家の建設

床スラブのDIY補強

多階建ておよび民間の建設では、プレキャスト鉄筋コンクリート、モノリシック、梁など、いくつかのタイプの床スラブなしで行うことは不可能です。民間および低層建築では、床スラブの自己補強の手順がしばしば行われ、それはタンデムの「コンクリートと補強」のおかげで強度が増しています。さらに、階段、補強されたアーチ型のまぐさも同様の方法で作られています。.

コンテンツ:

補強された床スラブの特徴

モノリスの製造は、鉄筋コンクリート構造(鉄筋スラブ、階段、鉄筋およびアーチ型のまぐさ)の結合材料として機能する鉄筋を使用しないと完了しません。モノリシック床スラブを補強するプロセスは、スラブの厚さが最大150ミリメートル異なるという条件で、断面が8〜14ミリメートルの補強材を使用して実行されます。ただし、補強材の厚さは、製品の種類によって異なる場合があります。.

補強された床スラブは、本当に暖かい家を建てるという概念を解決することを可能にします。それらは、屋根や床間水平スラブを整理するための住宅、商業、工業用の建設に使用されます。コーティングと天井のスラブを使用すると、床が暖かくなり、屋根裏部屋や屋根裏部屋の寒さ、および冷たい橋がないことから確実に保護できます。.

鉄筋コンクリート床スラブは、通常のコンクリートと同様に特殊なマーキングが施されているため、スラブを選択する際には注意が必要です。鉄筋コンクリートには、文字と数字で構成されるマークが付いています。文字の意味的負荷は、プレートのタイプを示します。たとえば、PC-床スラブ、PNO-軽量床スラブ、またはHB-内部床。文字に続く数字(ハイフンで配置)により、スラブの寸法(デシメートル単位の幅と長さ)を認識できます。.

デコードで最も陰湿なのは最後の数字です。これは、床スラブにかかる許容荷重をキロパスカルで表したものです。最後の桁に含まれる単位は、ストーブ1平方メートルあたり100キログラムを意味することを覚えておくことが重要です。たとえば、数値7は、製品の最大負荷が1平方メートルあたり700キログラムであることを警告しています。.

コンクリートスラブを選択するときは、これらの構造がサイズやマーキングだけでなく、構造も異なる可能性があるという事実に注意する必要があります。鉄筋コンクリートスラブは、断面に応じて、中実、リブ、中空の3種類に分類されます。建設市場で最も売れ、人気のあるのは中空コアスラブであり、多くの価値のある利点があります。.

そのような床スラブは、まず第一に、比較的軽量であり、それはそれらの輸送および設置の手順を​​単純化する。また、このようなスラブは変形試験に耐え、優れた断熱性と遮音性を備えています。補強スラブのボイドには、楕円形、垂直方向、円形など、さまざまな形状があることに注意してください。.

このような違いがあるため、家を建てる予定の地域の自然の特徴や気候に応じて、特定の状況に合わせて補強スラブを選択できます。鉄筋コンクリートを購入する際に役立つ情報は、床スラブを天井または床としてのみ使用する場合、リブ付き床スラブの補強を練習する価値があるという事実です。リブは片側からのみ配置する必要があります。.

補強された床スラブの利点

すべての鉄筋床スラブは、住宅および公共の建物のコーティングや天井、および気泡コンクリートブロック、レンガ、大きなブロックで作られた壁のある構造物での使用をお勧めします。床スラブは、室内空気湿度が最大60%の建物、および室内空気湿度が最大75%の壁の内面に防湿層がある建物に適しています。耐力壁の床スラブの支持の深さは、少なくとも80ミリメートルを取る必要があります.

補強板は、建物の高品質な断熱を実現するだけでなく、建設プロセス自体をスピードアップし、遮音性を高めることもできます。鉄筋スラブとコンクリートまぐさの軽量化により、壁や基礎への負荷が軽減され、家を建てる際の経済効果をさらに高めることができます。中空コアスラブを補強する手順は、クレーンなどの巨大な建設機械を必要としません。.

その結果、構造は非常に耐久性があり、巨大な応力や火災の影響に問題なく長期間耐えることができます。比較のために、木製の床は25分間だけ火災の影響に耐えることができますが、モノリシックな床スラブは1時間以上耐えることができることを予約する価値があります.

床スラブと巨大なブロックを使用した建設により、あらゆる複雑さとあらゆるサイズの建物の建設が可能になります。モノリシック床スラブの製造では、不規則な壁の形状を持つ部屋を重ねることができます。このようにして、非標準のオーバーラップサイズでも作成できます。このような補強された床のサポートは、壁だけでなく柱でもあり、家のレイアウトをより自由にします.

床スラブ補強スキーム

コンポーネントについて言えば、床スラブの従来の補強スキームは次のようになります。スラブの下部にある作業ロッド、上部にある作業ロッド、荷重を再配分する補強、線材サポート。適用された図面には、いくつかの違いがある場合があります。ただし、いずれの場合も、計画荷重と必要なコンクリートの厚さを正しく計算することが重要です。厚さは1:30の比率から計算されるため、必要なコンクリートの厚さを見つけるには、スパンの長さを30で割る必要があります。これにより、最適な厚さが得られます。.

スラブの厚さが150ミリメートルを超える場合、これらの場合の補強は2層で行われ、それらは互いに重なり合って配置され、互いにワイヤで接続されます。セルのサイズは、200 x 200ミリメートルを超えてはならず、150 x150ミリメートル以上である必要があります。したがって、たとえば、耐力壁間の幅が6メートルの場合、補強スラブの厚さは0.2mにする必要があります。.

意図的にコンクリートの厚さを薄くすると、圧延金属の消費量が増え、厚さが増すと、コンクリートのコストも高くなります。製品の強度のために、同じセクションの補強材を使用することをお勧めします。 400〜1500ミリメートルの長さのロッドを使用して追加の補強を行うことができます.

主な荷重は下部補強材にあり、上部補強材は圧縮荷重を受けます。これもコンクリートによって完全に処理されます。モノリシック床スラブを補強するプロセスは、スラブの設置で最も重要な段階である型枠を使用するだけでなく、製品の全長にわたって実行する必要があることを忘れないでください。これには木材を使用することもできます-50×150ミリメートルの通常のボードまたは安価な合板。.

この作業で使用されるコンクリートの重量は、1メートル四方の床あたり300キログラムに達することが多いため、主なことは型枠支柱をしっかりと確実に固定することです。補強された床スラブを設置するときになくてはならない唯一のことは、伸縮式ラックです。便利で信頼性の高いツールです。スタンドは、マイクロクラックやノットの可能性があるボードとは異なり、2トンの重量に耐えることができます.

自分の手で床スラブを補強する

このような床を設置する場合、床スラブの鉄筋を正しく計算することが非常に重要になります。自宅の床スラブには、クラスA3の熱間圧延鉄筋を使用することをお勧めします。このような補強材の直径は8〜14 mmで、設計荷重によって異なります。.

スラブを2層で補強するのが通例です。最初のメッシュはスラブの下部に配置され、2番目のメッシュは上部に配置されます。グリッドはコンクリートの中央に配置する必要があり、型枠によって作成される保護層は少なくとも15〜20ミリメートルである必要があります。メッシュは編みワイヤーで結ばれています。メッシュサイズ200×200または150x 150 mm.

メッシュでは、鉄筋は途切れることなくしっかりしている必要があります。鉄筋の長さが十分でない場合は、追加の鉄筋をオーバーラップで固定する必要があります。これは、鉄筋の直径40に相当します。床をd-10の補強で補強する場合は、400ミリメートルのオーバーラップを作成する必要があります。鉄筋ジョイントは、ずらしてずらす必要があります。メッシュの下部と上部の鉄筋のエッジは、U字型の鉄筋で結合する必要があります.

鉄筋コンクリートスラブの荷重は上から下に伝達され、カバレッジエリア全体に分散されます。したがって、同様の結論を下すことができます。主な作業補強材は、引張荷重を受けている下部補強材です。上部は圧縮荷重を受けます。工学計算では、追加の鉄筋を計算する必要がありますが、一般的なルールがあります.

下側のメッシュを補強する手順では、中央の支持サポートの間に追加の補強が行われます。上部メッシュが結ばれると、補強材が支持サポートの上に置かれます。また、穴や荷重が蓄積する場所では、追加の補強が必要です。追加の補強は、スパンの幅に応じて、400〜2000ミリメートルの長さを持つ別々のホイップで行われます。下部メッシュは、開口部の耐力壁の間で補強されています.

上部メッシュは、耐力壁で補強する必要があります。柱の上に置かれている場所での床スラブの日曜大工の補強は、従来の補強とは大きく異なります。これらの領域では、さらに体積補強を作成する必要があります。.

床スラブはコンクリートポンプを使用して注がれます。注ぐときは、通常、深いバイブレーターが使用されるコンクリートを圧縮する必要があります。コンクリートの硬化過程には、コンクリートが乾燥するにつれて収縮が大きくなり、表面に微小亀裂が発生します。したがって、コンクリートを注入してから2〜3日以内にこの構造物に水をこぼすことをお勧めします。直接の流れではなく、スプレーによってコンクリートを湿らせる方が良いです.