設備が必要になります。土の掘削工程は、基礎の最初から少なくとも80cmのところに建設機械を設置しながら、徐々に実施されます。すべての土壌は特殊な機器の近くに置かれます.

3.敷地内に地下室がない場合は、通常のストリップ基礎を設置するだけで十分です。その深さは、土壌の種類と建物からの負荷によって異なります。この場合、ピットは壁の周囲に沿って、耐力壁が設置されている場所に直接配置されます。このバージョンの基礎は、スラブタイプの基礎を設置するよりもはるかに安価です。.

基礎ピットの掘削は、細心の注意を払って処理する必要があります。その深さは、土壌の種類と次の指標によって決まります。

  • 土が砂または砂利で構成されている場合、最小基礎値は100cmです。
  • スープ土は、125cmの深さの基礎の配置を意味します。
  • ロームと粘土-150cm;
  • 特に密度の高い土壌には、2メートルの深さのより深い基礎が必要です.

ピットの掘削中に土が粉々になるのを防ぐために、基礎の壁に特定の斜面を構築する必要があります。基礎壁の高さが約150cmの場合、次の値を適用する必要があります:

  • 砂質土で作業を行う場合、勾配は約60度、比率は1対半分、土壌勾配が約45度の場合、比率は1対1です。

  • 土壌が多数の砂壌土を特徴とし、傾斜が75度の場合、比率は1対1/4、傾斜は55、1対半分です。
  • 土が粘土または硬い場合、90度の傾斜の比率は1対0です。.

ピットを埋め始める前に、土が滑らないようにするために、特別な木製のサポートを使用することをお勧めします。この場合、自分の手で簡単に作成できます。さらに、副鼻腔を埋めるプロセスを想定する必要があります。このプロセスは最小限の土圧で実行されるため、非常に重要です。材料を注意深く圧縮しながら、埋め戻しを徐々に行います。埋め戻し時の各層の最適な厚さは20cmです。土は手で圧縮されます。.

ブラインドエリアは、土の締固めの最初から作られています。型枠の設置を開始する前に、ピットを防水することを忘れないでください。これらの目的には、屋根材またはアスベストセメントの平らなシートの形の材料が適しています.

基礎ピットの建設:推奨事項

ピットは、SNiPなどの規制上の法的文書に従って装備する必要があります。これは、各タイプの土壌のピットのサイズの許容基準を明確に示しています。さらに、すべての作業は、特別な安全性と技術的に正しい技術で実行する必要があります。ピットを建てるための規則に従わないと、建物は最終的に信頼性が低く、品質が悪いことがわかります。.

ピットの掘削は経験豊富な専門家に委託することが望ましい。この業界での経験がないと、取り返しのつかない間違いを犯して、時間と労力を浪費する可能性があります。敷地の近くにある建物の水平壁への負荷の程度は、ピットの深さに直接依存することに注意してください.

ピットの深さが3メートルを超える場合は、直径が約30センチメートルの特別なステンレス鋼のフェンスを設置する必要があります。 5〜6メートルの穴を掘るときは、厚さ約60cmの特別な地下壁を作る必要があります。穴の深さが7メートルを超えると、壁の厚さは1メートルを超えます。.

ピットを確実かつ効率的に作るためには、現場にある土壌の種類を正しく判断することも必要です。土工の開始前に、土壌は検査のために与えられます。この場合、ピットの深さと寸法を決定するのがはるかに簡単になります。.

現場に柔らかさの高い土壌がある場合は、ピットを圧縮するために、砂利や小石のクッションを装備する必要があります。この場合、ピットの壁は追加の耐久性を獲得します。.

湿りすぎた土壌で作業する場合は、現場から水分を除去するための特別なシステムを配置するように注意する必要があります。これを行うには、砂利の形で排水が必要になります.

また、斜面部分やピットコーナーの信頼性にも注意を払ってください。ピットの基礎の最初の部分からサポートが取り付けられています。支柱の固定には特に注意してください。滑りの発生を避けるために、支柱を固定するためにブレースまたは必須のバーを使用してください.

ピットの深さが4〜5メートルを超える場合は、ブラケットを取り付けるだけでなく、壁が脱落しないように保護する必要があることに注意してください。このような構造を強化するには、ボルトとオーバーレイで壁に固定されているストラップバーを使用する必要があります。この場合、土の収縮から壁を確実に保護することができます。.

アンカーパフの助けを借りて、地下室のある家の基礎を建てる過程で建設されている基礎ピットを強化することが可能です。同時に、アンカーは二重傾斜設置高さの代わりに設置されます。斜面の急勾配は、掘削の深さと土壌の種類によって決まります。例えば、ピットの深さが約150cmのバルクタイプの土に家を建てる過程で、斜面の下部はピットの壁から1mのところに設定されます。したがって、その急勾配の程度は、土壌の種類とピットの深さに依存します。このインジケータの最適値は25〜60度です。現場で実施される土工の数は、法面配置の角度の増加に依存します。斜面の傾斜角が大きいほど、ピットを掘るのに多くのお金が必要になります.

夏や秋に穴を掘る作業を行うことが望ましい。この場合、土壌水分レベルは最小限になります。冬に掘られた基礎ピットの費用は、夏に行われた作業の数倍です。春・晩秋は地下水位が最大となるため、掘削作業にも適さない時期です。.

財団のピット価格とアレンジメントの特徴

ストリップタイプのファンデーションや柱状のファンデーションを配置する場合、自分でファンデーションピットを掘ることができます。それ以外の場合は、専用の機器が必要になります。.

基礎を作る過程で安全性に特に注意を払う必要があります。ピットのすべての壁を固定する必要があります。基礎ピットを掘るのは、土の最上層を取り除くことに基づいていますが、ブラインドエリアが配置される家の周囲に別のメーターを追加する必要があります.

ピットを掘った後に現場にあるすべての土壌は処分しなければなりません。このために、特別な技術が使用されます。ただし、埋め戻しを完了するには、ある程度の土が必要になることに注意してください。.

ストリップまたはスラブの基礎の穴を掘った後、それを防水するプロセス、型枠の設置が続きます。次に、補強材を設置し、コンクリートモルタルを流し込みます。.

基礎の建設の各段階は、特定の技術的要件に準拠して実行する必要があることを忘れないでください。この場合にのみ、家の信頼できる基礎を取得することが可能になります。.