家の建設

自分の手で金属柵を設置します

金属は、柵の製造に使用されるかなり人気のある材料です。これは主に、その機械的強度、アクセス可能性、および設置の容易さによるものです。金属製の金属柵がたくさんあります。それらの機能とインストール技術についてさらに検討します。.

目次:

金属柵:装置、利点、種類

金属製の柵は、柵や領土の分離としてますます使用されています。金属は、さまざまな形状のフェンスを構築するために使用できる加工が容易な材料です。さらに、メタルフェンシングの次の利点に注意する必要があります。

  • 構造の強度と信頼性-金属が防食化合物で適切に処理されていれば、金属フェンスは何年にもわたって役立ちます。
  • 金属は手頃な材料であるため、そのコストはコンクリート柵の建設よりもはるかに低くなります。
  • 金属-燃焼や火災に耐性があるため、このような構造の火災安全性のレベルは高いレベルにあります。
  • 金属柵-実用的で汚れません。必要に応じて、簡単に掃除できます。
  • 金属用の塗料はたくさんあるので、そのようなフェンスをどんな色でも塗ることができます。
  • 木材とは異なり、金属は湿気、温度変化、紫外線に耐性があります。
  • 金属製の柵は、レンガ、石、コンクリートの柵とは異なり、簡単かつ迅速に設置できます。柵の設置に特別なスキルやツールは必要ありません。.

金属製の柵は、材料の種類が異なります。最も単純で、最も簡単で、最も経済的な解決策は、フェンスの製造にチェーンリンクメッシュを使用することです。柵の高さは約1.5mになり、敷地を複数のゾーンに分割して外部からの侵入から守ることができます。.

溶接断面フェンスは、まず耐用年数が長いという特徴がありますが、そのようなフェンスのコストは非常に高くなります。このような柵は見た目も魅力的で、敷地のメイン柵として機能します。セクションの製造には、フェンスの操作品質を向上させる特殊なパイプが使用されます。このような柵を飾るために、鍛造品や金属製のさまざまな装飾要素が使用されています。.

最も人気のあるオプションは段ボールフェンスです。断面工事に比べて建設費が安く、運営の質や期間も高い水準にあります。.

段ボールは、亜鉛層で覆われたスチールプロファイルシートの形をしています。そのおかげで、腐食や紫外線に強く、色をしっかりと保ちます。段ボールの着色には、特殊なポリマーベースのエナメルが使用されています。.

段ボール製の柵には、次のような利点があります。

  • このようなフェンスは設置が簡単で、追加の土台は必要ありません。
  • 段ボールは高温と低温に耐性があります。
  • 魅力的な外観は、この素材のもう1つの明白な利点です。段ボールには、形状、サイズ、色が異なる多くのオプションがあります。
  • 頑丈な金属製の柵は、段ボールの柵よりも費用がかかります。
  • 段ボールは、ほこりからサイトを保護し、優れた遮音特性を備えています.

金属柵のもう1つのオプションは、金属ピケット柵です。このような柵の製造には、ポリマー塗料で塗装されたピケット柵とクロスバーが直接使用されます。したがって、必要な色のフェンスを選択することが可能です。.

木製のピケットフェンスとは異なり、金属製のフェンスは数倍長持ちします。金属は湿気、温度変化、その他の外部刺激物に対してより耐性があるため。しかし、そのようなフェンスのコストも木製のものよりも高くなります。スチール製のピケットフェンスは、レンガのサポートと組み合わせると非常に見栄えがします.

金属製のフェンスポストを正しく取り付ける方法

金属製のピケットフェンスにスチールポールを取り付ける機能をよく理解しておくことをお勧めします。この場合、支柱はサポートとして機能します。それらは、金属と、木材、コンクリート、レンガなどの他の材料の両方から作られています。.

ほとんどの場合、鋼製の支柱は直径約60 cmのパイプの形で使用されます。鋼製のピケットフェンスは木製のものよりも重いため、支柱はフェンス自体からの荷重、風、およびその他の機械的損傷.

スチールポスト-ピケットフェンスを設置するための、そしてメッシュまたは段ボールで作られたフェンスのための普遍的なオプション.

金属製のフェンスとパイプを設置する過程で、次のものが必要になります。

  • シャベルまたはドリル;
  • ドライバー;
  • 溶接機;
  • コードとレベル、マーキング用.

この場所では、事前に植生やがれきが取り除かれています。さらに、マークアップが作成されます。コードの助けを借りて、支柱の設置場所が決定されます。適切な計算により、保護構造のたわみや歪みを防ぐことができます.

次に、サイトに設置されている柱の数を計算する必要があります。 1つまたは複数の柱を設置する方法は、主にフェンスの種類、その重量、およびサイトの個々の特性によって異なります。.

最も簡単で最も一般的な方法は、支柱にコンクリートを充填することです。この方法は、最適な含水率の土壌に適しています。最初に、支柱の下に穴を掘り、支柱を取り付け、残りのスペースをコンクリートモルタルで埋める必要があります.

現場での掘削工程を容易にするために、土壌を柔らかくする水が使用されます。支柱の高さが150cm以下の場合、穴の深さは0.5メートル以下になります。より高い柱を設置するときは、70〜80cmのサイズの穴を装備する必要があります.

現場の土があまり盛り上がっていない場合は、ドリルで穴を開けてサポートを取り付けるだけで十分です。ただし、厳密に垂直方向に穴を開ける必要があります。.

ただし、サイトの土壌の含水率が高い場合は、支柱を取り付ける別の方法を使用する必要があります。この場合、ポールは土壌凍結レベルより下に設置する必要があります。さらに、支柱の設置を開始する前に、ピットの底に、厚さ約18〜20cmの砕石枕を配置する必要があります。.

このように、いわゆる排水システムを装備することが可能であり、土壌に凍上する凍上を和らげることが可能です。穴の最後の15cmを埋めるために、コンクリート溶液が使用されます。.

スチールサポートを取り付ける2番目の方法は、それらを地面に打ち込むことです。この方法は、石の含有量が少ない土壌でよく使用されます。駆動には特殊な構造を採用し、鋼管とその端にあるおもりを使用して製造しています。打撃は、均一な支持が得られるように、厳密に物体軸上で実行する必要があります。.

金属製のピケットフェンスの設置方法

サポートを取り付けた後、金属製のピケットフェンスを取り付けるプロセスが続きます。これを修正するには、4×2 cmのサイズのプロファイルパイプを使用します。断面積の大きいパイプを使用することもできますが、このオプションが最適です。.

金属製のサポートとプロファイルは、ピケットフェンスと同じ色で塗装されています。スチール製のピケットフェンスは一定の長さの要素の形をしており、その製造には亜鉛メッキ鋼が使用されています。ピケットの色は明るく、落ち着きがあり、不飽和です。ほとんどの場合、亜鉛メッキ層は、厚さ0.5cmのピケットの表面に適用されます.

高品質のフェンスを入手するための主な要件は、サポートの正しいマーキングと設置です。それ以降のアクションも同じタイプで、プロファイルにピケットフェンスを固定する必要があります.

フェンスの美的外観は、ピケット間の距離を決定します。したがって、それらを設置する前に、サポート間のフェンスの長さを決定し、それをピケットフェンスの幅で割る必要があります。過度の負荷のため、フェンスがたるむリスクがあるため、大きな間隔を守ることは実用的ではありません。.

ピケットフェンスの急激な摩耗を防ぐために、ピケットフェンスは土壌から一定の距離に配置する必要があります。最適値は10cmです。ピケットフェンスが互いに最小距離に配置されたブラインドフェンスを構築することが可能です。空気バージョンのフェンスは、ピケットフェンスの位置がそれらの間の特定の距離にあることを前提としています.

柵の要素を固定するには、セルフタッピングネジまたはワッシャー付きの特殊ボルトの形の留め具が必要になります。ワッシャーは、亜鉛メッキコーティングの損傷やピケットフェンスの腐食を防ぐのに役立ちます。ピケットフェンス自体と同じように、特別なマウントを使用することが可能です.

亜鉛メッキファスナーは、その耐用年数がフェンス自体の耐用年数と同じであるため、ピケットフェンスを取り付けるための最良のオプションです。ピケット間の間隔を同じに保つようにしてください。そうしないと、フェンスが非対称に見えます。.

柵用の金属メッシュの設置

作業を開始する前に、この指標に基づいてフェンスの全周長を決定する必要があります。作業用の材料の量を計算することが可能になります。また、長さ150〜250cmの柱が必要となります。設置間隔は約3〜4メートルです。また、メタルラグまたはワイヤーが必要になります。それらの助けを借りて、メッシュを修正することが可能になります。.

メッシュを取り付ける前に、サポートを防食効果のある特殊な塗料で塗装する必要があることに注意してください。次に、サポートがメッシュの下にインストールされます。最初に、柱が取り付けられ、次に丸太が取り付けられ、次にメッシュが取り付けられます。.

ポストは最初にコーナーに設置する必要があります。サポートの取り付けの均一性に注意してください。それらは厳密に直立している必要があります。サポートを設置するためのピットの深さは約50cmです。砕石と、可能であればコンクリートモルタルを使用してサポートを埋め戻します。.

水位を使用して、すべてのサポートの取り付け高さを確認します。次に、ラグがマウントされます。それらをサポートの表面に固定するために、ボルトとナットが使用されます。その後、メッシュを取り付け、アルミ線で固定します。メッシュの下部固定は、特別なブラケットを使用して実行されます。プラスチッククランプの使用の可能性.

段ボールから金属フェンスを取り付ける方法

段ボールからのフェンスの設置には、次のような特定の段階が含まれます。

  • ベースの準備とマーキングの実行。
  • 支柱の設置とラグの設置。
  • 段ボールの設置.

結果として得られるフェンスの均一性はその実装の品質に依存するため、最初の段階は非常に重要です。支柱間の最大間隔は300cmです。必要なサポートの数を決定するには、フェンスの周囲を3mで割ります。.

正方形または円形の断面のパイプがサポートとして使用されます。四角いパイプの最小値は5x5cm、丸いパイプの最小値は-7cmです。柱の内側に湿気が入らないように、下部と上部の穴を溶接する必要があります。.

支柱の穴の深さは約100cm、幅は約15cmです。これらの目的のために、ハンドドリルを使用することが好ましいです。サポートを設置するための穴の深さは、フェンスの高さによって異なります.

柱は、柵自体の重量に加えて、機械的な影響や風の力の影響を受けやすいため、地面にしっかりと固定する必要があります。底に厚さ約20cmの中程度の砂利を流し込み、さらに柱を取り付けてコンクリートを流し込みます。.

下げ振りを使用してポールを取り付けます。サポートをさらに固定するには、スチールロッドをサポートに溶接し、コンクリートを流し込みます。コンクリートが硬化した後、ラグがサポート間に取り付けられます。ほとんどの場合、鋼管はラグとして使用されます。柵の高さが1.6mを超える場合は、2つの丸太で十分です。それ以外の場合は、3つのラグをインストールする必要があります。ラグは、溶接機を使用してサポートに固定されます。それらを湿気から保護するために、それらは防食溶液でコーティングされています。.

春にフェンスの設置を行う場合、土壌が湿気で過飽和になっている場合は、最初に浅いストリップ基礎を構築することをお勧めします。その助けを借りて、フェンスはより耐久性と安定性になります。これを行わないと、フェンスがたるむ可能性があります。最終段階は、丸太に段ボールを設置することです。シートは小さな重なりで結合されます。段ボールは十分に鋭利なので、怪我をしないように手袋を着用してください。.

シートを切るには、金属製のはさみまたは弓のこのみを使用してください。グラインダーを使用すると、亜鉛メッキされたコーティングが破壊され、金属腐食が発生します。段ボールを丸太に固定するために、素材と同じ色の特別なステープルが使用されています.

段ボール製の柵は、実用的で安価で設置が簡単な柵作りのソリューションです。さらに、すべての設置技術を条件として、このようなフェンスは10年以上使用できます。.